Author Archives: tsubaki

  • 0

「別れさせ屋とトラブルになってしまった事例」

Category : case

別れさせ屋を行っているのは、ほとんどが探偵社です。そして探偵社は8割近くが個人で開業した会社です。個人でやられているということは、それだけ経営者の色が強く出ており、中には悪質な会社も存在します。実際に、別れさせ屋に相談したら、トラブルになってしまったという事例も多く報告されております。一体どんなものがあるのでしょうか。

<契約後に音信不通になる>
最も怖いのが、契約した直後に音信不通になることです。もちろん、依頼人はすでにお金を払った後です。教えられた連絡先は繋がらず、住所も架空だった、ということはよくあることです。悪質業者としては、複数人から一定の金額を巻き上げたら、最初から雲隠れするつもりだった、ということはよくある話です。特に探偵社は、業務上目立ったことはできません。だから、住所や連絡先などは公開していないことが多いのです。だから、逃げられてしまえば何もできません。そうならないように、会社の所在地は目視で確認するようにしましょう。その会社がどれだけの年月の営業活動をしているのか、実際に利用した人はいるのか、できる限り調べましょう。また、公安委員会に開業の手続きをしているのか、そこまで確認できれば安心です。

<やたらと追加料金を取られる>
別れさせ屋とは、ある一定の期間で契約をします。その間に限られた範囲で活動してもらうのですが、悪徳業者は費用だけ貰って何もしません。そして期限が迫ると、「あと少しで成功する」などと言い、契約期間を延ばそうとします。依頼人は、延びた分だけ費用を払わなければなりませんので、負担が大きくなります。最初から、お金を巻き上げられるだけ巻き上げるのが目的なので、限界まで出させようとします。契約する時に、追加費用が発生しないかどうか、しっかりと確認しておくのが、トラブル回避に繋がります。別れさせ屋は、費用がかかりますし、成功するかどうか約束されません。ゆえに、業者ともトラブルになってしまうケースが発生してしまうのです。もちろん悪徳業者は話になりませんが、優良企業であってもトラブルになることもあるようです。


  • 0

「探偵だけではできないのが別れさせ屋である」

Category : tantei

日本には数多くの探偵社が存在しております。公安委員会に届出をしている業者の数は、何と5000件を超えていると言われており、そんなに多いのかと驚いてしまいます。そのうち、法人で営業しているのが2割、それ以外が個人経営です。個人経営なので、従業員数もそこまで多いわけではないでしょう。そんな探偵社では、別れさせ屋をやるために、さまざまな人を雇うこともあります。

<探偵だけでは別れさせ屋はできない>
別れさせ屋は、探偵一人でできるようなものではありません。依頼人からの相談を受ける、ターゲットの調査をする、工作を考える、ここまでであれば探偵一人でも可能でしょう。調査する時は尾行しなければなりませんので、下手な素人を雇うよりも、スキルのある探偵が行うのがベストです。探偵は心理学も長けておりますので、依頼人の相談やカウンセラーもお手の物です。ただ、工作を行うとなると、話は別です。ターゲットと親密にならなければなりませんが、必ずしも探偵が親しくなれるわけではありません。

人には好みや感性がありますので、その人に適した人材を送りこまなければならないのです。ゆえに、別れさせ屋は、到底一人ではできない仕事なのです。

<外部から人材を雇う>
では探偵社はどうしているのかというと、多くは外部から工作員を雇っています。その案件ごとに適した人材を見つけるには、自社で育てるよりも外部から雇った方が効率がよいからです。だから、別れさせ屋をする場合、費用がとてつもなくかかります。まず調査するための人件費、そして工作員を雇うお金も必要です。ゆえに、依頼人には、100万円から200万円という高額な料金を請求せざるを得ないのです。ただ、最近は相談だけであれば無料というところも増えてきました。まずは顧客に来てもらいたいので、入口は広くしているということですね。別れさせ屋をするためには、調査員だけではなく、工作員も用意しなければなりません。

個人でやっているのが多い探偵社としては、一番難しい依頼でしょう。外部から上手く人材を確保しながら、依頼を遂行していくしかありません。


  • 0

「プロの別れさせ屋でもバレることがある」

Category : pro

別れさせ屋に依頼する時に、誰もが心配することが、相手にバレてしまわないかということです。もし相手にバレてしまったら、依頼も失敗しますし、その依頼主が自分だってことまで分かってしまったら、信頼関係は一気に崩れます。依頼する側としては、何とかばれずにやってほしいところですが、残念ながらプロの別れさせ屋でもバレることがあるのです。

<調査段階で気付かれることも>
別れさせ屋に依頼をすると、まずはターゲットの身辺調査から開始します。尾行をしながら、どんな状況なのかを把握しなければなりません。もちろん尾行をするのは、プロの探偵です。めったなことがない限り、相手に気付かれることはないでしょう。ただ、世の中には異常なほど警戒心が強かったり、勘がするどい人がいます。例えば、偶然顔を合わせてしまったことが二回続くだけで、違和感を感じ、より警戒心が強くなります。警戒心が強くなると、行動も慎重になります。ゆえに、捲かれてしまったり、外出自体が減ってしまったりと、調査をすることが困難になってしまいます。そうならないように、人気が多く、目立たないところで尾行をしなければならないのです。

<工作員と接触した時に一番気付かれる>
やはり一番気付かれやすい瞬間は、工作員が接触した時です。別れさせ屋では、ターゲットに浮気をさせて、その証拠写真や動画を撮り、相手に別れさせるように仕向けます。よって、いかに工作員がターゲットと親密になるかが鍵です。しかし、少しでも相手に警戒されてしまったら、恋愛どころではありません。実際に、相手が違和感を覚えて、距離をあけられてしまったというケースも多々あります。もちろんそうなった場合は、別れさせることは失敗に終わります。全くの他人を送り込み、そして短期間で親密にならなければならないのですから、それなりにリスクの高い計画になるのです。別れさせ屋は、その道のプロが集まり、そして依頼を遂行してくれます。

ただ、プロとはいえ全てが上手くいくわけではありません。中には油断できない相手もおり、気付かれてしまう可能性もあるのです。それを踏まえて上で、依頼する必要があります。


  • 0

「別れさせ屋に依頼するのはどんな人?」

Category : irai

世の中には、別れさせ屋という職業があることをご存知でしょうか。その名の通り、誰かを別れさせる仕事をします。もちろん、誰かからの依頼があって成り立つものです。一体どんな人が依頼しているのでしょうか。そして実際に成功するものなのでしょうか。

<当事者から親族までさまざまな依頼人>
別れさせ屋に依頼をするのは、決まった人ではありません。それこそ、当事者からも依頼もあれば、全くの第三者が依頼することもありますし、もちろん親族からの依頼もございます。当事者からの依頼とは、自分としては離婚をしたいが、相手に落ち度がなく、なかなか離婚が成立しない、だから別れさせてほしい、といったものです。また、不倫をしている人からも多くの依頼がきます。自分が正式に結婚したいので、今の結婚相手と別れさせてほしいと相談を受けます。逆に、自分のパートナーが浮気・不倫しているので、その相手と別れさせてほしい、といった内容もあります。そして、親族からの依頼で多いのは、親御さんからの依頼です。自分の息子・娘が付き合っている相手が気に入らないので、別れさせてほしいというものです。本当にさまざまな方が相談に訪れます。特別な人ではなく、どこにでもいる一般の方が依頼をしてます。だから、決して特殊な世界ではないのです。

<成功率はまちまち>
気になるのが、別れさせ屋が介入したからといって成功するものなのかどうかです。もちろん、成功するからこそ、依頼をする人がいます。ただ、高い確率で成功すると約束されるものではありません。噂によれば、実際の成功率は50%もないぐらいだそうです。依頼の内容や、別れさせたいターゲットによっても、成功率は変わってくるので、成功できるかどうかはその案件次第です。そんな約束されないことに対して、依頼人は多額のお金を支払っております。別れさせ屋に依頼するのは、そこら辺にいる一般の方ばかりです。もしかしたら、あなたの身近にも、相談した方や、実勢に工作をお願いした人もいるかもしれませんね。お金を払って人を別れさせるという、あまり褒められたものではありませんが、世の中には必要としている人がいるのも事実なのです。


  • 0

「別れさせ屋の成功事例と失敗事例」

Category : case

別れさせ屋に持ち込まれる依頼は様々です。あらゆる年代の方、それも男女問わず相談に訪れる人がおります。成功することもあれば、当然失敗することもあります。個人情報やプライバシーが関わるため、あまり相談内容は公開されることはありませんが、成功した事例、そして失敗した事例にはどんなものがあるのか見ていきたいと思います。

<情報収集とタイミングが成功のカギ>
別れさせ屋で成功するためには、ターゲットのことをどれだけ調べ上げることができるか、その情報収集能力が鍵を握ります。そして最も大事なのはタイミングです。どの時期に工作を仕掛けるのかで、成功するかどうかはほぼ決まります。ゆえに、調査をしていく段階で、どの時期から工作を開始するのかも見定めなければなりません。成功した事例というのは、やはりタイミングがばっちりでした。ターゲットが、何となく今の交際相手と上手くいっていない、あるいは気持ちが浮ついている時を狙えば、限りなく成功する確率が高くなるのです。よって、別れさせ屋は、最初の情報収集に力を入れます。不十分な情報では、どれだけ精巧な工作を仕掛けても、失敗する可能性があるからです。

<失敗するのは工作がばれた時>
一方で、失敗してしまった事例はどんなものでしょうか。別れさせ屋にとって失敗とは、もちろんターゲットを別れさせられなかった時です。多いのは、工作がターゲットにばれてしまうケースです。とはいえ、相手が探偵社とまではなかなか気付きません。例えば、近付いてきた工作員に不信感を持ったり、怪しんだりした時点で、そこから進展することが限りなく難しくなります。失敗する時というのは、大抵相手に警戒されてしまい、何も進まないうちに終わってしまうことが多くなるのです。相手の勘が鋭い時もあれば、工作員が不用意な言動をして、警戒されてしまうなどがあります。別れさせ屋の工作が上手くいくかどうか、これはターゲット次第であることが良く分かります。例え万全な態勢で工作を仕掛けても、相手の勘が鋭かったり、警戒心が強いとなかなか上手くいきません。逆に相手が鈍い人であれば、簡単に成功することもあるのです。


  • 0

「別れさせ屋をやっている探偵社は公的機関に届け出している」

Category : tantei

探偵社と聞くと、何となくうさんくさいといういうイメージを持ってしまう人もいるかもしれません。すれぐらい、働いている人と会うことはめったにありませんし、そもそも会社そのものも表立ってあるものではありません。だから、別れさせ屋として相談に行く場合、本当にここの探偵社は大丈夫なのか心配になるでしょう。それを見極めるポイントして、公的機関への届出があります。

<起業する場合は届出が必要>
探偵社として独立開業するためには、公的機関への届出が必要となります。その会社の最寄りの公安委員会に、住民票や履歴書、誓約書、他各種証明書など、必要書類を提出します。その上で、問題のない営業活動をしているかどうか調査され、認められれば、探偵社として活動することができます。もし、禁止条件に触れる人物が在籍している場合は認められません。例えば、暴力団関係者だったり、犯罪歴がある、あるいは社会的責任能力が欠如しているような人の場合、NGとなってしまうことがあります。つまり、探偵社として社会に認められて活動している会社は、こうした届出をしっかりと行っていることとなります。もし自分が相談する探偵社が届出をしているかどうか不安なのであれば、公安委員会からはこうされる、探偵業届出証明書を確認させてもらいましょう。

<開業できても、廃業する可能性が高い>
探偵社は、無事開業できたとしても、その後廃業してしまう可能性が高い業界です。年間の廃業数は何と600社にも及びます。個人で開業しやすい分、満足のいく顧客を獲得できる可能性は低く、ゆえに営業活動を続けることが困難になってしまいます。ゆえに、探偵社は、浮気調査などの身辺調査以外にも、別れさせ屋や復縁屋など、手広く仕事を行うようになっているのです。依頼する側としては、その探偵社がどれだけの実績があるのか、会社が設立してから何年なのかもチェックしたいところです。別れさせ屋をやっている探偵社は、公安委員会から認められた会社です。コンプライアンスを遵守し、安心して取引できるでしょう。ただ、すぐに廃業となりやすい業界です。会社選びも慎重に行わなければなりません。


  • 0

「別れさせ屋はプロだからこそ、費用がかかる」

Category : pro

別れさせ屋への依頼を考えた場合、一番頭を悩ませるのが、かかる費用です。平均、100万円、200万円がかかってしまうのが当たり前の世界です。普通に働いている人であれば、用意するのは難しいでしょう。なぜこんなに費用がかかってしまうのでしょうか。それは、別れさせ屋はプロの集団であるからです。

<長い期間の契約となることも要因>
費用が高くなってしまう要因として、契約期間が長くなることも関係しております。通常、別れさせ屋と契約する場合、短くても2カ月、長ければ半年以上の契約となることもあります。その間、調査するための費用、工作するための費用がかかり続けることになりますので、当然依頼人が支払わなければならない費用は増えていきます。ましてや、調査も工作も、場合によっては一日がかりで行うこともあります。その間特定の人材が働き続けているということにもなりますので、人件費としては非常に大きいです。契約期間もそうですが、実動時間も長くなってしまう可能性がある、だから別れさせ屋でかかる費用は高くなってしまいます。

<探偵社で実績を積み重ねたプロ達>
別れさせ屋は、ほとんどが探偵社です。探偵社に努めている探偵は、業務を行うにあたり、専門分野の鍛錬を行っております。尾行術や心理学、また変装術などを学び、そして実績を積み重ねていきます。別れさせ屋の業務を行う際も、こうしたスキルが必要となりますので、実績を積み重ねたプロ達が必要となります。こうしたプロを、依頼人は雇うことになります。だから、費用の負担が大きくなってしまうのです。また、工作員はターゲットによって変えなければなりません。多くの探偵社は外部から雇うことになります。それもまた、別れさせ屋の工作費用を圧迫している要因となっております。別れさせ屋はプロの集団で構成されています。そんな人たちを何カ月も拘束することになるので、当然費用は膨れ上がります。その仕組みを把握した上で、依頼人は費用の負担をしなければなりません。もちろん中には費用だけを取って何もしない悪徳業者もいますので、見極めは必要です。


  • 0

「別れさせ屋に依頼する前によく考える」

Category : irai

好きな人と別れてからだいぶ経つのに、どうしても付き合っていたときのことが忘れられないとか心の痛みが癒えないということありませんか。自分は忘れられていないのに風の便りで、相手はすでに自分のことを忘れてすでに誰かと付き合っているということが耳に入ると余計に悲しくなってしまいます。復縁を願ってむやみやたらに近づいて、「今の彼氏、または彼女と別れてもう一度やり直そう」などというと、気持ち悪がられたり警察に通報されストーカー扱いされてしまう恐れもあります。

・失恋の痛手を別れさせ
復縁することで癒やす愛する人が自分の元から去ってしまうことはとても辛いことです。失恋の痛手から立ち直れない人はたくさんいて、なぜ恋が終わってしまったのかわからないという場合もあるかもしれません。別れさせ屋に最初に依頼する際に、どうしてそこまで相手のことを思い続けているのか、対象者が現在好きな人と別れさせるほどそんなに思い続けているのか話すことができるでしょう。実際に別れさせ屋のカウンセリングによって純粋な恋愛感情ではなく単なる執着心だったり、復讐したいという気持ちの場合もあるため、本当に別れさせ屋に依頼する気はあるのか吟味して見る必要があります。

・依頼前によく考える
別れさせ屋に依頼するためには100万円以上費用がかかると言われています。ですから、ちゃんとした貯金がなければまず依頼は出来ないでしょう。また、別れさせ屋のなかにはローンなどの支払いをすすめるところもありますが、工作が必ず成功するとは限らないので、本当に工作がうまくいくかどうかわからないうちに本契約することは避けるべきです。人生のうちで失恋をしない人や、誰かと別れるという経験をしない人のほうが少ないといえます。別れさせ屋に依頼して好きな相手が付き合っている人と別れることが成功できたとしても、依頼者のもとに戻ってくると言った結果は100%保証されたものではありません。本当に依頼者とよりを戻すことが自分と相手の将来にとって本当に良いものなのか、話し合いによって分かってくるでしょう。


  • 0

「良い事例も悪い事例も別れさせ屋を判断する材料」

Category : case

過去に取り扱った事例を見ることは別れさせ屋の実力を判断する上で大事になってきます。別れさせ屋の中には「絶対に大丈夫です」「心配しなくても100%成功します」というところもありますが、どれだけ経験を積んでいて今まで成功をさせてきたと言っても、どんな依頼も100%成功させることができると断言することは出来ません。人の心は動きやすく、別れる状況に近づいてきたと思っていたのに、何かしらの言葉や状況の変化でやっぱり別れないと考えが変わる場合もあるからです。そこで別れさせ屋を選ぶ際には正直にどんな時に工作が上手く行かなかったのかなどを教えてくれるところにしましょう。

・実際に別れさせ屋の事務所にいく
別れさせ屋をネットなどで見つけてすぐに契約することは決しておすすめできません。ネットではお手軽な値段を表示していて、それにつられてすぐに契約ということもあるかもしれませんが、実際にはその金額ではほとんど情報収集もされず、なおかつ工作も一度や二度程度で終了してしまい、結果的に延長料金や追加料金を支払わなければならなくなるからです。そのため、別れさせ屋を決める際には少し面倒くさいかもしれませんが、事務所まで足を運びましょう。事務所に行くことで実際に存在している会社であることや、会社の規模、スタッフの人数などを確認することができます。

・過去の事例を参照
大金を払うわけですから、ちゃんとした仕事をしてもらう必要があります。どのような仕事を今までしてきたのかは、別れさせ屋の過去の事例を参照しておく必要があります。できればその際に成功例だけではなく、失敗例も教えてもらうと良いかもしれません。良心的なところほどメリットもデメリットもちゃんと話してくれます。何か不安なこと、疑問に思うことがあれば気後れすることなく聞いてみましょう。丁寧に説明してくれることで契約に対する不安も和らぐでしょう。素人からするとどんなふうに工作するのはわからなくて当たり前です。そんな気持ちを理解して誠意を持って対応してくれる別れさせ屋を見つけるようにしましょう。


  • 0

「別れさせ屋の探偵に必要なスキルとは」

Category : tantei

別れさせ屋を行っているのは、ほとんどが探偵社です。一人で行っているところもあれば、数名の探偵が在籍しているところもあり、依頼人の多くは探偵の方にお世話になることになります。さて、別れさせ屋という仕事をするにあたり、探偵にはどんなスキルが求められるのでしょうか。

<基本的な探偵としてのスキル>
元々探偵は、浮気調査や素行調査などが中心のお仕事でした。比較的最近になって、別れさせ屋や復縁屋といった恋愛関係の仕事を手広くやるようになりました。調査をするには、尾行しなければなりません。それに必要なスキルとしては、尾行術、運転技術、撮影技術、があります。尾行術とは、相手に気付かれずに、不振がられないように後を付ける方法です。今は、怪しい行動をすればすぐに追放されてしまいます。いかに一般人にまぎれながら、ターゲットの後をつけることができるかが命です。運転技術も撮影技術も、一般人レベルではいけません。どんな機材でも使いこなせなければなりませんし、運転もターゲットの車を追跡する時もあります。探偵学校などで身につけることもあり、十分なスキルを持った人が、探偵になれるのです。

<調査報告書や見積もりなどの書類作成のスキル>
以外と重要なのが、書類を作成するスキルです。探偵は、お客様がいて初めて成り立つ商売です。契約した人に対しては、どんな調査をし、どんな結果だったのか、調査報告書を提出しなければなりません。ある程度、書類作成の知識とスキルがなければ、相手に納得してもらう書類を作れないのです。特に、画像や動画を取り込んだり、編集ソフトを利用できなければ、書類作成は難しくなります。また、見積りも大事です。基本的には、契約前に提出するものですが、見積書がしっかりと作成されていれば、依頼人も安心して契約してくれます。契約を取るためには、欠かせないスキルなのです。探偵になるためには、探偵学校を卒業しなければ認められないことがあります。もちろん、卒業することは必須ではありませんが、求められるスキルはなかなか人から評価されにくいスキルばかりです。だから、その人の資質を図る上でも探偵学校卒業は、立派なステータスになります。