Author Archives: tsubaki

  • 0

別れさせ屋と探偵の違いとは?

Category : tantei

別れさせ屋はターゲットと対象となる人物を別れさせるサービスです。別れにつなげるために、ターゲットの身辺調査をするのが大前提となっています。一方、特定の人物のことを調査する仕事といえば探偵を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。別れさせ屋と探偵の違いを解説します。

■探偵は浮気調査のみ

探偵は創作物でもよく取り上げられるように、正義の味方のようなイメージの強い職業かもしれません。現在の探偵はどのようなことを調査しているのかというと、圧倒的に浮気についてです。
探偵業のメインといえば浮気調査といっていいでしょう。探偵は夫、妻、恋人の浮気相手はどのような人物なのかを調査し、依頼者に提出して報酬を受け取ります。依頼者が浮気や不貞行為の証明を求める場合はそれに応じます。
尾行、張り込み、聞き込み調査である特定の人物を調査し報酬をもらう業務をするには探偵業登録が必要です。そのため、探偵事務所は探偵登録をした上で探偵業を営んでいます。
探偵の調査は決まった日時で行われるため、張り込みや撮影などは短期での調査になります。ここぞというときに強いです。

■別れさせ屋は恋愛工作員を派遣

一方、別れさせ屋も探偵業を行っているところが多いようです。というのも、別れさせ工作に入る前にターゲットのことを調査しますので、探偵登録をしておく必要があるためです。
別れさせ屋では魅力的で人心に熟知した恋愛工作員を派遣し、ターゲットともともとの恋愛相手を破局させる業務が基本的なサービス内容となっています。
調査が終わり、依頼者自身で関係を改善・解消させたいと思うようであれば別れさせ屋はそのサポートもします。
別れさせ工作では破局という結果が求められるため、能力が高く長期の工作にも耐えられる工作員が多数揃っています。別れさせ工作の是非についてはさまざまな憶測が飛び交っていますが、別れさせ屋のほうで犯罪行為を推奨するようなことはまずありません。

このように、別れさせ屋と探偵には共通項があります。探偵は依頼者がターゲットの浮気や不貞行為の証拠を入手して今後の判断に役立てるのに使われますので、依頼者に明確なビジョンがある場合に適したサービスかもしれません。状況に応じて使い分けてみてください。


  • 0

別れさせ屋のプロはどこが違う?

Category : pro

別れさせ屋はターゲットとその恋愛相手を別れさせるサービスです。ただ別れさせようとするだけなら友人など、まわりの人に協力してもらえばいいのでは?と思うだけかもしれませんね。高い成功率を誇る別れさせ屋のプロとはどのような点で一般人とは異なるのでしょうか。

■ターゲットの心を奪うプロ

別れさせ屋の工作では、プロの工作員をターゲットのもとに送り込みます。工作員には身辺調査にすぐれた調査員や、ターゲットと恋愛関係になってもともとの相手と別れさせる恋愛工作員などがいます。
ターゲットの心を揺さぶるためには、まず情報を集めなければなりません。調査員は依頼者からの情報のほか、追跡調査によってターゲットの好みのタイプやスケジュール、恋愛相手との関係、通勤経路などを徹底的に調べ上げて情報を共有します。
こうした仕事はプロだからこそできるものです。そして調査員が集めた情報をもとに、ターゲットにとって理想的な恋愛工作員が派遣され、ターゲットの日常生活に介入します。別れさせ屋ではこのプロの恋愛工作員の存在が非常に重視されます。

■演技力があり経験豊富

プロの恋愛工作員とはどのような人物なのでしょうか?恋愛工作員はターゲットと知人関係から交際を開始し、友人を経て最終的には恋愛関係になるようにします。その結果ターゲットは恋愛工作員に夢中になって、もともとの相手と別れるのです。
恋愛工作員は別れさせが成功したあともしばらくは恋愛を続け、怪しまれない自然な形でターゲットとの恋愛関係を解消します。これらの工程ではミスが許されません。
そのため恋愛工作員は容姿が優れているだけではなく、あらゆる話を盛り上げる会話術をもち、相手の気持ちを即座に読み取れる人物。異性としてモテるテクニックや、どんな状況でも物怖じせずプロとして任務を遂行する度胸を有した人物が選出されます。
恋愛工作員はターゲットの恋愛相手との修羅場を演じることもありますが、これらのプロとしての能力があるため圧倒的に優位なのです。

プロの別れさせ屋について解説しました。そのほか、別れさせ屋にはさまざまな工作員がいます。依頼によってはプロのエキストラ工作員を複数派遣することもあります。まずはご相談ください。


  • 0

別れさせ屋に依頼した際の心構え

Category : irai

■別れさせ屋に任せっきりではいけない

別れさせ屋の工作では、ほとんどの場合、依頼人が行動に加わることはありません。
もちろん、工作を進める中で、依頼者が提案したいことがあれば、別れさせ屋も聞き入れてくれますし、工作の進行状況を知る権利もあります。
ただし、依頼人が工作に参加したいと言っても、それは難しいでしょう。

それでは、依頼人は結果を待つだけで何もできないのか、と思ってしまいますよね?
工作に関しては加わることはできませんが、対象者を別れさせるために、依頼人ができることはたくさんあるのです。

■精神力の向上に努めることが大切

依頼人が工作中にやるべき重要なことは、“精神力の向上”です。
特に、対象者を別れさせて復縁を望む場合は、精神力を鍛えておかないと、別れさせ工作がうまくいっても、その後の復縁が成功するのが難しくなります。
好きな人に振られて傷つき、さらに、その人にはすでに新しい恋人がいることを知ったら、ショックでどん底に落ちた気分になり、精神的に不安定な状態になってしまうでしょう。
そのような状態で別れさせ屋に依頼して、新しい恋人と別れさせることが成功したとしても、戻ってきた対象者が依頼人に魅力を感じなければ復縁が叶う可能性は低くなります。
そのため、落ち込んだ精神状態から正常に戻す作業が必要なのです。

■内面の“自分磨き”が重要

精神力を向上させるためには、“自分磨き”をすることが大切です。
自分磨きというと、ダイエットをしたりスキンケアをしたりファッションに興味をもったりなど、外見を良くすることが思い浮かぶでしょうが、それだけではありません。
外見が良く見えたとしても、内面が不安定な状態ならば、その人と一緒にいても居心地が悪く、長く付き合うのが難しいでしょう。

内面がボロボロな人は、自分自身の内面の状態に気づかず、交際もうまくいかなくて、さらにどんどん精神的に落ちていってしまいます。
別れさせ屋では、復縁を望んでいる依頼人には、どうしたら復縁が成功するのかアドバイスをしてくれます。
それに、別れさせ屋は恋愛問題を解決するプロなので、悩んでいる場合は、なんでも話してみるときっと背中を押してくれるでしょう。


  • 0

別れさせ屋の依頼事例

Category : case

■実際の事例を紹介

「別れさせたい人がいるけど、自分のケースでも引き受けてくれるのかな?」という疑問をもっている人もいると思います。
ここでは、実際にあった別れさせ屋の依頼事例を紹介します。
あなたの状況に近いものもあるかもしれないので、参考にしてみてください。
ただ、案件が近いものでも、依頼者や対象者の生活、職業、性格、周りの環境など、状況がそれぞれ全く異なるので、事例と同じように工作が進むわけではありません。
「自分のケースもあきらめなくても良い」ということをわかっていただけたら良いと思います。

■好きな女性とその婚約者を別れさせてほしい

依頼者は50代の男性で、依頼内容は、想いを寄せる40代の女性に婚約している40代男性がいるので、その2人を別れさせてほしい、というものです。

工作としては、女性と交際している男性に女性工作員を接触させましたが、女性工作員とは良い関係を築くことができませんでした。
そこで計画を変更して検討している中で、その男性がある宗教に入信している事実が判明したので、工作の対象を女性に切り替えることになりました。
対象者の女性に女性工作員を接触させ仲良くなり、男性が宗教団体の施設に出入りしているところを故意に通りかかって目撃させることにしました。
女性は、交際相手が宗教に入信していることを知らなかったので、ショックを受けて婚約を破棄することになり、男性と別れることになりました。

■同僚とその交際相手を別れさせてほしい

依頼者の30代の男性は、会社の同僚の女性がずっと好きで、2人きりで飲みに出かけることもありますが、その女性には交際相手がいました。
2人でいる時は、依頼者に好意があるように感じているけど、交際相手とは全然別れようとしないから、別れさせてほしい、という依頼です。

この案件の工作では、交際相手の男性が通っているフィットネスクラブに女性工作員を潜入させ、男性に近づいて関係を深めていきました。
そして、男性が工作員に対して恋愛感情をもつようになったら、女性工作員から「二股でも良いから付き合ってほしい」と告白し、付き合う形になりました。
その後、女性工作員と男性が仲良くしている写真を撮り、その写真を女性が見やすいSNSにアップすることで、女性に二股の事実をバラして、別れさせるように導いたのです。

■どんな状況でもまずは相談を

その他にも、「子供の交際相手が納得のいかない人物だから別れさせてほしい」「不妊、姑などの問題が重なり、旦那と別れたい」「妻の不倫をやめさせたい」「不倫関係の男性と一緒になりたいから、不倫相手を離婚させてほしい」など、依頼者1人1人で案件内容は異なります。
別れさせ屋では、そのそれぞれで依頼者の話を十分に聞き、徹底的に調査をして、効果的なプランを考えて工作を行っていきます。
あなたがどんな状況に置かれていても、1人で悩まないで、まずは相談することをオススメします。


  • 0

別れさせ屋と探偵の違い

Category : tantei

■別れさせ屋と探偵の違いは“目的”

「別れさせ屋は探偵と何が違うの?」という疑問をもつ方も多いでしょう。
この2つは似ているようですが、はっきりとした違いがあります。
別れさせ屋は、対象者の夫婦やカップルを別れさせることが目的で、探偵は、対象者の浮気調査が目的なので、この2つの大きな違いは“目的”にあるのです。

■業務の違いは?

それでは、別れさせ屋と探偵の業務内容の違いを詳しく紹介します。

別れさせ屋では、対象者への工作をする前に、対象者を長い期間尾行するなどして調査し、その人がどんな生活を送っているか、趣味や趣向は何か、どのような人物と付き合いがあるか、休日はどのように過ごしているのか、などあらゆる情報を集めます。
ただ、このように尾行したり調査したりするのは、探偵の浮気調査も同じです。

探偵は、このように対象者を徹底的に調査して、浮気をしているかどうかの確認を取ります。
もし浮気が明確になったら、その証拠を残して調査は終了します。
つまり、探偵では、浮気が発覚しても証拠を残すだけで、その後どうするかは関係ないのです。
また、浮気をしていなかった場合は、その事実を依頼者に知らせるだけです。

一方、別れさせ屋は、あくまで別れさせることが目的なので、極端に言うと、調査の段階で対象者に不審なところがないとわかっていても、別れさせるために工作を仕掛けていくのです。
一番多い依頼は夫や妻、彼氏や彼女が浮気をしていて、その浮気相手と別れさせたい、という依頼なので、その場合は、対象者に工作員を接触させ親密な関係にさせ、浮気相手との関係を悪化させて、別れさせるように導く工作です。

■費用や成果にも大きな差がある

別れさせ屋と探偵は業務内容が全く違うので、「浮気をしているか調べてほしい」という人は探偵を依頼して、「パートナーと浮気相手を別れさせてほしい」という人は別れさせ屋を依頼すると、それぞれの願望が叶うでしょう。

ただし、浮気調査をするだけの探偵と、緻密な調査や計画をして長期にわたる工作を行う別れさせ屋では、費用面に大きな差があり、別れさせ屋の方がかなり高額になります。
また、探偵の浮気調査は、浮気の事実の有無を確認するのが依頼なので、成功や失敗ということはなく、支払う費用で満足のいく成果が得られます。
別れさせ屋の工作は、確実に成功できるものではないので、その点でも違いがあります。


  • 0

プロの別れさせ屋の別れさせ工作

Category : pro

■ラブラブなカップルでも別れさせられる

別れさせ屋の仕事は、工作員が対象者カップルに近づき、そのカップルが自然と別れる原因を作り、破局へと誘導するものです。
普通の人なら、「愛し合っているカップルを別れさせることなんて本当にできるの?」と思うでしょう。
とても仲が良くラブラブのカップルなら、多少の問題や妨害があったとしても全く揺るがないと思いますが、プロの別れさせ屋の力なら別れさせることができるのです。
対象者の2人が誤解したりすれ違ったりする原因を作り、本人たちが「別れたい」「別れた方が良い」と感じるように仕向けられるのです。

■どうやって恋人から心を離すのか?

人間関係とは人それぞれ異なり、別れさせ工作もその案件の状況に合わせて行っていくことになるので、同じ工作が行われることはないのです。
依頼人が今どのような状況にあるのか詳しく聞き、依頼者も知らなかった情報まで調べ上げ、集めた情報を材料に検討し、最も効果のある材料を用いて工作方法を計画します。

別れさせ屋の工作で、プロとしての力を発揮するのが、対象者に異性の工作員を接触させて、対象者の気持ちを工作員の方へ向ける方法です。
対象者のカップルが周りも見えないほどラブラブな状態で、どちらも別れるなんて1ミリも考えていなくても、対象者の1人にとって完璧でまさにタイプの工作員を選び近づけることで、徐々に工作員に恋愛感情を持つようになるのです。

別れさせ屋の工作員はさまざまなタイプの人がいますし、卓越した演技力も身に付けています。
そして、別れそうにないカップルには、恋人から気持ちが離れるほど好きにさせる工作員を用意して、完全に心を工作員の方へ向けて恋人から離すという、とてもシンプルな方法ですが効果は絶大なのです。

■どんな状況にも対応

ところが、工作員に完全に心を奪われても、恋人とは別れず二股でも良いという人もいます。
そのような場合には、対象者と工作員が2人きりで仲良くしているところを、わざとその恋人に目撃させるように演出します。
対象者は隠れて二股を続けていこうとしても、恋人が目撃して問いただされれば、ごまかしたり言い訳したりし続けることはできないでしょう。
そして、恋人から別れを告げられても、自分に負い目があるわけですから、拒み続けることができませんし、心は工作員の方へ移っているので、恋人と別れることにそれほど痛手を負うこともないのです。

このようにして、別れさせ屋のプロの演出力によって、対象者カップルを自然な流れで、積極的に別れさせるのです。


  • 0

「別れさせ屋を依頼する時の注意点」

Category : irai

これから別れさせ屋に依頼しようとしている方には、いくつかの注意点があります。それは、業者の選び方と、予算の決め方です。別れさせ屋への依頼を成功させるために最も重要なのが、どの会社に依頼するかということです。そして、費用が膨大にかかってしまうものなので、あらかじめ予算を決めておく必要があるのです。

<会社選びは慎重に>
別れさせ屋は、基本的には探偵社が行っております。最近では会社の存在をオープンにしているところもあり、中にはホームページの公開も行っております。ただ、多くはひっそりと営業しているため、一般の方からはあまり知られておりません。だから、どんな会社がどこで活動しているのか、分かりにくい業界なのです。ゆえに、会社の評判の情報も集めにくく、会社を選ぶ際の情報が限られてしまいます。大事なのは、依頼する側の目利きです。担当者の質を確かめたり、会社の雰囲気などを観察し、信頼できる会社かどうか見極めなければなりません。例えば、担当者に相談をした時に、質問にしっかりと答えてくれるのか、包み隠さずに説明してくれるのか、確かめましょう。もし少しでも不審な点を感じたら、契約を見送る方が無難です。

<予算は無理のない程度に>
依頼人にとって一番の負担となるのが費用です。通常、100万円は当たり前、高ければ200万、300万円にもなることがあります。日本人の平均的な収入の方であれば、費用を用意するのは大変です。中には、分割払いやローンで支払う方もいらっしゃるそうです。ただ、成功するかどうかは約束されません。もしかすると、数百万円払ったのに、何の成果も得られないことだってあり得ます。だから、自身の生活を維持した上で、無理のない予算を組むようにしましょう。業者によっては、予算の範囲内で工作を行ってくれるところもありますので、要相談です。必ず成功するとは限らないのですが、少しでも可能性を高くするため、業者選びを慎重に行いましょう。そして、予算は自分自身の生活に影響が及ばないように、出せる分だけにしましょう。借金をしてまで行うものではありません。


  • 0

「別れさせ屋とトラブルになってしまった事例」

Category : case

別れさせ屋を行っているのは、ほとんどが探偵社です。そして探偵社は8割近くが個人で開業した会社です。個人でやられているということは、それだけ経営者の色が強く出ており、中には悪質な会社も存在します。実際に、別れさせ屋に相談したら、トラブルになってしまったという事例も多く報告されております。一体どんなものがあるのでしょうか。

<契約後に音信不通になる>
最も怖いのが、契約した直後に音信不通になることです。もちろん、依頼人はすでにお金を払った後です。教えられた連絡先は繋がらず、住所も架空だった、ということはよくあることです。悪質業者としては、複数人から一定の金額を巻き上げたら、最初から雲隠れするつもりだった、ということはよくある話です。特に探偵社は、業務上目立ったことはできません。だから、住所や連絡先などは公開していないことが多いのです。だから、逃げられてしまえば何もできません。そうならないように、会社の所在地は目視で確認するようにしましょう。その会社がどれだけの年月の営業活動をしているのか、実際に利用した人はいるのか、できる限り調べましょう。また、公安委員会に開業の手続きをしているのか、そこまで確認できれば安心です。

<やたらと追加料金を取られる>
別れさせ屋とは、ある一定の期間で契約をします。その間に限られた範囲で活動してもらうのですが、悪徳業者は費用だけ貰って何もしません。そして期限が迫ると、「あと少しで成功する」などと言い、契約期間を延ばそうとします。依頼人は、延びた分だけ費用を払わなければなりませんので、負担が大きくなります。最初から、お金を巻き上げられるだけ巻き上げるのが目的なので、限界まで出させようとします。契約する時に、追加費用が発生しないかどうか、しっかりと確認しておくのが、トラブル回避に繋がります。別れさせ屋は、費用がかかりますし、成功するかどうか約束されません。ゆえに、業者ともトラブルになってしまうケースが発生してしまうのです。もちろん悪徳業者は話になりませんが、優良企業であってもトラブルになることもあるようです。


  • 0

「探偵だけではできないのが別れさせ屋である」

Category : tantei

日本には数多くの探偵社が存在しております。公安委員会に届出をしている業者の数は、何と5000件を超えていると言われており、そんなに多いのかと驚いてしまいます。そのうち、法人で営業しているのが2割、それ以外が個人経営です。個人経営なので、従業員数もそこまで多いわけではないでしょう。そんな探偵社では、別れさせ屋をやるために、さまざまな人を雇うこともあります。

<探偵だけでは別れさせ屋はできない>
別れさせ屋は、探偵一人でできるようなものではありません。依頼人からの相談を受ける、ターゲットの調査をする、工作を考える、ここまでであれば探偵一人でも可能でしょう。調査する時は尾行しなければなりませんので、下手な素人を雇うよりも、スキルのある探偵が行うのがベストです。探偵は心理学も長けておりますので、依頼人の相談やカウンセラーもお手の物です。ただ、工作を行うとなると、話は別です。ターゲットと親密にならなければなりませんが、必ずしも探偵が親しくなれるわけではありません。

人には好みや感性がありますので、その人に適した人材を送りこまなければならないのです。ゆえに、別れさせ屋は、到底一人ではできない仕事なのです。

<外部から人材を雇う>
では探偵社はどうしているのかというと、多くは外部から工作員を雇っています。その案件ごとに適した人材を見つけるには、自社で育てるよりも外部から雇った方が効率がよいからです。だから、別れさせ屋をする場合、費用がとてつもなくかかります。まず調査するための人件費、そして工作員を雇うお金も必要です。ゆえに、依頼人には、100万円から200万円という高額な料金を請求せざるを得ないのです。ただ、最近は相談だけであれば無料というところも増えてきました。まずは顧客に来てもらいたいので、入口は広くしているということですね。別れさせ屋をするためには、調査員だけではなく、工作員も用意しなければなりません。

個人でやっているのが多い探偵社としては、一番難しい依頼でしょう。外部から上手く人材を確保しながら、依頼を遂行していくしかありません。


  • 0

「プロの別れさせ屋でもバレることがある」

Category : pro

別れさせ屋に依頼する時に、誰もが心配することが、相手にバレてしまわないかということです。もし相手にバレてしまったら、依頼も失敗しますし、その依頼主が自分だってことまで分かってしまったら、信頼関係は一気に崩れます。依頼する側としては、何とかばれずにやってほしいところですが、残念ながらプロの別れさせ屋でもバレることがあるのです。

<調査段階で気付かれることも>
別れさせ屋に依頼をすると、まずはターゲットの身辺調査から開始します。尾行をしながら、どんな状況なのかを把握しなければなりません。もちろん尾行をするのは、プロの探偵です。めったなことがない限り、相手に気付かれることはないでしょう。ただ、世の中には異常なほど警戒心が強かったり、勘がするどい人がいます。例えば、偶然顔を合わせてしまったことが二回続くだけで、違和感を感じ、より警戒心が強くなります。警戒心が強くなると、行動も慎重になります。ゆえに、捲かれてしまったり、外出自体が減ってしまったりと、調査をすることが困難になってしまいます。そうならないように、人気が多く、目立たないところで尾行をしなければならないのです。

<工作員と接触した時に一番気付かれる>
やはり一番気付かれやすい瞬間は、工作員が接触した時です。別れさせ屋では、ターゲットに浮気をさせて、その証拠写真や動画を撮り、相手に別れさせるように仕向けます。よって、いかに工作員がターゲットと親密になるかが鍵です。しかし、少しでも相手に警戒されてしまったら、恋愛どころではありません。実際に、相手が違和感を覚えて、距離をあけられてしまったというケースも多々あります。もちろんそうなった場合は、別れさせることは失敗に終わります。全くの他人を送り込み、そして短期間で親密にならなければならないのですから、それなりにリスクの高い計画になるのです。別れさせ屋は、その道のプロが集まり、そして依頼を遂行してくれます。

ただ、プロとはいえ全てが上手くいくわけではありません。中には油断できない相手もおり、気付かれてしまう可能性もあるのです。それを踏まえて上で、依頼する必要があります。