Author Archives: tsubaki

  • 0

不倫は離婚のきっかけになる?

Category : tsubakigahana

■不倫は不貞行為です

もしあなたが既婚者で、未婚者と不倫をしてしまったとき、配偶者に離婚されてしまう可能性はどれくらいあると思いますか? そもそも、配偶者の不倫がきっかけで離婚をする人はいるのでしょうか。
離婚をする際、多くのケースで離婚調停になります。法律に従って離婚の手続きを進めるのですが、基本的には双方の同意がなければ離婚できません。
しかし、不倫は不貞行為にあたり、離婚する理由とされます。つまり不倫した側は配偶者ともう一度やり直すつもりでいても、不倫してしまった以上離婚されても文句は言えないのです。
それどころか、不倫をした側は配偶者に慰謝料を払う必要もあります。不倫相手からも慰謝料を請求するケースも散見されますので、不倫はそれだけで責められる行為なのです。
不倫をする配偶者とやり直す気はないと言う人は少なくありません。子供の有無、離婚してからの生活の見通し、経済的な問題などが解消できれば不倫した配偶者と別れて新しい生活を送りたいという人もいます。
不倫はただの遊びだから、家庭を壊すつもりはなかった、離婚しないでほしい、と思っても後の祭りになってしまうことがありますよ。

■やり直したいと思ったら?

もし不倫していることが配偶者に知られてしまったらどうするべきなのでしょうか。配偶者の離婚して不倫相手との関係を続けるつもりなら、離婚の手続きを進めなければなりません。
自分の不倫が原因ならば慰謝料を払うことにもなるでしょう。
一方、不倫を許してもらってやり直したいと思うのならある程度行動に制限をつけられると覚悟しましょう。不倫関係を絶つのはもちろんですが、不倫を繰り返さないために配偶者から行動を監視されることがあります。
出掛ける前に誰とどこで会うのかを聞かれたり、帰宅したらつじつまが合った運動をしているかを確認されたりします。また、スマホのロックを解除させられ、いつでも SNS やメールを閲覧できるようにもされます。
これらの監視行為は配偶者に二度と不倫をさせないための方法として推奨されるものです。監視行為をしばらく続けるという約束を書面で交わすこともあります。不倫はそれほどまでに信用を失う行為なのです。
不倫をしても謝ったら許してもらえるんだろうと思ったら想像以上のあしかせをかけられてしまうこともよくありますので、不倫はしないに越したことはありません。


  • 0

離婚を決意する瞬間とは

Category : tsubakigahana

■離婚を考えるのは女性が多い?

ある夫婦が離婚に至った場合、妻と夫のどちらが離婚を考えたのでしょうか。理由は個人的に聞いてみないとわかりませんが、ある調査によると離婚を切り出すのは女性の方が多いそうです。
女性からの離婚申立件数は男性からの申立件数の2倍以上もあるといいますから事態は深刻ですね。
このことを逆に考えると、夫は離婚するに至らないと思っている原因でも妻は離婚をしたいと思うこと、夫は離婚を望んでいないことなどが見えてきます。
不倫をした夫が妻に不貞行為を問い詰められた際も謝罪して夫婦の関係をやり直そうとする傾向があるのですが、夫は妻よりもやり直せると思っていることが多いといえそうです。
離婚をするには双方の同意が必要となります。また不倫などが絡んでいた場合は慰謝料の請求、子供がいるなら養育費の設定など、煩雑な手続きがあります。
このように離婚は簡単ではありませんが、なぜ妻側が離婚を決意することが多くなってしまうのでしょうか?

■女性が離婚を決意するきっかけ

妻が離婚を決意するきっかけとして多いのは性格の不一致です。性格の不一致には金銭感覚の不一致も含まれます。
また、夫からの DV も離婚のきっかけとなります。直接暴力を振るうのはもちろんですが、暴言を浴びせて心理的に追い詰めたり、親族や友人と合わないように行動を制限したり、生活に必要な金銭をわざと渡さないなども DV に該当します。
さらに家庭を顧みない不倫などの不貞行為、妻の実家との関係を良好にできない、過度な飲酒をする、なども離婚の理由としてよく見られます。
自分がどれほど虐げられても我慢してしまう妻もいます。しかし、そのような妻たちでも夫の行動によって子供に悪影響があれば離婚を決意することがあります。
夫が子供に暴力を振るったり、夫の家庭内での行動のせいで子供に精神的なストレスがかかりすぎるようだと離婚を決意する妻が多いです。
このように離婚につながるような夫の問題行動があり、離婚しても経済的に困窮しないで生活を続けられそうだと判断すると、妻が離婚を申し立てやすいです。


  • 0

離婚してでも不倫する人はいる?

Category : case

■夫は離婚したがらない

日本でよく見られる不倫は既婚男性と未婚女性との不倫です。未婚女性は既婚男性が妻と別れてくれることを期待しながら関係を維持しますが、既婚男性には妻と別れる気はないことが多いです。
なぜ離婚をしてでも不倫をする人が少ないのでしょうか。そもそも、男性は妻と離婚することを妻ほど望まない傾向にあります。ある調査によると妻からの離婚申立件数に比べ、男性の離婚申立件数はその半分だったそうです。
離婚を望んでいる妻よりも離婚を望んでいる男性の数が少ないということになります。
ですから、男性はもし妻に不倫がバレてしまっても妻との関係を維持したがる傾向にあります。 もっと言えば離婚せずに不倫を続けてしまう男性が多いのです。
既婚男性が離婚したとしても慰謝料や養育費を支払わなければなりませんので、経済的にも不利な立場に立たされます。そうした事情があって未婚女性と既婚男性との不倫は未婚女性が不利な状況に立たされがちです。
ただし、もし不倫関係が発覚せず、既婚男性が妻に別の理由で離婚申し立てすることがあれば幾分かは有利な立場に立てるかもしれません。

■男性が離婚を決意する理由は?

男性はあまり離婚を申し立てしない傾向にはありますが、それでも離婚を申し立てする理由があります 。理由を見てみましょう。
夫が離婚を決意した理由として多いのは性格の不一致です。性格の不一致を理由にした離婚申し立ては女性にも多いのですが、男性が離婚を決意する理由でも最も多いものとなっています。妻と性格が合わないと感じた男性が離婚申し立てすることが多いのです。
次に多いのは異性関係です。妻が浮気をしていたことで離婚を決意する男性もいます。妻があまりにも浪費をするような性格だと離婚を申し立てされますし、身体的暴力の DV、 暴言を吐くなど精神的 DV を理由に離婚する人もいます。
男性が離婚を決意する理由として女性にないものは、同居しないことです。結婚をしているのに妻が夫と同居せず、実家にいるようだと離婚を申し立てられることがあります。
夫は妻よりも家同士のつながりを重視する向きが見られますから、どちらかの実家との折り合いがつかないようでも離婚しようと決意する人がいます。
男性はこういった理由で離婚を決意しますので、本当に不倫相手が離婚するかどうか知りたくなったらどうしたことを調べてみるとよいのではないでしょうか。


  • 0

不倫の悩み相談は電話でしましょう

Category : case

■不倫を放置するとデメリットがあります

もしあなたの配偶者が不倫をしていたらどうしますか? 明らかにほかの相手と関係があるような証拠を見つけても、まさか自分の配偶者が……と思って、信じられないような気持ちになる人も多いかと思います。
それに相手が不倫をしていることを問い詰めるとそれまでの関係ではいられなくなります。相手が認めてくれればよいのですが、巧妙に嘘をついて言い逃れをすることもあるのです。
不倫問題に向き合うと解決しなければならないトラブルが増えます。離婚することまで考えると大変な手間がかかるため、配偶者が不倫をしていても放置するという人が少なくありません。
自分さえ我慢すれば取りあえず今の生活を続けられると思ったり、不倫問題を明らかにして自分の子供を傷つけたくないと思う人もいるのです。
しかし不倫を放置すると相手が図に乗ってしまいます。不倫をしていることがバレていないと確信し、堂々と不倫をするようになります。
場合によっては配偶者の方から不倫していることを隠したまま離婚を切り出されたりもします。不倫の証拠などを集めていないと不倫された側が窮地に立たされますので、配偶者の不倫は放置しないことが大切です。

■場所を選ばないところが〇

配偶者が不倫をしていたとわかったら、専門家に電話相談をしてみるのがよいでしょう。不倫なら法律に詳しい弁護士に相談すれば法的なアドバイスがもらえます。
実際に法的な手続きを取ってもらうとそれなりの費用がかかりますが、電話相談だけならそれほどお金がかかりません。
さらに、電話相談なら直接オフィスに赴かなくても都合のよいときにできます。配偶者に隠しておきたいことがあるときに外出の理由を聞かれると答えにくいものですが、自宅や出先などで電話をすれば配偶者に悟られることがありません。
もし専門家にアドバイスを受けていることが相手にわかってしまったら、バレないように警戒して不倫をするようになるでしょう。そうなると不倫の証拠を集めるのが難しくなりますから場所を選ばずに専門家に相談できる電話相談が適しています。
もしあなたが不倫をしている場合、相手を妊娠させてしまうなど法的なトラブルに見舞われる可能性があります。そうした際も専門家に電話相談すると助けになりますよ。


  • 0

恋愛相談で役に立つアドバイスを受けたい人へ

Category : irai

■友達に話していませんか?

恋愛で悩むことがあったとき、あなたは誰に話していますか? 誰にも話さずにいますか? それとも、気の置けない友達に話したりするでしょうか。
友達に恋愛相談をすると親身になってアドバイスをしてくれることがありますね。恋愛のテクニックを教えてくれる人もいます。非常にありがたいのですが、あなたが話を聞いてもらいたいだけではなく、役に立つアドバイスが欲しいと思うなら友達に恋愛相談をするのはやめておいた方がよいでしょう。
なぜなら、一般的な人は自分の恋愛経験に基づいたアドバイスをしがちだからです。あなたと友達とは見た目や性格、育ってきた環境、気になる相手との関係に至るまで違ったところが多いのではないでしょうか。もし友達が美男美女ならそれだけで条件が変わってきますので、いくら親身になって実績のある方法を教えてくれたとしても役に立たないことが多いでしょう。
ですから友達に恋愛相談をするのなら話してすっきりする程度を期待するのがよいといえます。もちろん友達のアドバイスに従ったら恋愛の悩みが解消されたということもあるでしょうが、普通の人は自分の恋愛経験に基づいたアドバイスをしがちなのは覚えておきましょう。

■専門家と話しましょう

もっと自分に合った役に立つアドバイスを受けたいと思うなら、専門家に相談してみるのが適しています。専門家とはカウンセラーなど恋愛をする人間の心理に詳しい人のことです。
彼らは自分の経験に基づいたアドバイスはしません。むしろあなたと話してあなたという人間を知り、そうしたタイプの人に望ましいアドバイスをしてくれるでしょう。
恋愛電話相談を受け付けている専門家は多数います。専門家の職業もカウンセラー以外には占い師や探偵などさまざまです。今抱えている恋愛のお悩み別にカウンセラーを検索し、よさそうだと思った人に相談してみるとよいですね。
恋愛の悩みについて書かれた一般の書籍もあります。書籍に書いてあることは専門家の話と同様の効果がありますので、一般的なアドバイスが欲しい場合は恋愛の悩みについて書かれた本を読んでみるのも効果的ですよ。


  • 0

恋愛の電話相談は心理カウンセラーにしよう

Category : tsubakigahana

■電話相談できる相手は誰ですか?

恋愛について悩んでいる人は少なくありません。恋愛がうまくいっていて楽しかったことがあれば友達同士でしゃべっても盛り上がりますが、少し深刻な話になると相談できる人を選ぶことになりますよね。
また、恋愛について誰かに話すのが気恥ずかしいという人もいます。真剣に悩んでいるのにからかわれてしまった経験などがあると知らないうちに自分の気持ちに蓋をしてしまいがちになってしまいます。
人には軽々しく扱ってはいけない話題がありますから、自分の恋愛のことを話せる人がいなくてもよいのです。
とはいえ、もし恋愛についての悩みを抱えてしまったら、一人で考えるよりは誰かに話してしまった方が気が楽になったりします。相談してみた相手の何気ない一言でどうしたらよいかがわかるケースもありますから、恋愛で悩んでいるのに誰にも話さないのはもったいないことです。
でも、恋愛の話がしたいのに身近に恋愛について話せる人がいないという人はどうすればよいのでしょうか?

■心理カウンセラーと話しましょう

周囲に恋愛について安心して話せる人がいないという人には、心理カウンセラーと恋愛の電話相談をしてみるのをおすすめします。
心理カウンセラーは人間の心理についてきちんと学んだ人達で、有資格者です。彼らに恋愛の相談をすれば普通の人に話すよりも多くのアドバイスがもらえるでしょう。
カウンセリングの基本に傾聴というものがあります。傾聴は相手の話をしっかりと聞くテクニックです。たったそれだけ?と思われるかもしれませんが、傾聴のスキルがある人は普通の人よりも上手に話を聞くことができます。
相談している人が欲しいタイミングでなければアドバイスをするようなことはありませんし、普通の人がやりがちな意見の押し付けなどもしません。
心理カウンセラーと恋愛の話をすれば、相談者は自分の悩みを整理することができるでしょう。そして求めれば恋愛についてのアドバイスをしてくれるはずですので、できることが増えます。
心理カウンセラーとは電話相談で話すことができます。対面が恥ずかしい、オフィスに行く時間がなかなかとれないなどの事情がある人は利用してみてはいかがでしょうか。


  • 0

誰にも話せない恋愛の悩みは電話相談しましょう

Category : irai

■ 友達では物足りない理由

あなたは恋愛で悩んだことがありますか? 恋愛は二人でするものですから、どちらかの思いだけではうまくいきませんよね。恋愛で悩んだら誰かにアドバイスを求めることもあるかと思います。
もし恋愛で悩んだら誰に相談するでしょうか。身近にいる聞き上手な人ですか? それとも恋愛経験が豊富そうな人でしょうか。実は、恋愛相談をするのに身近にいる人では不十分なことがあります。なぜなら、彼らはあなたの話をきちんと聞いたり適切なアドバイスをくれるとは限らないからです。
例えば、心理カウンセラーという職業の人がいます。心理カウンセラーと一般的な人の違いは、人の話をきちんと聞けるかどうかです。専門用語で傾聴といいます。
普通の人は誰かの話を聞くときについ意見の押し付けをしてしまったり、話の腰を折ったりしてしまいがちです。もちろん上手に話を聞ける人もいますが、専門の人ほどではありません。
ですから恋愛の悩みを相談するのに、友達ではちょっと物足りないと思うのも自然なことなのです。あなたが求めているのはもっと別のものなのですから。

■電話相談のメリット

電話相談サービスを使うと恋愛の悩みを第三者に話すことができます。第三者は色々な人が該当します。先ほどご紹介した心理カウンセラー、スピリチュアルな解決方法をよく知っている占い師、法律に詳しい弁護士などです。
インターネットで検索すればすぐに電話相談可能な専門家がたくさん見つかるでしょう。恋の悩みを友達にすると噂として広まってしまう可能性がありますが、そうしたサービスを利用すれば秘密をバラされてしまうことはまずありません。
恋愛相談ができる電話サービスをいくつかあります。無料の恋愛電話相談サービスは電話に出た相手がひたすらよく話を聞いてくれるものが多いです。
心理カウンセラーなどの肩書きはない受け手には傾聴のスキルはありませんが、とにかく話を聞いてくれます。恋愛に対する不安などを誰かに打ち明けたいときにおすすめです。
専門職のアドバイスを受けたいなら有料の電話相談を利用してみましょう。有料であれば専門家が受け手として対応してくれることが多いです。


  • 0

恋愛相談を電話でする方法

Category : tsubakigahana

■相談できる人はいますか?

恋愛で悩んでいる人は少なくありません。片思いをしていて相手にどうアプローチしていいのか悩んでいたり、相手は自分のことをどう思っているのかを知りたかったり。
また、すでにパートナーのいる人が相手の態度が変わったことに悩んでいたり、自分が浮気をしていて止められないことを苦しく思っている人もいます。
あなたは悩んでいることを誰に相談しますか? 身近な友達なら話を聞いてくれることがあるかもしれませんが、よいアドバイスがもらえるとは限りませんよね。
それに、恋の相談をした相手から変に好意を寄せられて困ってしまったという声も見られます。両思いになれればそれはそれでよいのでしょうが、身近な人と仲良くなりすぎてトラブルになるのも問題でしょう。
というわけで、恋愛について相談したくても相談ができないという人は少なくないのです。では、恋愛で悩んだら誰に相談すればリスクが少ないのでしょうか?

■電話相談でスッキリ

身近な人には話したくないけれど、恋愛相談をしたいという人に向いているのが電話相談サービスです。電話相談を使用すれば相手は自分のことを他人に触れ回るようなことはありません。
当然ですが、相談したあなた自身に好意を寄せて交際を迫ってくるようなこともないです。その点でまず第三者に相談するメリットがあります。
電話相談で恋愛相談をするメリットは、的確なアドバイスをもらいやすいということです。一般的な人は恋愛について相談されたとき、励ましたり、自分自身の恋愛経験に基づいたアドバイスをしがちではないでしょうか?
恋愛経験に基づいたアドバイスはその人だからこそ有用だったということが多く、あなた向けにカスタマイズされたものではありません。
ですが、電話相談で専門家と話せば心理学などに基づいたアドバイスが受けられやすいですよ。数多くの専門家が恋愛電話相談を受け付けていますので、自分の悩みの役に立ちそうな専門家を選んで相談してみましょう。
恋愛で悩んだら電話相談でスッキリするのがリスクの少ない方法です。試してみてはいかがでしょうか?


  • 0

恋愛相談で不倫の話はできる?

Category : tsubakigahana

■不倫は触れにくい話題

あなたがもし不倫問題に巻き込まれてしまったらどうしますか? 不倫は芸能ゴシップなどを騒がせる行為ですが、離婚調停では不貞行為とされ、離婚理由にもなる行動です。
不倫をテーマにしたフィクションの作品も多々ありますが、実際に自分の配偶者が不倫をしていたり、自分が不倫をしてしまったりした場合はどうなるのでしょうか。
普通のカップルが友達にするように、恋人が浮気をしているかもしれないとか、他に好きな人ができて別れようと思っているなど 相談することはしにくいのではないでしょうか?
もし自分が不倫問題に巻き込まれていることが知れたら、噂好きな人にすぐ広められてしまう可能性があります。また、不倫は後ろ指をさされる行為ですから、周りにいる人たちからの評判も落ちるでしょう。
そうしたことを考えると不倫などしない方がよいのですが、実際に巻き込まれて孤立無援状態になってしまう人もいます。自分がそうなってしまったらどうすればよいのでしょうか。

■電話相談サービスを使いましょう

あなたが不倫問題に巻き込まれてしまったら、不倫の話を受け付けている恋愛相談サービスを使いましょう。心理カウンセラーなどの専門家が恋愛相談サービスを開設しています。
一般的な恋愛相談サービスとは電話やメール、対面で専門家とやりとりをし、恋愛問題を解決するといったものです。不倫も恋愛相談として扱われるでしょう。
恋愛相談サービスでは不倫をしていて相手を妊娠させてしまった場合、配偶者に不倫をしていることがばれて慰謝料を請求されてしまった場合など、不倫をしている側の相談も受け付けています。
もちろん配偶者が不倫をしている、不倫の証拠を集めたい、不倫している配偶者を問い詰める方法を知りたいなど、不倫された側の相談にも対応しています。
不倫関係の恋愛相談をするなら、法律に詳しい専門家と相談するのがよい方法です。慰謝料の問題や不倫を繰り返させないためのアドバイスなど、実際に不倫問題で悩んできた人との経験や知識に基づいたアドバイスをしてくれるからです。
電話相談サービスであれば実際に法的に動いてもらうよりも低価格で済みます。悩んだら第三者に相談してみましょう。


  • 0

電話相談で恋愛の悩みを話そう

Category : pro

■人に話すメリット

あなたには悩みごとはありますか? 仕事でわからないことがあるなど、正解のあることについては比較的誰かに尋ねやすいものの、恋愛のこととなると誰にも話せないという人は少なくないのではないでしょうか。
恋愛の悩みでも人に話すメリットはたくさんあります。まずは、自分の置かれた状況を整理できるという点です。人は恋愛に夢中になると周りの状況がよく見えなくなってしまいがちです。誰かに相談して自分の状況を見てもらうだけで冷静になれるでしょう。
恋愛では誰かに気に入られようと思って焦って行動したり、激しい感情につられて思い込みを強めてしまうのは悪手です。人に相談するだけで極端な行動に走ってしまうリスクを減らせます。
もうひとつはアドバイスをもらえる点です。同じ悩みを経験した人に恋愛の相談をすれば、その人自身の恋愛経験に基づいたアドバイスをしてもらえるでしょう。そして恋愛のことで悩むのは誰でも経験することだと知って気が楽になるかもしれません。

■専門家に電話しましょう

誰かに恋愛のことを話すのにおすすめの方法は専門家に電話相談することです。もちろん友達に話してスッキリするような類いの話なら専門家にまで話す必要はないと思うかもしれませんが、実は友達のアドバイスがあまり役に立たないことがあります。
友達がくれるアドバイスというのは自分の経験に基づいたものが多いです。自分があなただったらこうする、これで成功してきた、というように、いかにもといったアドバイスをしてくれるかもしれませんが、あくまでもその人の成功した例に過ぎません。
ですから鵜呑みにして行動して失敗しても文句は言えないのです。
心理カウンセラーといった専門家に電話相談すれば、少なくとも自分の恋愛経験のみに基づいたアドバイスをされることはありません。彼らが電話相談を受け付けられるのは専門的な知識があるからです。なので、専門家と電話で話せば普通の人に話す以上の知識が得られます。
それに彼らは話を聞くのが上手ですから、友達にちゃちゃを入れられるのが苦手だという人にもおすすめです。有効に利用しましょう。