Author Archives: tsubaki

  • 0

『違法な別れさせ工作はある?悪徳業者には注意しよう』

Category : tsubakigahana

カップルを別れさせるプロともいえるのが「別れさせ屋」です。別れさせ屋は、自然の流れでターゲットに近付き、あらゆる方法を使って浮気または不倫の証拠を工作し、最終的に離婚や破局まで結びつけます。

ですが、別れさせ依頼が100%成功するとも限りません。
もちろん失敗するケースもあり、例えば依頼料の問題や依頼者側の問題など様々です。
依頼料が払えなくなったり、依頼者が依頼をキャンセルした場合などは、そこで契約は終了となります。

また、別れさせ屋がどのような工作を行っているのかですが、それも企業によって全く異なります。ここでは、どのような別れさせ工作があるのか、違法な別れさせ工作はあるのかなどを紹介していきます。

■「別れさせ工作」の一般的な流れについて

どんな別れさせ工作にするかは、ターゲットによって細かく設定されます。まずは、ターゲットの年齢、性別、職業、経歴などから工作員を決めます。
決定した工作員は、ターゲットの情報を全て把握しておきます。(仕事、趣味、好きなタイプ、交友関係など)そして、偶然を装い自然の流れでターゲットに初接近します。

そして、ターゲットに運命の出会いだと思わせるように、偶然の再会を演出します。その後に、ターゲットに好意を寄せている態度を示し、向こうにも気持ちがあれば交際スタートとなります。

交際が始まれば、もう成功と言っていいかもしれません。ターゲットとデートしているところに、依頼者と鉢合わせるよう仕向けたり、不倫相手と偶然を装って会うようにしたり。とにかく、ターゲットが窮地に立たされるシチュエーションを作るのです。

そして、浮気相手と別れたことを確認できたら、別れさせ屋の任務完了なので、工作員はターゲットから徐々に離れてフェードアウトしていき、契約終了となります。

一般的な別れさせ工作は以上となりますが、ターゲットによって出会うシチュエーションを変えたり、一人一人異なる工作方法になります。

■違法な「別れさせ工作」とは?

別れさせ屋に関しては違法ではないものの、別れさせ工作の内容によっては違法となってしまうケースがあります。

例えば、夫婦関係を破綻させるため肉体関係を持ってしまった場合は、売春行為または、公序良俗違反となります。これが夫婦ではなくカップルだった場合は、違法とならないケースもあります。

次に、証拠を取得したいからといってターゲットの家に勝手に入ることも、不法侵入で違反になります。これは、別れさせ屋に限らずどんな職種においてもタブーといえるでしょう。

業者によっては違法な別れさせ工作をしているところもあるので、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。


  • 0

『利用者増加中!「別れさせ屋」ってどんな仕事?』

Category : tsubakigahana

ニュースやワイドショーなどで「人気女優〇〇が不倫報道」というスクープが出たり、ドロドロの不倫ドラマが人気だったり。「不倫ブーム」という言葉が生まれるほど、世の中には不倫している人がたくさんいます。

割り切った関係を続けている人は別として、相手の家庭を壊したいと思っている方や、奥さんと別れて私と結婚してほしいと思っている女性は結構います。ですが、不倫の結末は、そのほとんどが不倫相手と別れて家庭に戻るのです。すると、不倫相手は捨てられ、とても辛い思いをすることになります。

一方で割合的には少ないですが、婚姻関係を解消して不倫相手と一緒になりたいという人も当然います。どちらにしても、恋愛関係を破綻させるための手段として、「別れさせ屋」に依頼する方法があります。例えば、夫が不倫しているので不倫相手と別れさせてほしいと妻から依頼があったり、奥さんと別れさせてほしいと不倫相手が依頼したりなど、パターンは人それぞれです。

では、今回は「別れさせ屋」について細かく見てみましょう。

■「別れさせ屋」と「探偵」の違いとは?

夫や妻が不倫した時、探偵を雇って相手の素性を調べてもらい、不倫の証拠を掴んで相手と別れてもらうという流れは、テレビドラマなどでよく見かけるのではないでしょうか。一方で、別れさせ屋も相手と別れるという意味では探偵と共通している部分はありますが、探偵と別れさせ屋は全くの別物になります。

あくまでも、別れさせ屋は第三者が間に入り、別れるように仕向けるものなので、相手が誰であろうが別れることに特化した業者なのです。そのせいもあり、別れさせ屋の中には悪質な手口を使う業者も多く、料金も業者によって大きく差があります。

とは言いつつも、現在別れさせ屋に対する法律がないので、業者選びには慎重にならなければいけません。

■別れさせ屋の工作方法について

別れさせ屋による別れさせ方とは、一体どんなものなのでしょうか。

まずは、事前調査です。ターゲットについての詳細(出身、趣味、収入、好きなタイプ、性癖など)をとことんリサーチします。ターゲットに自然に近づくための第一歩とも言えるでしょう。

次に、どのように別れさせるのか計画を立てます。どのようなシチュエーションで出会うのか、工作員の職業や性格などを決定するなど、細かく決めていきます。

そして、工作活動を開始します。自然を装ってターゲットと接触し、連絡先を交換、連絡を取り合う、二人で会う、別れの証拠となる決定的瞬間を押さえる、まで進みます。

■別れさせ屋を選ぶポイントとは?

悪徳業者を選ばないように、注意する点がいくつかあります。

㈰営業所に届け出の証明書や従業員名簿があるかを確認する。㈪依頼料の相場を把握し、安過ぎたり高過ぎたりする業者には依頼しない。㈫きちんと契約書を取り交わす。㈬分からないことは何でも質問する。㈭別れさせ工作を実際に見せてもらう。

以上のことを注意して慎重に業者を選びましょう。


  • 0

『好きな人を離婚させたい!そんなことって本当にできるの?』

Category : tsubakigahana

好きになった人には奥さんがいた、などという話はよくあることです。
自分は不倫をしていると気づいた時、一気に気持ちが冷めてしまいすぐに別れるという方、家庭を壊す気はないが関係は続けるという方、奥さんとは別れて自分と一緒になってほしいと願う方など、色々なパターンがあります。

では、不倫相手を好きになりすぎて家庭を壊したい、離婚させたいと思った時、実際に離婚させることはできるのでしょうか?

■不倫相手を離婚させたい!自分でできる方法とは?

好きになった人が結婚していると分かった時、離婚させたいと思ったら自分でできることはあるのでしょうか?

まず一つ目は、相手よりも自分が先に行動を起こすことです。あなた自身が結婚していたり彼氏がいたとしたら、不倫相手よりも先に離婚もしくは別れると、相手に本気だということが伝わるはずです。ただし、相手の奥さんが妊娠したり、急な出来事が発生した場合、自分だけ損をしてしまうリスクがあるといえるでしょう。

二つ目は、相手の奥さんに不倫をバラすことです。これは、自分が相手を離婚させたいという本気度も伝わりますし、バレた時の相手の反応も垣間見ることができます。バレた時、奥さんに必死で言い訳をすれば遊びの不倫だったということですし、反対にきちんと離婚に向けて話を進める態度を示しているなら、本気の不倫だということが分かるでしょう。ただし、慰謝料を請求されたり突如不倫関係が終わったりなど、ハイリスクでもあります。

■別れさせ屋に依頼するという手もあります!

不倫相手を離婚させたいけれど、自分ではどうしようもないという場合は、第三者に依頼する方法があります。それが「別れさせ屋」です。その名の通り、婚姻関係を破綻させるために仕掛け人が間に入り、離婚に向けて様々な工作を施します。

別れさせ屋に依頼した人物は誰か、あなた自身の存在など、個人情報は一切バレないので、本気で離婚させたいという人にはうってつけです。別れさせ屋の手法は業者によって様々ですが、プロの工作員は自然とその環境に溶け込み、ごく自然に近付いていって出会い、関係をもつので、最後まで別れさせ屋だと気づかない人もいるようです。


  • 0

不倫の相談は電話でできます

Category : tsubakigahana

■悩みが深くなりがちな不倫

未婚のパートナーに浮気されてしまったらどんな気持ちがしますか? 心を乱されない人はおそらくいないでしょう。浮気をきっかけに別れて新しいパートナーを見つけた経験のある人もいるかと思います。
ところが、既婚者の浮気は不倫とされ、未婚のカップルのようにただ別れればよいといいものではなくなってきます。 不倫は不貞行為に該当しますから、離婚調停でも不利になる行動です。結婚は個人と個人との結びつきですが、家と家をつなげる意味もありますので不倫はお互いの親族にも迷惑をかけることになります。
不倫は未婚のカップルの浮気とは異なり、大きなトラブルになると知っていながらわざと楽しむ人もいます。
しかし不倫をする方にも言い分はあって、配偶者に満足できない、仕事がうまくいっておらずストレスが溜まっていた、すれ違いが増えたなどさまざまな原因を挙げられるでしょう。
もし本当ならそれらの原因を解消しなければ不倫を繰り返されることになりますので、よく考えた上で対処しなければなりません。
不倫する側は配偶者から許される、やり直せると思っている人が多いといいます。ですが不倫がきっかけで離婚をする夫婦も少なくないのです。
もし不倫をしてしまってバレてしまった、やり直せないかもしれない、と思ったときには誰かに相談するのが一番です。

■専門家を選んで電話しましょう

不倫関係の相談は周囲の人にすると逆に後ろ指を指されてしまいがちですから、相談するなら秘密を漏らさない第三者がよいでしょう。
弁護士など法律に詳しい専門家が不倫の相談を受け付けていることがあります。不倫をやめたい、配偶者の不倫の証拠を集めたい、不倫している相手と別れたいので手順を教えてほしい、配偶者とやり直したいので信頼を回復できる方法を知りたいなど、不倫の当事者にはさまざまなニーズがあるでしょう。
法律の知識がある専門家なら幅広い悩みに答えてくれます。実際に離婚調停に発生し、法的な手続きをしてもらうのでなければ相談料だけで済みます。なので高額な報酬を請求されることはありません。
もし不倫について一人で悩んでいるのなら専門家に電話相談してみましょう。電話相談が気軽です。


  • 0

不倫は離婚のきっかけになる?

Category : tsubakigahana

■不倫は不貞行為です

もしあなたが既婚者で、未婚者と不倫をしてしまったとき、配偶者に離婚されてしまう可能性はどれくらいあると思いますか? そもそも、配偶者の不倫がきっかけで離婚をする人はいるのでしょうか。
離婚をする際、多くのケースで離婚調停になります。法律に従って離婚の手続きを進めるのですが、基本的には双方の同意がなければ離婚できません。
しかし、不倫は不貞行為にあたり、離婚する理由とされます。つまり不倫した側は配偶者ともう一度やり直すつもりでいても、不倫してしまった以上離婚されても文句は言えないのです。
それどころか、不倫をした側は配偶者に慰謝料を払う必要もあります。不倫相手からも慰謝料を請求するケースも散見されますので、不倫はそれだけで責められる行為なのです。
不倫をする配偶者とやり直す気はないと言う人は少なくありません。子供の有無、離婚してからの生活の見通し、経済的な問題などが解消できれば不倫した配偶者と別れて新しい生活を送りたいという人もいます。
不倫はただの遊びだから、家庭を壊すつもりはなかった、離婚しないでほしい、と思っても後の祭りになってしまうことがありますよ。

■やり直したいと思ったら?

もし不倫していることが配偶者に知られてしまったらどうするべきなのでしょうか。配偶者の離婚して不倫相手との関係を続けるつもりなら、離婚の手続きを進めなければなりません。
自分の不倫が原因ならば慰謝料を払うことにもなるでしょう。
一方、不倫を許してもらってやり直したいと思うのならある程度行動に制限をつけられると覚悟しましょう。不倫関係を絶つのはもちろんですが、不倫を繰り返さないために配偶者から行動を監視されることがあります。
出掛ける前に誰とどこで会うのかを聞かれたり、帰宅したらつじつまが合った運動をしているかを確認されたりします。また、スマホのロックを解除させられ、いつでも SNS やメールを閲覧できるようにもされます。
これらの監視行為は配偶者に二度と不倫をさせないための方法として推奨されるものです。監視行為をしばらく続けるという約束を書面で交わすこともあります。不倫はそれほどまでに信用を失う行為なのです。
不倫をしても謝ったら許してもらえるんだろうと思ったら想像以上のあしかせをかけられてしまうこともよくありますので、不倫はしないに越したことはありません。


  • 0

離婚を決意する瞬間とは

Category : tsubakigahana

■離婚を考えるのは女性が多い?

ある夫婦が離婚に至った場合、妻と夫のどちらが離婚を考えたのでしょうか。理由は個人的に聞いてみないとわかりませんが、ある調査によると離婚を切り出すのは女性の方が多いそうです。
女性からの離婚申立件数は男性からの申立件数の2倍以上もあるといいますから事態は深刻ですね。
このことを逆に考えると、夫は離婚するに至らないと思っている原因でも妻は離婚をしたいと思うこと、夫は離婚を望んでいないことなどが見えてきます。
不倫をした夫が妻に不貞行為を問い詰められた際も謝罪して夫婦の関係をやり直そうとする傾向があるのですが、夫は妻よりもやり直せると思っていることが多いといえそうです。
離婚をするには双方の同意が必要となります。また不倫などが絡んでいた場合は慰謝料の請求、子供がいるなら養育費の設定など、煩雑な手続きがあります。
このように離婚は簡単ではありませんが、なぜ妻側が離婚を決意することが多くなってしまうのでしょうか?

■女性が離婚を決意するきっかけ

妻が離婚を決意するきっかけとして多いのは性格の不一致です。性格の不一致には金銭感覚の不一致も含まれます。
また、夫からの DV も離婚のきっかけとなります。直接暴力を振るうのはもちろんですが、暴言を浴びせて心理的に追い詰めたり、親族や友人と合わないように行動を制限したり、生活に必要な金銭をわざと渡さないなども DV に該当します。
さらに家庭を顧みない不倫などの不貞行為、妻の実家との関係を良好にできない、過度な飲酒をする、なども離婚の理由としてよく見られます。
自分がどれほど虐げられても我慢してしまう妻もいます。しかし、そのような妻たちでも夫の行動によって子供に悪影響があれば離婚を決意することがあります。
夫が子供に暴力を振るったり、夫の家庭内での行動のせいで子供に精神的なストレスがかかりすぎるようだと離婚を決意する妻が多いです。
このように離婚につながるような夫の問題行動があり、離婚しても経済的に困窮しないで生活を続けられそうだと判断すると、妻が離婚を申し立てやすいです。


  • 0

離婚してでも不倫する人はいる?

Category : case

■夫は離婚したがらない

日本でよく見られる不倫は既婚男性と未婚女性との不倫です。未婚女性は既婚男性が妻と別れてくれることを期待しながら関係を維持しますが、既婚男性には妻と別れる気はないことが多いです。
なぜ離婚をしてでも不倫をする人が少ないのでしょうか。そもそも、男性は妻と離婚することを妻ほど望まない傾向にあります。ある調査によると妻からの離婚申立件数に比べ、男性の離婚申立件数はその半分だったそうです。
離婚を望んでいる妻よりも離婚を望んでいる男性の数が少ないということになります。
ですから、男性はもし妻に不倫がバレてしまっても妻との関係を維持したがる傾向にあります。 もっと言えば離婚せずに不倫を続けてしまう男性が多いのです。
既婚男性が離婚したとしても慰謝料や養育費を支払わなければなりませんので、経済的にも不利な立場に立たされます。そうした事情があって未婚女性と既婚男性との不倫は未婚女性が不利な状況に立たされがちです。
ただし、もし不倫関係が発覚せず、既婚男性が妻に別の理由で離婚申し立てすることがあれば幾分かは有利な立場に立てるかもしれません。

■男性が離婚を決意する理由は?

男性はあまり離婚を申し立てしない傾向にはありますが、それでも離婚を申し立てする理由があります 。理由を見てみましょう。
夫が離婚を決意した理由として多いのは性格の不一致です。性格の不一致を理由にした離婚申し立ては女性にも多いのですが、男性が離婚を決意する理由でも最も多いものとなっています。妻と性格が合わないと感じた男性が離婚申し立てすることが多いのです。
次に多いのは異性関係です。妻が浮気をしていたことで離婚を決意する男性もいます。妻があまりにも浪費をするような性格だと離婚を申し立てされますし、身体的暴力の DV、 暴言を吐くなど精神的 DV を理由に離婚する人もいます。
男性が離婚を決意する理由として女性にないものは、同居しないことです。結婚をしているのに妻が夫と同居せず、実家にいるようだと離婚を申し立てられることがあります。
夫は妻よりも家同士のつながりを重視する向きが見られますから、どちらかの実家との折り合いがつかないようでも離婚しようと決意する人がいます。
男性はこういった理由で離婚を決意しますので、本当に不倫相手が離婚するかどうか知りたくなったらどうしたことを調べてみるとよいのではないでしょうか。


  • 0

不倫の悩み相談は電話でしましょう

Category : case

■不倫を放置するとデメリットがあります

もしあなたの配偶者が不倫をしていたらどうしますか? 明らかにほかの相手と関係があるような証拠を見つけても、まさか自分の配偶者が……と思って、信じられないような気持ちになる人も多いかと思います。
それに相手が不倫をしていることを問い詰めるとそれまでの関係ではいられなくなります。相手が認めてくれればよいのですが、巧妙に嘘をついて言い逃れをすることもあるのです。
不倫問題に向き合うと解決しなければならないトラブルが増えます。離婚することまで考えると大変な手間がかかるため、配偶者が不倫をしていても放置するという人が少なくありません。
自分さえ我慢すれば取りあえず今の生活を続けられると思ったり、不倫問題を明らかにして自分の子供を傷つけたくないと思う人もいるのです。
しかし不倫を放置すると相手が図に乗ってしまいます。不倫をしていることがバレていないと確信し、堂々と不倫をするようになります。
場合によっては配偶者の方から不倫していることを隠したまま離婚を切り出されたりもします。不倫の証拠などを集めていないと不倫された側が窮地に立たされますので、配偶者の不倫は放置しないことが大切です。

■場所を選ばないところが〇

配偶者が不倫をしていたとわかったら、専門家に電話相談をしてみるのがよいでしょう。不倫なら法律に詳しい弁護士に相談すれば法的なアドバイスがもらえます。
実際に法的な手続きを取ってもらうとそれなりの費用がかかりますが、電話相談だけならそれほどお金がかかりません。
さらに、電話相談なら直接オフィスに赴かなくても都合のよいときにできます。配偶者に隠しておきたいことがあるときに外出の理由を聞かれると答えにくいものですが、自宅や出先などで電話をすれば配偶者に悟られることがありません。
もし専門家にアドバイスを受けていることが相手にわかってしまったら、バレないように警戒して不倫をするようになるでしょう。そうなると不倫の証拠を集めるのが難しくなりますから場所を選ばずに専門家に相談できる電話相談が適しています。
もしあなたが不倫をしている場合、相手を妊娠させてしまうなど法的なトラブルに見舞われる可能性があります。そうした際も専門家に電話相談すると助けになりますよ。


  • 0

恋愛相談で役に立つアドバイスを受けたい人へ

Category : irai

■友達に話していませんか?

恋愛で悩むことがあったとき、あなたは誰に話していますか? 誰にも話さずにいますか? それとも、気の置けない友達に話したりするでしょうか。
友達に恋愛相談をすると親身になってアドバイスをしてくれることがありますね。恋愛のテクニックを教えてくれる人もいます。非常にありがたいのですが、あなたが話を聞いてもらいたいだけではなく、役に立つアドバイスが欲しいと思うなら友達に恋愛相談をするのはやめておいた方がよいでしょう。
なぜなら、一般的な人は自分の恋愛経験に基づいたアドバイスをしがちだからです。あなたと友達とは見た目や性格、育ってきた環境、気になる相手との関係に至るまで違ったところが多いのではないでしょうか。もし友達が美男美女ならそれだけで条件が変わってきますので、いくら親身になって実績のある方法を教えてくれたとしても役に立たないことが多いでしょう。
ですから友達に恋愛相談をするのなら話してすっきりする程度を期待するのがよいといえます。もちろん友達のアドバイスに従ったら恋愛の悩みが解消されたということもあるでしょうが、普通の人は自分の恋愛経験に基づいたアドバイスをしがちなのは覚えておきましょう。

■専門家と話しましょう

もっと自分に合った役に立つアドバイスを受けたいと思うなら、専門家に相談してみるのが適しています。専門家とはカウンセラーなど恋愛をする人間の心理に詳しい人のことです。
彼らは自分の経験に基づいたアドバイスはしません。むしろあなたと話してあなたという人間を知り、そうしたタイプの人に望ましいアドバイスをしてくれるでしょう。
恋愛電話相談を受け付けている専門家は多数います。専門家の職業もカウンセラー以外には占い師や探偵などさまざまです。今抱えている恋愛のお悩み別にカウンセラーを検索し、よさそうだと思った人に相談してみるとよいですね。
恋愛の悩みについて書かれた一般の書籍もあります。書籍に書いてあることは専門家の話と同様の効果がありますので、一般的なアドバイスが欲しい場合は恋愛の悩みについて書かれた本を読んでみるのも効果的ですよ。


  • 0

恋愛の電話相談は心理カウンセラーにしよう

Category : tsubakigahana

■電話相談できる相手は誰ですか?

恋愛について悩んでいる人は少なくありません。恋愛がうまくいっていて楽しかったことがあれば友達同士でしゃべっても盛り上がりますが、少し深刻な話になると相談できる人を選ぶことになりますよね。
また、恋愛について誰かに話すのが気恥ずかしいという人もいます。真剣に悩んでいるのにからかわれてしまった経験などがあると知らないうちに自分の気持ちに蓋をしてしまいがちになってしまいます。
人には軽々しく扱ってはいけない話題がありますから、自分の恋愛のことを話せる人がいなくてもよいのです。
とはいえ、もし恋愛についての悩みを抱えてしまったら、一人で考えるよりは誰かに話してしまった方が気が楽になったりします。相談してみた相手の何気ない一言でどうしたらよいかがわかるケースもありますから、恋愛で悩んでいるのに誰にも話さないのはもったいないことです。
でも、恋愛の話がしたいのに身近に恋愛について話せる人がいないという人はどうすればよいのでしょうか?

■心理カウンセラーと話しましょう

周囲に恋愛について安心して話せる人がいないという人には、心理カウンセラーと恋愛の電話相談をしてみるのをおすすめします。
心理カウンセラーは人間の心理についてきちんと学んだ人達で、有資格者です。彼らに恋愛の相談をすれば普通の人に話すよりも多くのアドバイスがもらえるでしょう。
カウンセリングの基本に傾聴というものがあります。傾聴は相手の話をしっかりと聞くテクニックです。たったそれだけ?と思われるかもしれませんが、傾聴のスキルがある人は普通の人よりも上手に話を聞くことができます。
相談している人が欲しいタイミングでなければアドバイスをするようなことはありませんし、普通の人がやりがちな意見の押し付けなどもしません。
心理カウンセラーと恋愛の話をすれば、相談者は自分の悩みを整理することができるでしょう。そして求めれば恋愛についてのアドバイスをしてくれるはずですので、できることが増えます。
心理カウンセラーとは電話相談で話すことができます。対面が恥ずかしい、オフィスに行く時間がなかなかとれないなどの事情がある人は利用してみてはいかがでしょうか。