Author Archives: tsubaki

  • 0

別れさせ屋と探偵の違いとは?

Category : tantei

探偵に別れさせ工作はできない

別れさせ屋と探偵・興信所はどのように違うのでしょうか。まず、どちらも依頼者の相談を受けてターゲットとなる人物を調査する点が似通っています。尾行や張り込みなどは調査に必要な手段です。実際にそうした行為をするため探偵業の届出をしている別れさせ屋が多いです。ですが、両者ではこの後の展開が異なります。
例えば恋人が浮気していた場合、探偵を使って浮気調査をさせたとしましょう。依頼者がいくつもの物的証拠を突きつけ、ターゲットは浮気相手との別れを宣言しました。ハッピーエンドに見えますが、証拠を突きつけられて別れなければならなくなった場合、ターゲットの気持ちはまだ冷めていないことが多いです。そのため一度は別れたふりをして浮気相手とよりを戻し、交際を続ける人も少なくないのです。そうなると探偵を使ってまで証拠を集めた意味がなくなってしまいます。
探偵には浮気行為を暴くことができても、その後の人間関係にまで関わることができません。別れさせ工作は違法ではありませんが、一般的な探偵や興信所は別れさせ工作は行なっていません。では、浮気をされたら再発するのを待つしかないのでしょうか?

浮気を二度とさせないなら別れさせ屋

もし浮気を二度とさせたくないと願うのなら別れさせ屋への依頼をおすすめします。 別れさせ屋に依頼すればターゲットと浮気相手の関係を根本から破壊することができます。
別れさせ屋は依頼者の提供した情報をもとにターゲットの好みの人物像を分析し、友人や恋人としてターゲットのもとに送り込みます。
偶然の出会い、趣味の一致、意気投合といったふうに出会いを演出し、ターゲットにとってかけがえのない存在になったところで友人役の工作員は浮気相手と別れるようすすめます。
恋人役の工作員はターゲットとより懇意になり、この人となら交際してもいいのかもと思わせてくれます。
このようにターゲットの周りの人間関係からじわじわと工作していくので、誰にもバレずに別れさせ工作が進行します。ターゲットが心から今の浮気相手と別れたいと思った後、別れ話などを見届けてから工作員は去っていきます。
別れさせ屋に依頼をすると人件費などで100万円程度の工作費はかかってしまいますが、ターゲットの好ましくない人間関係を破壊するなら別れさせ屋に依頼した方がよいでしょう。


  • 0

プロの別れさせ屋に依頼するメリット

Category : pro

探偵よりも完全に別れさせることができる

プロの別れさせ屋に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。例えば、探偵や興信所を使って浮気調査をすると、簡単に証拠を集めることができます。するとターゲットは浮気を反省し、浮気相手とはもう会わないと宣言します。実際に別れることもあるでしょう。
しかし、現実には一度別れたふりをして浮気相手とよりを戻すケースが多いようです。完全に別れさせるにはプロの別れさせ屋が使う手法が有用です。
別れさせ屋はターゲットと浮気相手の人間関係を破壊します。具体的にはターゲットの元に魅力的な工作員を送り込み、恋に落ちさせます。その手法は自然なもので、偶然の出会いを装ってから徐々に親しくなるのでバレにくいのです。工作員と親しくなったターゲットは元の浮気相手と別れたくなります。そして完全に別れた後工作員は去り、ひとつの関係を破壊することができるのです。
今の例は男女ともに使われる方法ですが、女性がターゲットの時は友人役を演じる女性工作員を派遣し、ターゲットと親しくさせます。折に触れて今の浮気相手と別れるようにすすめ、ターゲットが心から浮気相手と別れたくなるように気持ちを変えていくのです。

リスクが伴うが誰にも知られることはない

プロの別れさせ屋はターゲットの友人や知人、恋人を演じながら元々あったひとつの繋がりを破壊します。誰にでも友人や知人はいると思いますが、プロの別れさせ屋ほどの覚悟を持ってターゲットと任意の相手を別れさせようとはしないでしょう。 バレてしまった場合デメリットもありますし、いくら友人の頼みでも別れるまでサポートするのは難しいことです。
友人や知人に別れさせる工作をするよう依頼することの最大のデメリットは周りにいる人に知られてしまうことではないでしょうか。依頼者に頼まれて別れ工作をしたと知人が誰かにしゃべってしまった場合、どんな噂が流れるかわかりません。
その点、プロの別れさせ屋に依頼すれば周りの人に別れさせ工作をしているとバレてしまう心配はありません。ターゲットの友人役や恋人役を演じる工作員については顔が分かってしまうのではないかという心配もあるかもしれませんが、それはプロの仕事です。 依頼者は結果第一で考えましょう。


  • 0

つい悩んでしまいがちな、別れさせ屋への依頼のタイミング

Category : irai

別れさせ屋への依頼で悩みがちなこと

別れさせ屋に対して、別れさせるための工作を依頼しようと考えている方で、つい悩んでしまいがちなことは「依頼するタイミング」です。というのも、例えば、別れさせたい相手カップルなどは付き合い始めの頃だと熱が高まっている状態だから、その工作の成功は難しいんじゃないだろうか、などと思い、時間をある程度置いてから依頼をした方がいいのかもしれない……のような悩みのことです。そうした依頼を行うタイミングによる成功率や失敗率の上下に関して、別れさせ屋の説明によると、実際のところは、そうした依頼する時期などの条件よりも対象者の性格や人間性、二人を取り巻いている状況などの方がより関連していると言っています。ですが、一方で機を(タイミングを)逃せば難易度が上がり、失敗のリスクが上がることに繋がるのもまた事実なのです。

別れさせ屋への依頼で機を逃すと失敗する側面

依頼するタイミングを図ったり、意図的に時間や期間を置くことで、状況が変わってしまうことはとても多いです。先ほどもお伝えしましたが、依頼するタイミングよりは状況といった要素の方が別れさせ屋の工作の成功率には関連性が高いわけですから、その状況が難しい方に変わってしまえば、難易度もまた上がってしまうことになります。一例としては、婚約や妊娠といったものだけでなく、転勤や異動、転職といったものがその間にあれば、状況は大きく変わってしまう可能性があります。その他にも、付き合いが長くなれば人は情が増えたり深くなったりしますし、適齢期となることでも難易度が上がる要因となってしまうことも多いです。もちろん、数日や数週間で状況が大きく変わることはあまりないとは思いますが、何ヶ月も悩んでいたり、依頼のタイミングを図っていたらその間に対象者を取り巻いている状況であったり、依頼者と対象者の関係が大きく変わってしまった……そしてそれによって別れさせ工作が失敗してしまった、となりかねないわけです。

焦りは禁物、けれど悩んでいるだけでもダメ

ですが、別れさせ屋への依頼にはこうした側面があるからと言って、焦って依頼してしまうのは良くありません。とは言え、ただ悩んでいるだけで時間を過ぎさせていっては、これまでご説明した通り、状況が変わってしまう一因になってしまいます。ですから、依頼を考え方ら実際に依頼をするのか、しないのかを決めるのは、大体一ヶ月間以内を目安に考える方が良いと言えるかもしれません。


  • 0

ある別れさせ屋の成功事例をご紹介

Category : case

別れさせ屋工作の成功事例

とある別れさせ屋が請け負った案件での成功事例を一つご紹介します。依頼した方は、三十代後半の女性で、その対象となる方が二十代半ばのアルバイト男性でした。依頼した女性は仕事で成功を収めておりましたので、年下の相手男性よりも収入がかなり多く、またその開きも大きいものでした。付き合い始めたばかりの頃は、男性は給料が少ないながらも真面目に働いていましたが、女性が面倒を見ていくうちに正社員を辞めて、アルバイトの身に、そして女性の家に転がり込んできました。その生活の中で、頻繁に言葉や態度などによるモラハラを受け、その結果、別れたい思いが募り、固まっていったそうです。その後、別れを切り出すと、脅しに近い言い方で手切れ金として高額なお金を要求してきたので、もはやこの男性とは普通に別れることは困難であると察し、その別れさせ屋へと依頼することを決めたのです。

実際の結末

その別れさせ屋と女性との間で協議し、完璧に別れることよりも、一刻も早くその男性との関係を切ることを重視した工作を取ることに決めました。別れさせ屋工作をする上で、しっかりと別れさせることが重要な一方、依頼する方の状況や切迫度、要望によってはそれよりも時間を重視する工作をすることもあるわけで、今回の案件がまさしくそれだったのです。そして、女性工作員を男性に近づけ、関係の構築を図りました。この工作は簡単だったのですが、ここからが問題で、穏便に別れさせるにはどうするかと考えることになりました。ただ、そこで運良く、男性の両親が田舎から出てくる機会が訪れたのです。ここだと別れさせ屋は判断し、女性と男性、そして女性工作員に男性の両親全員で鉢合わせることを画策し、実行に移したのです。そして両親の前で浮気を発覚させ、また両親にこれまでのことを全て話し、この依頼は成功という形で完了したそうです。

おわりに

もちろん、別れさせ屋に依頼しても、このように成功で終わることばかりではありません。ですが、例としてご紹介したような誠意ある別れさせ屋であれば、依頼した方のために、また依頼した方の立場に立ち、成功という目標に向かった工作に邁進してくれるのです。ですから、もし別れさせ屋に依頼をするのであれば、こういう誠心誠意対応してくれる業者の力を借りたいものですね。そうした業者に当たるかは運による部分がありますが、見極めた上で選ぶことは依頼する側にできる部分です。別れさせ屋で話をする時などに、相手の人柄も見ることが何より重要だということですね。


  • 0

探偵が行う別れさせ屋工作のルーツ

Category : tantei

そもそも別れさせ屋とは

誰かが誰かを好きになる、というのは感情の上では自由なものです。その好きになった相手にはパートナーがいるという場合もありますし、その中には結婚している相手を好きになることもあります。もちろん、結婚している相手との恋愛、あるいは結婚している中で他の相手と恋愛関係を築くというのは不倫であり、法律的に許されるものではありません。ですが、感情や気持ちは抑えにくい側面があるのも事実ですので、そういったパートナーのいる相手を好きになり、且つその相手とパートナーを別れさせたい、といった気持ちを抱くのも不自然なものではないとも言えます。そうした恋愛に関してのトラブルを解決するために存在しているのが、別れさせ屋です。ですが、別れさせ屋工作というものは元々存在しない言葉で、実はこの単語は、ある探偵社が作り出した造語だったんです。

別れさせ屋の歴史

多くの方がご存知かとは思いますが、ほとんどの探偵社は浮気調査を請け負います。その浮気調査の依頼の中には、不貞の証拠を入手・確保し、それを武器に慰謝料を請求することを望んで探偵に依頼する方ももちろんいますが、必ずしもすべての人がそのために依頼しているわけではありません。その後者の中には、夫婦再生や関係修復を目指し、浮気相手・愛人と別れさせて欲しい、と願って探偵に依頼をする方々もいるわけです。とは言っても、探偵が調査していることが明るみに出てしまっては、夫婦再生などは果たせず、逆に関係の悪化を招いてしまいます。ですから、探偵は決してバレないようにその浮気相手や愛人と別れさせるための工作活動を行うのです。もうお分かりですよね。これが別れさせ屋工作というサービスの始まりなのです。

依頼理由は人それぞれ

このように探偵に依頼する理由は人それぞれですし、同時にそれは別れさせ屋への依頼もまったく同じことが言えるわけです。例えば、別れさせたい相手というのが、自分自身の別れのための場合もありますし、第三者を別れさせたいという場合もありますよね。基本となるこのような部分でも、それぞれの人で理由は大きく異なっているのですから、もっと細かい目的や内容などの要因を組み合わせれば、千差万別・十人十色な依頼となってくるのは当たり前です。そして、依頼が人で異なるということは、それぞれに最適な別れさせ屋工作も同じものなどないわけです。であるから、別れさせ屋工作を依頼する時には、探偵に対して理由など先ほど挙げた要因をしっかりと説明する心持ちでいることが大切なんですよ。


  • 0

プロの別れさせ屋工作の具体的な流れ例

Category : pro

そのプロである別れさせ屋

別れさせ屋工作や復縁工作といった様々な案件を引き受けるのが探偵です。そうした誰かと誰かの関係について、幾つもの依頼を通して触れてきた彼ら彼女らにはスキルや経験などの能力があります。つまり、その道のプロだということです。そうしたプロである探偵に別れさせ屋工作を依頼した場合、どういった流れを踏んでいくのか、ある探偵事務所での実際の流れを例にご紹介していきましょう。

別れさせ屋工作における流れの実際例

まずは、「メールや電話を利用しての相談」です。その段階で、依頼者がどういった状況にあるか、などの情報を探偵が聞きます。この際は、まだ固有名詞や個人が特定できる情報は必要なく、探偵側がする幾つかの質問に対し、依頼者は回答していく、という形式です。ですが、そういった相談方法ではどうしても限界がありますので、次に「面談」をして、実際に会って話をします。またその際に、「見積もりを作成」し、契約書の説明も行います。もちろん、こうした面談をしたら必ず契約をしなければいけないことはありません。もしそう言ってきたら、そこは誠意のない悪徳業者の可能性が高いです。そうした説明の後に「契約や入金」という流れに移り、それから調査などの様々な日程を依頼者と協議していきます。その段階を経て、初めて「調査や工作」といった実際の行動に移るわけです。また、業者によっては、上記の依頼者との日程調整を行わず、業者判断で日時も進め方も決めるところもあります。この点を気にされるなら面談時に確認することが大事かもしれません。どういった結果であれ、工作が完了した後に、「アフターフォロー」が必要な場合もありますので、こういった対応をしてくれる業者もおります。この点の費用に関しては、事前予測が立つものであれば予算内で行ってくれ、それ以外は別途費用が発生する、などの料金体系を取っているところなどがあります。

まとめ

ここでご紹介した別れさせ屋工作の流れは、一例に過ぎません。別れさせ屋を引き受けてくれる探偵業者というのは、本当に数多く存在しておりますので、流れもそうですが、それぞれの業者次第で幾つかの点で大なり小なりの違いがある場合がございます。話を聞いていなかった、では問題ですから、別れさせ屋工作に限らず探偵に依頼や相談をする時は、しっかりと相手の話を聞き、わからないところは確認するようにしてください。


  • 0

別れさせ屋に依頼する場合、どんな流れになるの?

Category : irai

別れさせ屋へ依頼する流れ

別れさせ屋に依頼する場合、ほとんどの流れは以下のようになります。

1.電話やメールで依頼
ネットなどでめぼしい別れさせ屋を見つけましょう。ある程度絞ったら、ここぞと思うところに電話やメールで自分の依頼の相談をしてみてください。
遠慮などはいりません。悩みやわからないことはバンバン尋ねます。
いきなり電話で連絡をするのには抵抗がある人もいるでしょうが、文章だと自分の希望や思っていることを正確に相手に伝えることは困難です。電話だと相手の人柄や相性などを探ることもできます。
慣れてきたら一度電話で相談してみてもいいでしょう。

2.面談
電話やメールは離れていても相談できるのでとても便利ですが、やはり一度も会わずに契約を結ぶのは危険です。
どのような会社で、相談員はどんな人柄なのか確認するためにも、一度は面談を必ずしましょう。その際詳細な見積もりを作ってもらうと、細かな説明を受けられ、その場ですぐにわからないことも尋ねることができますよ。

3.契約
1.2.を経て、信用できる別れさせ屋だと確信できたなら、ついに契約に移ります。契約後にもめないためにも料金や調査方法でわからないことはきちんと尋ねて解消してからサインをしてください。

依頼内容によってはあなたの活躍が不可欠なものも

別れさせ屋に依頼した内容が、復縁や、意中の相手とお付き合いできるようにしたいといったものだった場合、工作員が別れさせ工作を行う裏で、あなたは自分の魅力を磨き、ここぞというタイミングでターゲットを落とす必要があります。
演技なんてできないと思うかもしれませんが、これまで大勢に指導してきたベテランが、しっかり指導してくれるので安心してください。
別れさせるだけでいいので、後は落とすのは自分でやるわという依頼主もいますが、そうなると成功は完全にあなたの肩にかかってきます。
自分では自信があっても、世の中そう上手くはいかないことも多いので、プロの指示がもらえる復縁工作やお付き合い工作は、お金に余裕があるなら依頼おいたほうがいいでしょう。


  • 0

別れさせ屋に依頼して成功だった事例を見てみよう

Category : case

不倫相手と別れさせた

30代の女性A子さんは、ある日旦那のスマホを見てしまい、不倫されていることに気がつきました。
悩みましたが子供が二人もいたことから、離婚ではなく再構築を決意。旦那の性格上、証拠をそろえて不倫を責め立てれば、意固地になって夫婦関係がますます冷え込むことが予想できました。
そこでA子さんは別れさせ屋に依頼。調査の結果、職場にバイトで来た20代の女性B子と不倫関係にあることが発覚しました。
B子の好みまで調べ上げ、タイプの容姿をしている20代男性工作員を送り込みました。B子のことについては様々なことが調べられていたため、偶然好みが合うなどの演出をしつつ、徐々に親しい仲に発展させました。
男性工作員はA子さんの旦那よりも高スペックであると経歴を作っていましたし、好みのタイプであるため、B子はやがて工作員にメロメロとなり、旦那をあっさりふります。バイトも止めてしまったようです。
そのタイミングでA子さんにはいつもより身なりに気を使い、旦那に優しく接するよう指示をしました。すると、無事旦那の心はA子さんの元に戻ってきて、いまでも仲睦まじい夫婦関係を継続しています。
B子へ送り込んだ男性工作員は、ころあいを見て消息不明となるようにしました。すくに関係を切ったわけではないので、B子が再びA子さんの旦那の前に現れることはなかったです。

恋人の浮気を止めさせたい

20代男性のCさんは、そろそろ結婚をと意識した女性がいました。
ところが最近仕事が忙しくなかなか会えないと思っていたら、仕事ではなくほかの男性と会っていたことがわかったのです。
彼女のお相手は元彼。学生時代から付き合っていたので、同窓会で会って焼けぼっくいに火がついたようでした。
悩みましたが、浮気されたまま捨てられるように別れるのではなく、心を取り戻してから今後のことを考えたいと別れさせ屋に依頼。
浮気相手の元へは、調査の結果Cさんの彼女よりもさらに好みにマッチングする女性を送り込みました。
すると、浮気相手はすぐさま工作員と親しい仲へ。もともと彼はとても女好きで、前にCさんの彼女と別れたのも複数の女性と浮気をしたせいでした。
しかし、彼はそのまま二股を継続する気のようだったため、頃合を見て工作員と彼が一緒にいるところに彼女がバッティングするよう工作し、他にも女がいるというところを見せ付けました。
彼女はその場で浮気相手と別れます。再び自分が浮気をされてみて、いかにCさんに酷いことをしていたか身に染みたのでしょう。彼女はCさんの元へ戻り、前よりも尽くしてくれるようになりました。


  • 0

別れさせ屋と探偵はなにが違うの?

Category : tantei

工作をするのが別れさせ屋

男女関係のトラブルを解決するために依頼する職業には、別れさせ屋のほかに探偵もありますよね。
この二つ、何が違うのかよくわからないという方もいるでしょう。
別れさせ屋は、ターゲットが別れるように工作をするのが主な仕事です。
一方、探偵は依頼されてターゲットが浮気などをしている証拠を確保するのが主な仕事です。
つまり、積極的に別れるように工作するのは別れさせ屋だけなのです。探偵はあくまでも事実確認をして、証拠をそろえるまでが仕事となります。
別れさせ屋は怪しまれずにターゲットと接触して心理操作をするテクニックが要求され、探偵は張り込みや尾行を行い限られた期間で証拠となりうる動画や写真を撮るテクニックが要求されます。
このように別れさせ屋と探偵は、似ているようで得意とする分野がまったく違います。
ターゲットを確実に別れさせたい、復縁したいなどの場合は別れさせ屋、浮気の証拠がほしい、優位に離婚できる証拠を揃えたいなどの場合は探偵を頼ってください。

別れさせ屋も「探偵業登録」をしている

別れさせ屋と探偵が混同されがちな理由のひとつに、別れさせ屋の多くが「探偵業登録」を行っていることがあります。
張り込み・尾行・聞き込みなどを行うときには「探偵業登録」をしないとできない決まりになっています。
別れさせ屋は成功率をあげるためにターゲットのことを徹底的に調べ上げます。そのときに張り込みや尾行や聞き込みを行うので「探偵業登録」が必要となるのです。
別れさせ屋を名乗っているのに「探偵業登録」を行っていないところは、こうした徹底的な調査を行わないか、法を犯しているということなので、おすすめできません。
「探偵業登録」を行っているところかどうかを調べるのは、ホームページに探偵業届出番号を掲載しているかどうかでも判断できます。きちんと登録している別れさせ屋なら、どこかには番号を載せているはずです。
登録しているのに掲載の手間を惜しむようなところも信用できないので、別れさせ屋を探すときには、ぜひ探偵業届出番号も選ぶ目安にしてくださいね。


  • 0

わざわざ別れさせ屋のプロに依頼する意味とは

Category : pro

個人ではほとんど失敗する

あの二人を別れさせようと思って自分で行動してもそう簡単に希望の結果は出せません。よほど人を操るのが上手い人なら別ですが、当事者以外が付き合っている二人を別れさせるのはとても難しいのです。
また、誰かを別れさせようと必死になる姿はあまり良いイメージのものではありません。二人を別れさせる前に、あなたのイメージが大幅にダウンしてしまいます。
また、恋や愛は周囲から反対されればされるほど燃え上がる性質があるので、あきらかに誰が見ても付き合いを止めたほうがいいような相手と付き合っていても、「そいつはダメなやつだから別れたたほうがいい」なんて言われたら、かえって相手に執着してしまうこともあります。
ですから、どのようなパターンで別れを工作したいにしても、自分で行うのは良策とは言えません。別れさせ屋のプロに頼んだほうが成功する確率は格段に高くなります。

恨みを買う可能性が高い

たとえあなたが正妻で、旦那と浮気相手を別れさせたのだとしても、無理に二人の仲を裂けばそこには強烈な恨みが残ります。
浮気相手だけではなく、もしかしたら旦那からまで恨まれるかもしれません。
恨みは後でどのような形になって自分に返ってくるかわからないので、極力買わないに限ります。
恨みを買わずに、安全に別れさせたいのなら、やはり別れさせ屋へ依頼するのがベストです。
プロですので、別れさせ工作をしていると感じさせない方法で、うまく二人を破局へと導いてくれます。
また、別れさせ屋に意外と多い依頼は、恋人や結婚相手と別れたいというものです。付き合ってみたり結婚してみたら、相手の態度が豹変してDVや束縛が酷くなったという悩みは少なくありません。
しかし、こうした相手と別れるのはとても難しく、方法を間違えると障害が残るような怪我をさせられたり、ストーカー化して何年も付き纏わられることになりかねません。
別れさせ屋はこうしたケースもよく扱うので、相手を刺激せずに、むしろ向こうから別れを切り出してくれるように工作してくれます。
ストーカーやDVによる事件がニュースに載ることも珍しくありませんよね。ただ別れを切り出すのは、とても危険な行為です。別れを決意したら、ぜひ別れさせ屋に頼りましょう。