Author Archives: tsubaki

  • 0

別れさせ屋の工作のいくつかの事例

Category : case

自分自身が別れたい……依頼者が男性の場合結婚をしていないカップルを別れさせるのはそんなに難しいことではありません。大体異性の工作員を近づけることで浮気のような状況を作り出し、別れへと誘導していきます。「自分がなかなか別れを切り出せない」という依頼も多いものです。その後の未来のことなどを考えるとなるべく早く別れることが双方のためであることがわかっているものの、長年付き合っている情もあり、自分からはどうしても切り出せない人が多いのです。そのような方が別れさせ屋に駆け込んできます。まだ付き合っている最中ではあるので、ターゲットの情報は豊富に入ってきます。住んでいる場所はもちろん趣味嗜好も事前調査の必要もなく入っているので、ターゲットの私生活の中に入っていくのは難しいことではありません。男性から別れを切り出せない場合は、ターゲットに魅力的な男性工作員を近づけ、関係性を構築しデートに持っていきます。デートさえできてしまえば後は簡単です。工作員がその時にとった写真をSNSなどにアップしてその写真を依頼者が発見します。

それを理由に別れを切り出すのです。通常納得のいく理由がない限り急な別れ話にはなかなかうなずかない恋人も、その写真を見せれば別れ話にうなずくしかありません。離婚に納得しない夫……女性工作員の演技力世の中には女性は男性の付属物、なんてことを思っている人がいまだに存在します。そのような男性を夫にもった妻はなかなか自分の意見も言えないまま毎日を過ごさなくてはなりません。自分から離婚話を持ち出すなんてことももっての外です。そのような場合は工作員の演技力が全てを解決してくれます。女性工作員が夫に近づき、「一目ぼれしました」「奥さんと別れたら一緒になってくれますか」「ずっと一緒にいたい」なんてことを言えばぐらりと傾いてしまいます。夫がちょっとでも気のあるような返事をしたらしめたものです。「ご主人は私との将来を前向きに考えてくれている」と奥さんへけんかをふっかけ、依頼者と工作員で架空のけんかを演じ、ご主人にそれを目撃させます。この際も工作員の演技が光ります。その場でご主人に離婚に対して頷かせ、数日後には離婚届を役所に提出することになるのです。別れさせ屋は基本的な攻略方法を中心に様々な方法を生み出していきます。どんな困難な事例でも可能に限りなく近づけていくのです。


  • 0

探偵業法をしっかりとまもっている別れさせ屋と契約を

Category : tantei

最近ではだいぶ世の中にも認知されてきた別れさせ屋、という仕事ですが、その仕事の性質上以前は様々なトラブルを抱えていました。依頼者とのトラブルたとえば、「離婚させる」という工作の場合はゴールがはっきりとしています。離婚届に印かんを押したときが工作完了です。しかしこれが「恋人を別れさせる」という工作になるとボーダーラインが難しいものです。口で別れた、といってもその日の夜には元に戻っている、なんてことはよくあることですし、その日の夜とは言わないまでも、一週間、一カ月で元のさやに戻ってしまうことなんて珍しいことではありません。依頼者からすれば数十万円するような金額を支払っているにも関わらず、一瞬別れたからといって「工作は成功した」なんてことを言われるとたまったものではないのです。今ではだいぶ変わってきましたが、昔は契約書のようなものもしっかりと決まってなかったので、ここの部分があやふやでした。工作方法によるトラブル工作員がターゲットに接触して人間関係に影響を出していく、というような方法ははたから見てみれば違法のように思えます。

接近した時点で自分の身分などは偽って関係を構築しようとしているので、人をだましている、という観点から考えると公序良俗には違反している、という見方もあるかもしれません。また工作の一環としてターゲットと肉体関係を持つ工作員も昔は多かったようです。探偵業法の施工前述のようなことが問題となり、探偵業法が施工されることになりました。「契約内容の書面の交付に関して」は契約書をしっかりと作ってもらい、なにが成功なのかをしっかり最初の時点で確認することを明確にしています。また別れさせ屋は依頼人のことに関しても、ターゲットのことに関しても、多くのことを知ることになりますが、それに関しては一切を外部に漏らさない、とする「秘密保持」に関しても明らかにされました。逆にこの法律が施行されるまでの間このようなことを明確にされていなかったことがなんとも恐ろしいものです。他にも届け出を証する書面の掲示、や名義貸しの禁止、など様々な法律が定められています。法律が施行されたからといってすべての業者がそれをしっかりと守っているわけではありません。間違いのない事業所をしっかりと探すようにしましょう。


  • 0

プロの別れさせ屋が万全の体制でサポート

Category : pro

別れさせ屋の仕事は、世の中の別れたい人、別れさせたい人達の希望を叶えることが仕事です。その方法とは、工作員がターゲットに接近していわゆるハニートラップのようなものをしかけることもありますし、依頼人の相談に乗りながらアドバイスを通じて目的を成功に導くこともあります。別れさせ工作とは、心理術、コミュニケーション術にたけたスタッフが経験と技術を駆使しながら行う大きな作戦なのです。この作戦を成功させるためには、実績に裏付けされた技術が必要です。大きな武器は人間としての魅力人の心理を動かし、誘導していくにはターゲットがつい自然と誘導されてしまうような人間的な魅力が必要です。人間的魅力とは、表情の一つ、言葉の一つからにじみ出てくるようなものであります。ベテラン工作員は長い年月と訓練の末にそれらを自然と体から発散させるようになっています。

そのような工作員がおおく常駐している事業所はすぐれた事業所である、と評価することができます。様々なジャンルのプロがいる別れさせ屋の工作員としての募集要項を見ていると様々なジャンルの経験を持っている人を募集しています。元劇団員だったり、水商売経験者、風俗経験者、不倫経験者など、人の人生にかかわる身として、より広く深い経験値を持っている人材を求めているのです。そして別れさせ工作の上ではそれらのスタッフがそれぞれの特技を生かして依頼人をサポートすることになります。物語を組み立てるそれぞれ役割別れさせ工作は工作員がターゲットに接近して関係性を構築し、破局へ誘導していく方法が多いです。そのためには完全なシナリオやサポート役が必要なのです。・監督……別れさせ工作を統括する監督役。すべてのシナリオが問題なく進行するように管理を行う。・俳優女優……現場にて演技を行う工作員がこれにあたります。全ての状況がシナリオどおりに進むように臨機応変に対応しなくてはなりません。・脚本家……リサーチの結果や依頼者との面談を経て成功への道筋をたてます。どのタイミングでどのようなメールを送るのか。電話をするのか、すべてのアクションに計算が必要です。以上のように工作活動はまるでひとつの映画を作るような作業です。そのためには様々なジャンルのプロが協力していく必要があるのです。


  • 0

別れさせ屋への依頼の仕方

Category : irai

○別れさせ屋に依頼をしたいと感じたら別れさせ屋という仕事を知り、ぜひとも依頼をしたいと感じたとしても、それまでになじみがない職業であれば依頼するにあたって何をしたらいいのかよくわかりませんよね。どのように依頼すればいいのか、資金はどれくらいを目安に用意すればいいのか、時間はどれくらいかかるのか、自分の依頼は無事に受け付けてもらえるのか……いろいろな不安はあとからあとからわいてきてどうしても尽きないものです。そこで、簡単にではありますが、別れさせ屋に依頼をしたいと思ったらどのような準備をすればいいのかについて説明したいと思います。

○まずは無料相談の申し込みを!ほとんどの別れさせ屋では、メールや電話、また直接対面形式でも無料相談を受け付けています。むしろ、最初からいきなり本契約に入る業者は避けたほうが無難です。別れさせ屋への依頼にかかる料金は決まっているわけではなく、依頼の内容や工作活動の方法によって大きく変動します。ですからまず依頼の内容を説明し確認してもらわなければある程度の見積もりすら出すことができません。

そして無料相談は当然複数の業者で受けることができますから、気になる業者をいくつか見つけたときにはなるべく多くの業者に相談してみて、その中で一番対応や料金プランを見て安心できると感じたところに依頼をするようにしましょう。

○用意すべき資金額は?先ほども説明したとおり、別れさせ屋への依頼にかかる料金には一定の基準はありません。ですから無料相談を受けて見積もりを出すまでは具体的にどれくらいの額の資金を用意しておけばいいかということははっきりしません。ただひとつ言えることは、工作活動にはそれなりに時間がかかるということです。また人間関係という形のないもの、常に流動し変化するものを扱うわけですから、イレギュラーが起こる可能性も常にあります。当初の見積もり以上に手間や時間がかかればその分料金も増えますから、できるだけ金銭的な余裕は持っておくようにしましょう。最低でも100万円、できれば数百万円は使えるように準備しておくのが理想的といえます。


  • 0

別れさせ屋へ寄せられる事例にはどんなものがある?

Category : case

○別れさせ屋へはいろいろな依頼が寄せられる別れさせ屋へ依頼を寄せるのは、なにもパートナーに浮気された人ばかりではありません。自分自身がパートナーと別れたいという人もいれば、自分は直接関係ないカップルを別れさせてほしいという人もいます。自分が交際している人と結婚するためにその人とパートナーを別れさせてほしいという人もいます。別れたい、別れさせたい理由も依頼によってさまざまですし、依頼人はみんなそれぞれに複雑な事情を抱えています。もしとあるカップルを別れさせてほしいと思うけれども自分のような事情でも依頼を受けてもらえるのだろうかと不安になっているなら、ぜひ無料相談を受けてみることをおすすめします。別れさせ屋が引き受けられる依頼の内容ならそう伝えられますし、成功する見込みがあまりない場合やその他の理由で引き受けられないというときには正直に断ってくれる業者がほとんどです。素人には判断がつきにくいものですから、まずは気後れせず相談してみると良いでしょう。

○別れさせ屋へ実際に依頼される事例別れさせ屋へ実際に依頼される事例の中で、一見不思議に思えるのは自分は関係していないカップル・夫婦を別れさせてほしいという依頼ではないでしょうか。自分に関係なく当事者でもないなら放っておけばいいように思えます。ですが、自分自身に関係ないとはいえ、大切な子供に関することであればどうでしょうか。自分の子供が結婚相手に苦しめられているのが見ていてわかったり、交際している相手があまり良い人物とはいえないと知ってしまったら、さすがに親として口出しせずにはいられないでしょう。けれど直接話をしても反発されるばかりでどうしようもない、と別れさせ屋に依頼を寄せるご両親も多いのです。特に若い女性であれば、なかなか父親の言うことを素直に聞けない時期もありますよね。親が言っていることは正しいとどこかでわかっていながらもそれを認めたくないという意地でより深みにはまってしまうことを、別れさせ屋に依頼することで未然に防ぐ。このような事例も別れさせ屋への依頼の中にはあるのです。


  • 0

別れさせ屋と探偵の違いとは?

Category : tantei

○探偵と別れさせ屋はよく似ている探偵と別れさせ屋は、どちらもよく似ている職業ではあります。もともと、別れさせ工作や復縁工作は探偵の仕事のひとつでもありました。探偵も自分の身分や職業を偽ってターゲットと親しくなり、いろいろな情報を聞き出したりするものです。別れさせ工作や復縁工作をする場合には、それを利用して任意のターゲットと親しくなったり疑似的な恋愛関係になったりして目的を達成しているのです。ですが、現在では探偵と別れさせ屋は別物として扱われることのほうが多くなってきました。依頼によっては夫婦を別れさせることもある別れさせ屋とそれを良しとはしない探偵の業務内容は少しずつずれていき、今ではそれぞれ独立した業態になってきています。つまり、別れさせ屋に依頼すれば探偵事務所には頼んでもしてもらえないことにも対応してもらえるというわけです。

○探偵にできないこともできる別れさせ屋たとえば、パートナーが浮気しているのではないかと疑わしく思ったら、探偵に頼んでその素行調査をしてもらうことができます。けれど、その結果本当に浮気していることがわかっても、探偵にはふたりを別れさせるよう依頼することは基本的にはできません。その「ふたりを別れさせてほしい」という依頼を叶えてくれるのが別れさせ屋です。別れさせ屋でもターゲットやそのパートナーの調査は行いますが、それはあくまでも別れさせ工作のための行為であり、それ自体が目的なわけではありません。このあたりが探偵とは明確にことなっている部分です。探偵の調査は浮気を突き止めて終わりですが、別れさせ屋ならターゲットに直接接触し、そのときどきの状況によってベストな方法を選んで依頼された通りにふたりを別れさせてくれます。浮気をしていたらそれを証拠に自分がパートナーと別れたいと考えているときには探偵への依頼でじゅうぶんかもしれませんが、パートナーとの関係を続けていきたいが浮気はやめてほしい、そんなときには探偵への依頼だけではなく別れさせ屋も利用したほうが良いといえます。


  • 0

人間関係をコントロールするプロ「別れさせ屋」

Category : pro

○別れさせるばかりではない別れさせ屋別れさせ屋という名前を聞くと、どうしてもカップルを別れさせることだけに特化した業者であるように感じられますよね。もちろん別れさせ屋が引き受けるのはカップルや夫婦を別れさせてほしいという依頼です。ですがそれは最終的な目標であり、それを達成するためにはカップルを別れさせる、つまり人間関係を壊すだけではなく構築したり発展させたりといった作業も必要になる場合が多いのです。別れさせ屋は、そうした作業のすべてをこなす、いわば「人間関係のプロ」なのです。

○人間関係をコントロールすることでスムーズに別れられるそもそも別れさせ屋の工作活動の基本は、工作員を利用してターゲットと直接接触することです。その結果恋愛対象として意識させ気持ちを工作員へ向けるのか、友人として親しくなり相談に乗ることで目的の別れへ誘導するのかはケースによって変わりますが、とにかくじかに接触することでターゲットの気持ちや人間関係をコントロールするのが別れさせ屋の取る手法の基本です。本人へ接触して工作活動がばれてしまうのではないかと不安になるかもしれませんが、工作員たちはプロですからそういったミスはほとんどしません。工作活動がターゲットに知られてしまうルートとしては依頼人からの場合が一番多いようですからむしろ自分が気を付けていないといけません。工作員がなんらかのミスをしてばらしてしまうということはほとんどないそうですから安心です。できるだけ短い期間でターゲットの親しい友人として相談を受けさりげなくアドバイスをすることで別れを選ばせたり、気になる異性としてターゲットの気持ちを惹きつけたりできるのは、別れさせ屋の工作員が人間関係をコントロールするプロであるからにほかなりません。カップルを別れさせるという目的を達成するためには、ただふたりを不仲にすればいいというものではなく、その関係を崩壊させるためにまずは別の人間関係を構築する必要があります。そして別れさせ屋は、カップルを作ることも破局させることも、友人関係にさせることも自在にこなしてくれるのです。


  • 0

当事者が別れさせ屋に依頼することもあります。

Category : irai

別れさせ屋とは、依頼人から依頼された特定のターゲットを恋人と別れさせることが仕事です。例えば、必ず振り向いてほしい男性に恋人がいる場合、依頼者にとっては恋人と別れてもらうことが恋の第一歩です。そのために工作員が、カップルのどちらかに接近にし、人間関係を構築した後で関係性に影響を及ぼしていき、破局へと導いていきます。そのために工作員には心理学的な知性や、コミュニケーション能力が高く求められてきます。さて、このような話を聞くと、別れさせ屋とは、人の恋人を欲しがる自分勝手な依頼者のいいなり、というような印象を受けるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではないのです。というのも、別れさせることで誰かが救われることだってあるのです。自分を別れさせてほしい、という依頼自分と妻を離婚させてほしい、という依頼だってくることがあります。妻からのDVに悩んでいる男性が別れさせ屋に飛び込んでくることだってあります。はっきりと自分の意見や主張を発信することができずに、奥さまからのDVを甘んじて受け続ける毎日にとうとう限界が来てしまい、別れさせ屋の扉をたたくのです。普段から奥さまに意見を言うことができない夫が「別れたい」なんて言葉を妻に言うことなんてできるわけがありません。

絶対に別れさせ屋に依頼したということがばれないように、自然に、そして自分に有利な条件で離婚がしたいのです。そこでとる別れさせ屋の方法ではそこで別れさせ屋はどのような作戦をとるのでしょうか。まず男性工作員を用意します。さりげなく奥さまに近づけていき、奥さまにとって理想の男性を演じます。そしてその男性は奥さまに夢中になり、愛の言葉をささやき続けるのです。奥さまはいつかは男性に心が傾きはじめ、やがて一線を越えようとする瞬間が訪れます。その瞬間の証拠を写真などに収め、離婚を切り出すのです。あくまで浮気をしようとしたのは奥さまの方なので裁判は有利に進んでいきます。結果依頼者にとって有利な条件で離婚することができます。当然ですが、依頼者が女性でも同様の事例はあります。苦しい思いが続いているのなら、どこかで区切りをつけなければなりません。一度門をたたいてみましょう。


  • 0

別れさせ屋にとってイレギュラーな事例

Category : case

別れさせ屋に依頼した場合、プロの別れさせ屋はミッション成功のためにありとあらゆる方策を練っていきます。プロによる入念な下調べ、調査、アクション、接近、交渉など、もてる技術のすべてを使用してターゲットを手中におさめていくのです。そこまでプロであるならば、100パーセントの確率でミッションを成功させているのではないか、と思われる人もいるかと思いますが、決してそういうわけではありません。状況は刻一刻と動いていき、シナリオも最初に決めた通りにはすすんでいかないものです。また、様々な理由で途中で計画を断念せざるを得ないこともあるのです。計画を途中で断念するとは、いったいどのような状況なのでしょうか。工作を途中で断念する場合別れさせ屋に依頼をする、というのはそれでなくても多額な費用がかかるものです。ミッションがはやめに完了すればそれに越したことはありませんが、前述のとおり、状況というのは刻一刻と変化するものであり、シナリオはそのたびに変更することになります。当初よりも計画が長くなることもありますし、かかわる工作員の数が増えることもまれではありません。当然金額も増えていきます。それこそ当初の予定よりも数百万単位で費用が増えてしまうことだってあるのです。結果支払いができなくなり、泣く泣くミッションの遂行をあきらめる人もいますし、逆に、「ここまでやったんだからもう満足」だと考える人もいます。

別れさせ屋への依頼がターゲットにばれてしまうような事例別れさせ屋は曲がりなりにもプロの集団であり、ターゲットに自分たちの素性がばれてしまうようなことはまずありません。もしばれるようなことがあるとしたら、依頼人が別れさせ屋との連絡の電話を聞かれてしまったり、メールを見られてしまったり、契約書や報告書を片付けるのを忘れていて同居のターゲットにばれてしまったりするパターンです。当然ばれてしまった時点で別れさせ屋としてはなすすべはなくなってしまいます。調査の結果ターゲットに幻滅別れさせ屋の調査はターゲットの周辺の聞き込みや普段の様子の調査などを綿密に行います。結果依頼人の知る由もなかったターゲットの別の一面を見たりして、好きという感情がなくなってしまう人もいます。結果別れさせ屋に依頼をする理由がなくなってしまうこともあるのです。これらの事例から見るに、どんな場合でもある程度の距離をもっていた方がいいことが多い、ということかもしれませんね。


  • 0

別れさせ屋って……探偵?

Category : tantei

別れさせ屋の仕事とは、ターゲットとなった個人を恋人や配偶者と別れさせることにあります。別れさせるには、依頼者へのアドバイスであったり、ターゲットに接近しての情報操作や心理操作など、様々な方法が用いられますが、そのどれもが綿密な計画と下準備に基づいたものです。すでに倦怠期にあるようなカップルであるならまだしも、親密な関係を継続できているようなカップルや夫婦を別れさせることなど、ドラマではなくこの現実の世界で果たして本当に可能なのでしょうか。答えはイエスです。別れさせ屋はどのような状況であろうと、あらゆる方策を用いて目的を達成しようとします。その成功率を高めるための方法はそれぞれで色々ありますし、仕事の内容は探偵のそれと重なる部分もかなりあります。探偵と違うのは工作がメインということです。人メインの工作がほとんどであり、在籍している工作員のレベルや技術によりその成功率は変わってくるものです。劇団出身の人材は就職しやすいとのこと……工作員はターゲットに接近してある程度の関係性を短期間の間に構築しなければなりません。そのためには平均以上のコミュニケーションの能力だったり、話術、心理学にも精通している必要があります。

そして何より必要なのが演技力です。工作員はそのミッションのたびにまったく違った人格にならなくてはなりません。最低限の演技力は絶対に必要になってきます。この演技のレベルが高ければ高いほど、作成するシナリオに幅が広がり成功率は高まっていきます。プロファイラーが在籍していればさらに成功率は高まっていくプロファイルという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。刑事ドラマなどで時々聞く言葉ですね。膨大なデータをもとに犯人の年齢や性質、社会的背景などを割り出すデータ管理の専門家のことを指します。プロファイラーの活躍の場は犯罪の現場だけでなく、このような場でも応用が利きます。心理学的な見地をもとに、ターゲットの行動などを読み解き計画やシナリオを組み立てていくのです。ターゲットの言葉からその真意を読み解いたりすることも成功率を高めるためには大きなポイントです。別れさせ屋はその成功率を高めるために様々な方策を練っています。自分にとって一番いい別れさせ屋を見つけ出しましょう。