Author Archives: tsubaki

  • 0

別れさせ屋の成功事例と失敗事例

Category : case

別れさせ屋の成功事例

パートナーが浮気した場合、別れさせ屋に依頼する人も少なくありません。別れさせ屋は高い確率で浮気相手とパートナーを別れさせてくれますが、もちろん失敗することもあります。
しかし、ほとんどは成功して工作を成功させていますので、依頼するだけの価値は高いといえるでしょう。どういった方法で成功へと導いているのか、いくつか事例をあげていきます。
想いを寄せていた男性から告白されて付き合いだしたけれど、真面目に付き合ったのは最初だけで、実は男性のほうが遊び人でした。
女性は本命として付き合っていましたが、浮気を何度もされます。しばらくすると他に付き合いたい女性ができたので、別れたいと彼から伝えられます。
女性は男性のことをあきらめられず、別れさせ屋に依頼しました。この場合、彼氏の新しい恋人に女性の工作員を接触させ、まず友だちになります。相手の情報は既に調査済なので、気の合う友だちとしてしばらくの間、交流を持ちます。
お互いに本音をいえるようになった頃、女性工作員が友だちと称し、男性工作員を何名か紹介します。相手の好みは入手済なので、簡単に男性工作員のほうへ心変わりしました。ここまでくると、あとは本人が依頼者の恋人に別れを告げることになります。
こうした事例は多く、別れさせるまでそれほど期間はかかりません。工作が成功した後も怪しまれないよう、工作員はターゲットから徐々に距離をとっていきます。

別れさせ屋の失敗事例

工作を仕掛けていても、途中で失敗してしまうこともあります。中でも一番多く見られる事例が、依頼者の経済的な理由です。
提案したプランどおりいけば見積もり通りの金額で済みますが、予想外のアクシデントが起きたり、ターゲットが用心深すぎる場合は、プランどおりの期間で工作が終了しない場合もあります。
こうした場合は追加料金が発生するため、依頼者が支払いできない場合はここで工作を終了するので失敗で終わります。
他にも依頼者が別れさせ屋に依頼したことを、ターゲットやその友人などに見つかってしまい、工作が失敗するケースもあります。


  • 0

探偵事務所の別れさせ屋は安心できる

Category : tantei

パートナーが浮気しているのをしったとき、冷静でいられる人はどれくらいいるでしょう。ほとんどの人は頭に血が上ってしまい、相手を責めたり別れ話を口に出してしまいます。
しかし冷静になると別れたくない気持ちが勝り、どのようにすれば良いか解決の糸口を見つけようとします。
パートナーが自分と別れたくないと思っているなら二人で話し合いをすれば解決できますが、浮気相手に心が移っている場合は、自分たちだけで解決するのは難しいといえます。
一度別れを口に出していたり別れたくないことを伝えてしまっていると、悪いのは恋人なのに主導権は相手がもつことになります。
こうした状況を回避するには浮気が発覚したときに、すぐに結果を出そうとしないことが大切です。感情のままに気持ちを言葉にすると、後で取り返せないこともあります。自分の気持ちが落ち着くまで一人で考え、それからその後のことを決めるようにしましょう。

恋人とやり直したいなら

もし恋人と別れないと決めたなら、今後どのようにやり直していくか考えなくてはなりません。相手が浮気相手と別れるといっても、信じられない人も多いことでしょう。
かといって感情的になってしまうと、二人の仲はますます冷え切ってしまいます。こうしたときは、第三者の力を借りることも必要です。別れさせ屋に依頼すれば、確実に浮気相手と恋人を別れさせてくれます。

本気で別れさせたいなら探偵事務所にお任せ

別れさせ屋は探偵事務所が探偵業と兼ねて行っていることが多く、調査のプロが工作を行うため成功率も高くなります。
探偵業を行うには探偵業の届け出をして登録をしなくてはいけませんが、別れさせ屋の中には無登録のまま営業を行っている悪徳業者もいます。
最近では便利屋さんや何でも屋さんが別れさせ屋を行っている場合もありますが、もともと畑違いの業種のため、探偵事務所の別れさせ屋より成功率が下がることは目に見えています。
絶対に浮気相手と別れさせたいと思うなら、探偵事務所が行っている別れさせ屋に依頼したほうが良いでしょう。


  • 0

本気で別れさせたいならプロの別れさせ屋におまかせを!

Category : pro

恋人が心変わりした場合、もう一度自分のほうに恋人の気持ちを向かせることは難しいでしょう。特にマンネリ化しているカップルだと、やり直すことはほとんど不可能です。
新しい恋人との恋愛はとても楽しく、昔の恋人を思い出させる時間を与えません。もし二人がうまくいかなくなったとしても、自分のところに戻ってくる可能性はとても低いでしょう。
新しい相手と別れてさえくれれば、また自分を好きになってくれるかもと思う人もいますが、新鮮味の欠けた昔の恋人だとトキメキもなくワクワクすることもないので、また新しい恋愛を探そうとするものです。
もう一度復縁したいと迫ったり、涙を見せても効果は期待できません。一度離れた相手の気持ちを取り戻すには、恋愛のプロである別れさせ屋に任せるのが一番です。
別れさせ屋はその名のとおり別れさせることのプロの集団なので、依頼を受けたからといってすぐに行動に移すことはありません。
まずは依頼者からの話をじっくり聞き、相手の情報や新しい恋人の情報を入手するとともに、不足している情報を調べるため調査を開始します。
調査が終わればどのような方法で別れさせるかプランを考え、依頼者に提案します。依頼者の希望は聞いてくれますが、別れさせることを不利にさせるような希望だと、成功率が下がることをハッキリといってくれます。

素人が工作するとバレる確率が高い

別れさせ屋は恋人の気持ちを取り戻すため、工作を仕掛けます。同じようなことを思いつく一般人も多いですが、徹底して相手に工作を仕掛けるには綿密な計画が必要です。
別れさせ屋に依頼すると費用がかかるからといって、友だちや知り合いに同じことを依頼するとターゲットに目的がバレてしまい、二度とやり直せなくなることも考えられます。
一度バレてしまうとターゲットは疑い深くなってしまうため、その後にプロの別れさせ屋に依頼しても成功率はぐんと低くなります。
それでも依頼は受けてくれますが、計画を成功させるための期間が長くなったり、必要な工作員を増やさなければならないこともありますので、費用はより高くなってしまいます。


  • 0

別れさせ屋に依頼するべき人物とは?

Category : irai

成功率は100%ではないとわかっている

別れさせ屋でターゲットと任意の人物を別れさせたいという相談をする人はいます。 しかし、いざ自分が別れさせ屋を利用しようと思った時、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。別れさせ屋に依頼するべき人物とはどういう人なのかを考えてみましょう。
まず、別れさせ屋はサービスの一緒です。どれだけ高い成功率をうたっていても失敗することがあります。成功率にこだわる人は業者が提示する高すぎる成功率に騙され、別れさせ工作が成功する見込みもない案件でもお金と時間を使ってしまいます。こうした人は別れさせ屋に依頼するべきではないでしょう。
反対に、別れさせ屋の成功率は100%ではないと理解できている人は依頼に向いているかもしれません。別れさせ屋が依頼者の話を聞いてから提示したリアルな成功率に納得しやすいでしょうし、その結果別れさせ工作が失敗したら失敗したで諦めることができるという性格ならなおのことよいです。もちろん、別れさせ工作が失敗しやすいと言っているのではありません。ただ100%ではないと理解できるくらいの冷静さを持って依頼すればよい結果につながりやすいのではないでしょうか。

責任を負う覚悟がある

別れさせ工作が成功したときの覚悟は必要です。もし恋のライバルを別れさせ屋を使って撃退したとしましょう。別れさせ屋では復縁工作もセットで行っていることが多いですが、それから先は依頼者自身の魅力によって展開が大きく異なります。うまく絆を深められればよいのですが、魅力が足りずに結局は他の相手とターゲットが交際を始めてしまうこともあるのです。通常の恋愛と同じような困難も避けられません。しかし、ターゲットが依頼者の魅力に気づいてくれることもあります。
その後ターゲットと交際すると、別れさせ工作についての話を聞くこともあるかもしれません。魅力的な異性に近寄られて親しくなったがいなくなってしまった。その時付き合っていた恋人に別れを告げたものの、悪いことをしてしまったなどという後悔を聞いた時どんな気持ちになりそうですか? 多少のリスクを背負ってでも自分の幸せを貫くのが別れさせ工作を依頼する意義です。依頼をするのならそれなりの責任を負う覚悟を持ちましょう。


  • 0

別れさせ屋の成功事例からわかること

Category : case

具体的な口コミは少ない

皆さんは何かサービスを試そうと思った時に何を参考にしますか? この運動を続けていたら何日で何 kg 痩せたとか、具体的な成功事例が気になるのではないでしょうか。別れさせ屋を利用しようと思った時、事例を参照したくなったらどうすればよいのでしょうか?
別れさせ屋のサービスはその性質上、実名で体験談が明かされることはまずないと言っていいでしょう。もしそうすればターゲットとなった人物から不評を買うのは間違いないからです。法律的な問題はない方法だとしても、誰しも自分の人生に不可解な人物からの介入があったと知れば怒るのは当然です。ですから、具体的な口コミを周りの人から聞くことができません。
ではどうすれば良いのかというと、別れさせ屋のホームページを検索すれば名前をぼかして事例が掲載されていることがあります。しかし、それも依頼者の状況やターゲットについての抽象的な情報に止まることが多いでしょう。工作方法や期間などの情報が公の目に触れると、ターゲットが自分も別れさせ工作をされているのではないかと警戒する恐れがあるためです。
ですから、別れさせ屋の成功事例を聞きたければ別れさせ屋に直接相談してみるのが最もよいでしょう。

自分では動かないのが成功の道

別れさせ工作の失敗例が掲載されていることもあります。その場合、プロの別れさせ屋のミスではなく、依頼者自身のミスが指摘されていることも少なくありません。というのも、依頼者は別れさせ工作を成功させたいがあまり、余計な協力をしすぎて空回りしがちだからです。
ターゲットとの連絡は依頼者があまり取らない方がよいのですがそれでも連絡してしまったり、調査と称してターゲットを自分で尾行してしまうなどすると不審がられてしまいます。そうすると別れさせ工作の難易度が跳ね上がり、依頼者が何もしなかった時よりも成功率が下がってしまうのです。
別れさせ屋の成功事例から学べることは少ないかもしれませんが、依頼者が別れさせ屋を信用し、自分から動きすぎないというのが成功のコツといえるようです。信用できる業者を見つけるまでに心血を注ぎましょう。


  • 0

別れさせ屋と探偵の違いとは?

Category : tantei

探偵に別れさせ工作はできない

別れさせ屋と探偵・興信所はどのように違うのでしょうか。まず、どちらも依頼者の相談を受けてターゲットとなる人物を調査する点が似通っています。尾行や張り込みなどは調査に必要な手段です。実際にそうした行為をするため探偵業の届出をしている別れさせ屋が多いです。ですが、両者ではこの後の展開が異なります。
例えば恋人が浮気していた場合、探偵を使って浮気調査をさせたとしましょう。依頼者がいくつもの物的証拠を突きつけ、ターゲットは浮気相手との別れを宣言しました。ハッピーエンドに見えますが、証拠を突きつけられて別れなければならなくなった場合、ターゲットの気持ちはまだ冷めていないことが多いです。そのため一度は別れたふりをして浮気相手とよりを戻し、交際を続ける人も少なくないのです。そうなると探偵を使ってまで証拠を集めた意味がなくなってしまいます。
探偵には浮気行為を暴くことができても、その後の人間関係にまで関わることができません。別れさせ工作は違法ではありませんが、一般的な探偵や興信所は別れさせ工作は行なっていません。では、浮気をされたら再発するのを待つしかないのでしょうか?

浮気を二度とさせないなら別れさせ屋

もし浮気を二度とさせたくないと願うのなら別れさせ屋への依頼をおすすめします。 別れさせ屋に依頼すればターゲットと浮気相手の関係を根本から破壊することができます。
別れさせ屋は依頼者の提供した情報をもとにターゲットの好みの人物像を分析し、友人や恋人としてターゲットのもとに送り込みます。
偶然の出会い、趣味の一致、意気投合といったふうに出会いを演出し、ターゲットにとってかけがえのない存在になったところで友人役の工作員は浮気相手と別れるようすすめます。
恋人役の工作員はターゲットとより懇意になり、この人となら交際してもいいのかもと思わせてくれます。
このようにターゲットの周りの人間関係からじわじわと工作していくので、誰にもバレずに別れさせ工作が進行します。ターゲットが心から今の浮気相手と別れたいと思った後、別れ話などを見届けてから工作員は去っていきます。
別れさせ屋に依頼をすると人件費などで100万円程度の工作費はかかってしまいますが、ターゲットの好ましくない人間関係を破壊するなら別れさせ屋に依頼した方がよいでしょう。


  • 0

プロの別れさせ屋に依頼するメリット

Category : pro

探偵よりも完全に別れさせることができる

プロの別れさせ屋に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。例えば、探偵や興信所を使って浮気調査をすると、簡単に証拠を集めることができます。するとターゲットは浮気を反省し、浮気相手とはもう会わないと宣言します。実際に別れることもあるでしょう。
しかし、現実には一度別れたふりをして浮気相手とよりを戻すケースが多いようです。完全に別れさせるにはプロの別れさせ屋が使う手法が有用です。
別れさせ屋はターゲットと浮気相手の人間関係を破壊します。具体的にはターゲットの元に魅力的な工作員を送り込み、恋に落ちさせます。その手法は自然なもので、偶然の出会いを装ってから徐々に親しくなるのでバレにくいのです。工作員と親しくなったターゲットは元の浮気相手と別れたくなります。そして完全に別れた後工作員は去り、ひとつの関係を破壊することができるのです。
今の例は男女ともに使われる方法ですが、女性がターゲットの時は友人役を演じる女性工作員を派遣し、ターゲットと親しくさせます。折に触れて今の浮気相手と別れるようにすすめ、ターゲットが心から浮気相手と別れたくなるように気持ちを変えていくのです。

リスクが伴うが誰にも知られることはない

プロの別れさせ屋はターゲットの友人や知人、恋人を演じながら元々あったひとつの繋がりを破壊します。誰にでも友人や知人はいると思いますが、プロの別れさせ屋ほどの覚悟を持ってターゲットと任意の相手を別れさせようとはしないでしょう。 バレてしまった場合デメリットもありますし、いくら友人の頼みでも別れるまでサポートするのは難しいことです。
友人や知人に別れさせる工作をするよう依頼することの最大のデメリットは周りにいる人に知られてしまうことではないでしょうか。依頼者に頼まれて別れ工作をしたと知人が誰かにしゃべってしまった場合、どんな噂が流れるかわかりません。
その点、プロの別れさせ屋に依頼すれば周りの人に別れさせ工作をしているとバレてしまう心配はありません。ターゲットの友人役や恋人役を演じる工作員については顔が分かってしまうのではないかという心配もあるかもしれませんが、それはプロの仕事です。 依頼者は結果第一で考えましょう。


  • 0

つい悩んでしまいがちな、別れさせ屋への依頼のタイミング

Category : irai

別れさせ屋への依頼で悩みがちなこと

別れさせ屋に対して、別れさせるための工作を依頼しようと考えている方で、つい悩んでしまいがちなことは「依頼するタイミング」です。というのも、例えば、別れさせたい相手カップルなどは付き合い始めの頃だと熱が高まっている状態だから、その工作の成功は難しいんじゃないだろうか、などと思い、時間をある程度置いてから依頼をした方がいいのかもしれない……のような悩みのことです。そうした依頼を行うタイミングによる成功率や失敗率の上下に関して、別れさせ屋の説明によると、実際のところは、そうした依頼する時期などの条件よりも対象者の性格や人間性、二人を取り巻いている状況などの方がより関連していると言っています。ですが、一方で機を(タイミングを)逃せば難易度が上がり、失敗のリスクが上がることに繋がるのもまた事実なのです。

別れさせ屋への依頼で機を逃すと失敗する側面

依頼するタイミングを図ったり、意図的に時間や期間を置くことで、状況が変わってしまうことはとても多いです。先ほどもお伝えしましたが、依頼するタイミングよりは状況といった要素の方が別れさせ屋の工作の成功率には関連性が高いわけですから、その状況が難しい方に変わってしまえば、難易度もまた上がってしまうことになります。一例としては、婚約や妊娠といったものだけでなく、転勤や異動、転職といったものがその間にあれば、状況は大きく変わってしまう可能性があります。その他にも、付き合いが長くなれば人は情が増えたり深くなったりしますし、適齢期となることでも難易度が上がる要因となってしまうことも多いです。もちろん、数日や数週間で状況が大きく変わることはあまりないとは思いますが、何ヶ月も悩んでいたり、依頼のタイミングを図っていたらその間に対象者を取り巻いている状況であったり、依頼者と対象者の関係が大きく変わってしまった……そしてそれによって別れさせ工作が失敗してしまった、となりかねないわけです。

焦りは禁物、けれど悩んでいるだけでもダメ

ですが、別れさせ屋への依頼にはこうした側面があるからと言って、焦って依頼してしまうのは良くありません。とは言え、ただ悩んでいるだけで時間を過ぎさせていっては、これまでご説明した通り、状況が変わってしまう一因になってしまいます。ですから、依頼を考え方ら実際に依頼をするのか、しないのかを決めるのは、大体一ヶ月間以内を目安に考える方が良いと言えるかもしれません。


  • 0

ある別れさせ屋の成功事例をご紹介

Category : case

別れさせ屋工作の成功事例

とある別れさせ屋が請け負った案件での成功事例を一つご紹介します。依頼した方は、三十代後半の女性で、その対象となる方が二十代半ばのアルバイト男性でした。依頼した女性は仕事で成功を収めておりましたので、年下の相手男性よりも収入がかなり多く、またその開きも大きいものでした。付き合い始めたばかりの頃は、男性は給料が少ないながらも真面目に働いていましたが、女性が面倒を見ていくうちに正社員を辞めて、アルバイトの身に、そして女性の家に転がり込んできました。その生活の中で、頻繁に言葉や態度などによるモラハラを受け、その結果、別れたい思いが募り、固まっていったそうです。その後、別れを切り出すと、脅しに近い言い方で手切れ金として高額なお金を要求してきたので、もはやこの男性とは普通に別れることは困難であると察し、その別れさせ屋へと依頼することを決めたのです。

実際の結末

その別れさせ屋と女性との間で協議し、完璧に別れることよりも、一刻も早くその男性との関係を切ることを重視した工作を取ることに決めました。別れさせ屋工作をする上で、しっかりと別れさせることが重要な一方、依頼する方の状況や切迫度、要望によってはそれよりも時間を重視する工作をすることもあるわけで、今回の案件がまさしくそれだったのです。そして、女性工作員を男性に近づけ、関係の構築を図りました。この工作は簡単だったのですが、ここからが問題で、穏便に別れさせるにはどうするかと考えることになりました。ただ、そこで運良く、男性の両親が田舎から出てくる機会が訪れたのです。ここだと別れさせ屋は判断し、女性と男性、そして女性工作員に男性の両親全員で鉢合わせることを画策し、実行に移したのです。そして両親の前で浮気を発覚させ、また両親にこれまでのことを全て話し、この依頼は成功という形で完了したそうです。

おわりに

もちろん、別れさせ屋に依頼しても、このように成功で終わることばかりではありません。ですが、例としてご紹介したような誠意ある別れさせ屋であれば、依頼した方のために、また依頼した方の立場に立ち、成功という目標に向かった工作に邁進してくれるのです。ですから、もし別れさせ屋に依頼をするのであれば、こういう誠心誠意対応してくれる業者の力を借りたいものですね。そうした業者に当たるかは運による部分がありますが、見極めた上で選ぶことは依頼する側にできる部分です。別れさせ屋で話をする時などに、相手の人柄も見ることが何より重要だということですね。


  • 0

探偵が行う別れさせ屋工作のルーツ

Category : tantei

そもそも別れさせ屋とは

誰かが誰かを好きになる、というのは感情の上では自由なものです。その好きになった相手にはパートナーがいるという場合もありますし、その中には結婚している相手を好きになることもあります。もちろん、結婚している相手との恋愛、あるいは結婚している中で他の相手と恋愛関係を築くというのは不倫であり、法律的に許されるものではありません。ですが、感情や気持ちは抑えにくい側面があるのも事実ですので、そういったパートナーのいる相手を好きになり、且つその相手とパートナーを別れさせたい、といった気持ちを抱くのも不自然なものではないとも言えます。そうした恋愛に関してのトラブルを解決するために存在しているのが、別れさせ屋です。ですが、別れさせ屋工作というものは元々存在しない言葉で、実はこの単語は、ある探偵社が作り出した造語だったんです。

別れさせ屋の歴史

多くの方がご存知かとは思いますが、ほとんどの探偵社は浮気調査を請け負います。その浮気調査の依頼の中には、不貞の証拠を入手・確保し、それを武器に慰謝料を請求することを望んで探偵に依頼する方ももちろんいますが、必ずしもすべての人がそのために依頼しているわけではありません。その後者の中には、夫婦再生や関係修復を目指し、浮気相手・愛人と別れさせて欲しい、と願って探偵に依頼をする方々もいるわけです。とは言っても、探偵が調査していることが明るみに出てしまっては、夫婦再生などは果たせず、逆に関係の悪化を招いてしまいます。ですから、探偵は決してバレないようにその浮気相手や愛人と別れさせるための工作活動を行うのです。もうお分かりですよね。これが別れさせ屋工作というサービスの始まりなのです。

依頼理由は人それぞれ

このように探偵に依頼する理由は人それぞれですし、同時にそれは別れさせ屋への依頼もまったく同じことが言えるわけです。例えば、別れさせたい相手というのが、自分自身の別れのための場合もありますし、第三者を別れさせたいという場合もありますよね。基本となるこのような部分でも、それぞれの人で理由は大きく異なっているのですから、もっと細かい目的や内容などの要因を組み合わせれば、千差万別・十人十色な依頼となってくるのは当たり前です。そして、依頼が人で異なるということは、それぞれに最適な別れさせ屋工作も同じものなどないわけです。であるから、別れさせ屋工作を依頼する時には、探偵に対して理由など先ほど挙げた要因をしっかりと説明する心持ちでいることが大切なんですよ。