Author Archives: tsubaki

  • 0

別れさせ屋に依頼する流れ

Category : irai

・契約するまでの基本的な流れを理解しよう

1.メールや電話で相談をする

別れさせ屋へ依頼する場合、いきなり契約とはありません。

まずはあなたの状況や希望を聞いてもらい、どのような工作を行うか、費用はどれくらいかかるか決めるからです。

いまは、まずはメールや電話で相談するのが一般的となっています。

別れさせ屋によってはLINEアカウントを持っていて、IDを公開しているため、LINEアプリで相談することも可能なようです。

いきなり電話だと緊張するし、メールだと返信に時間がかかっていやという人はLINEで相談してみるといいでしょう。

2.実際に会って対面相談

次に、直接スタッフと会って相談します。

こちらが事務所に行って相談するパターンと、指定の場所に相談スタッフに来てもらいそこで相談するパターンがあります。

後者は地方などで事務所に行きにくい場合には重宝しますが、別れさせ屋によっては交通費の請求をされることもあります。

おすすめなのは、事務所の様子もチェックできる自分で事務所へ行き相談するやり方のほうです。

3.契約を交わす

料金や支払い方法、工作内容や期間など、すべてに納得ができたら契約書を交わします。

契約書がないところは信用できませんので、契約しないでくださいね。

契約書があると依頼した証拠が残ってしまうと思うかもしれませんが、なければあなたが高額な支払いをしたという証拠もないため、まともな工作を行ってくれなくても訴えることもできません。

迷っていたら、急かさずに契約を待ってくれるところのほうが優良です。

・工作期間を過ぎてしまったら

別れさせ工作は、予定通りのペースで必ず成功するというものではありません。

人間の動きを完全に予測することは不可能なので、思うように成果がでないこともたまにあります。

契約期間が満了しそうになっても成果が出ない場合、このまま期間を延長して工作を継続するか、すっぱり終了するか判断を迫られます。

もちろんあと少し期間を伸ばせば成功するというケースもありますし、伸ばしても無駄に終わるケースもあります。

継続してきっちり結果を出したいと願うのはわかりますが、別れさせ屋の費用は決して安いものではありません。

気がついたら多額の借金をしていたなんてことにならないためにも、依頼するはじめから、継続しても出せるのはいくらまで、と決めておいたほうがいいでしょう。


  • 0

別れさせ屋の成功事例を知りたい

Category : case

・お付き合いしている男性を浮気相手から取り戻したい

Aさんは結婚を視野に入れてBさんとお付き合いをしていました。

ところがそろそろ結婚という話が出てきた頃、急に彼の態度がおかしくなったのです。

女性の感でピンと来ましたが、うまく隠しているため浮気をしている決定的な証拠は見つかりませんでした。

でも、このまま放置していたら絶対に結婚まで怪しくなると感じたAさんは、別れさせ屋に依頼。

調査の結果、やはりBさんは他の女性と浮気をしていました。

浮気相手に男性工作員を送り込み、誘惑を開始。

Bさんにも同性の工作員を送り込み、親しくなってからなぜ浮気をしているのか聞くことに成功しました。

浮気の原因は、結婚により家庭に縛られる不安からと判明しました。

工作員により、誰でも不安になるけれど、お付き合いしている女性は素晴らしい人のようなので浮気を止めるよう説得。

その頃、浮気相手に送った工作員は付き合うことに成功したため、Bさんはふられることとなり、Aさんの元へ無事に戻ることができました。

この事例からわかるように、別れさせ工作はハニートラップを仕掛けるだけではありません。

ときにはいろいろな役で何人も工作員を派遣することがあります。

・ストーカーになりそうな彼女とうまく別れたい

Cさんはたまたま知人の紹介で知り合ったDさんとお付き合いをすることになりましたが、あまりの束縛に辟易していました。

しかし、Dさんの性格を考えると、別れを切り出しても承諾してくれるとは思えません。

そんなとき、過去にDさんが別れた恋人をストーカーしていた事実を知ります。

怖くなったDさんは、別れさせ屋に穏便に別れられるように依頼をしました。

別れさせ屋はDさんに異性の工作員を派遣します。

難航が予想されたため、Dさんにはさらに同性の工作員も派遣し、親しくなった後に異性の工作員を気になるよう工作を行いました。

また、友人となった同性工作員からの情報を元に、Cさんには、Dさんが好まない生活態度をさりげなくするように指導しました。

工作のおかげもあり、Dさんは工作員に夢中になったため、Cさんはタイミングを見計らい、もめることなくうまく別れることができました。


  • 0

別れさせ屋と探偵はどこが違うの?

Category : tantei

・専門分野が異なる

最近では探偵事務所でも別れさせ業務を行っているところがあります。

そのせいか、探偵と別れさせ屋って何が違うのと思っている方もいらっしゃるでしょう。

探偵とは主に依頼されて相手を尾行などして情報を確保してくるのが主な仕事になります。

浮気調査もこの一環ですね。

浮気している証拠は押さえますが、ターゲットをどうこうしようとすることはせずに、情報だけ持ち帰ります。

一方、別れさせ屋はさらに一歩進んで、交際関係にある二人の関係を破綻させるまでが業務です。

直接ターゲットに工作をしているのですから、探偵業よりも別れさせ屋のほうがグレー部分も大きいといえるでしょう。

もちろん別れさせ屋も法律を故意に破ることはしませんが、婚姻関係にある場合などは、法律で守られている関係の二人を破綻させるため、法律家によっては違法行為をしていると判断している方もいます。

・探偵では別れさせることは不可能?

探偵が行う調査だけでは、関係を止めさせることは不可能です。

たとえば、夫の浮気の証拠を押さえることができたとしても、その証拠は離婚するときには優位に働きますが、婚姻関係を継続したいときには必ずしもうまく働きません。

浮気の証拠を突きつけられても、観念して妻の元へ戻る男性ばかりではないからです。

もしどうしても別れさせたいのであれば、やはり専門的な工作をしてくれる別れさせ屋に勝るものはありません。

相手に存在を悟らせないほど工作がうまい別れさせ屋なら、あなたが依頼したということを悟られる心配もありませんから、逆に訴えられたらどうしようなんて不安になる必要もありませんよ。

つまり、別れさせ屋はギリギリの工作をするため、選ぶときには慎重になる必要があるということでもあります。

有名な探偵事務所だとしても、別れさせ工作が得意であるかどうかはわかりません。

人を調査する術には優れていても、実際に会って人心を操る術にはまた違ったテクニックが必要だからです。

別れさせ屋と探偵は別物と考えて、依頼する事務所選びの参考にしてください。


  • 0

別れさせ屋にプロってあるの?

Category : pro

・資格制ではないのでプロと呼べるものはないけれど

別れさせ屋を開業する場合、必要な資格はありません。

つまり、あなたでも明日から別れさせ屋を名乗ることは可能なのです。

近年では需要の急増もあり、たいした知識も経験もない人間が別れさせ屋を名乗るケースも出てきました。

しかし、もちろんプロと言っていいほど優れた能力のある別れさせ屋も少なくありません。

大切なのは依頼主がきちんとそれを見分けることです。

どんな理由で誰に別れさせ屋を利用するかは人それぞれですが、できれば利用していることを誰にも知られたくないですよね。

ところが質の悪い別れさせ屋を雇ってしまうと、ターゲットや周囲に別れさせ屋に依頼したことが露見してしまうことがあります。

そうなってはあなたの面子が潰れるのは避けられません。

自分を守るためにも、ぜひ別れさせ屋選びには慎重になってください。

・プロ意識の高い別れさせ屋を見つけるには

優良な別れさせ屋を見つけるためには、あまり怪しげなところに依頼しないことです。

たしかに別れさせ工作はあまり人に胸を張って言えるものではありません。

しかし、だからといって人目を避けるような場所にあり、顧客にも情報がよく伝わらないような別れさせ屋は信用できません。

ホームページも、店の名前、住所、代表者はわかりやすく表示されているところのほうが安全です。

できれば契約するまでに最低でも一度は実際に対面で話をして、事務所やスタッフの雰囲気をチェックしてみてください。

あなたを安心させることもできないような人間が、うまく別れさせ工作をすることができると思いますか。

もちろん成功率や実績件数、口コミなども別れさせ屋を選ぶ基準には役立ちますが、それらは故意に内容をいじることが可能です。

最終的には、あなた自身の目で重要な案件を任せられる相手かどうか見極めてください。

質問に自信を持って正確な情報を返してくれるか、事務所やスタッフに清潔感があるか、強引に契約を勧めてこないかなどを見ていると見極めやすいですよ。


  • 0

別れさせ屋に依頼する流れ

Category : irai

・契約するまでの基本的な流れを理解しよう

1.メールや電話で相談をする

別れさせ屋へ依頼する場合、いきなり契約とはありません。

まずはあなたの状況や希望を聞いてもらい、どのような工作を行うか、費用はどれくらいかかるか決めるからです。

いまは、まずはメールや電話で相談するのが一般的となっています。

別れさせ屋によってはLINEアカウントを持っていて、IDを公開しているため、LINEアプリで相談することも可能なようです。

いきなり電話だと緊張するし、メールだと返信に時間がかかっていやという人はLINEで相談してみるといいでしょう。

2.実際に会って対面相談

次に、直接スタッフと会って相談します。

こちらが事務所に行って相談するパターンと、指定の場所に相談スタッフに来てもらいそこで相談するパターンがあります。

後者は地方などで事務所に行きにくい場合には重宝しますが、別れさせ屋によっては交通費の請求をされることもあります。

おすすめなのは、事務所の様子もチェックできる自分で事務所へ行き相談するやり方のほうです。

3.契約を交わす

料金や支払い方法、工作内容や期間など、すべてに納得ができたら契約書を交わします。

契約書がないところは信用できませんので、契約しないでくださいね。

契約書があると依頼した証拠が残ってしまうと思うかもしれませんが、なければあなたが高額な支払いをしたという証拠もないため、まともな工作を行ってくれなくても訴えることもできません。

迷っていたら、急かさずに契約を待ってくれるところのほうが優良です。

・工作期間を過ぎてしまったら

別れさせ工作は、予定通りのペースで必ず成功するというものではありません。

人間の動きを完全に予測することは不可能なので、思うように成果がでないこともたまにあります。

契約期間が満了しそうになっても成果が出ない場合、このまま期間を延長して工作を継続するか、すっぱり終了するか判断を迫られます。

もちろんあと少し期間を伸ばせば成功するというケースもありますし、伸ばしても無駄に終わるケースもあります。

継続してきっちり結果を出したいと願うのはわかりますが、別れさせ屋の費用は決して安いものではありません。

気がついたら多額の借金をしていたなんてことにならないためにも、依頼するはじめから、継続しても出せるのはいくらまで、と決めておいたほうがいいでしょう。


  • 0

別れさせ屋の成功事例を知りたい

Category : case

・お付き合いしている男性を浮気相手から取り戻したい

Aさんは結婚を視野に入れてBさんとお付き合いをしていました。

ところがそろそろ結婚という話が出てきた頃、急に彼の態度がおかしくなったのです。

女性の感でピンと来ましたが、うまく隠しているため浮気をしている決定的な証拠は見つかりませんでした。

でも、このまま放置していたら絶対に結婚まで怪しくなると感じたAさんは、別れさせ屋に依頼。

調査の結果、やはりBさんは他の女性と浮気をしていました。

浮気相手に男性工作員を送り込み、誘惑を開始。

Bさんにも同性の工作員を送り込み、親しくなってからなぜ浮気をしているのか聞くことに成功しました。

浮気の原因は、結婚により家庭に縛られる不安からと判明しました。

工作員により、誰でも不安になるけれど、お付き合いしている女性は素晴らしい人のようなので浮気を止めるよう説得。

その頃、浮気相手に送った工作員は付き合うことに成功したため、Bさんはふられることとなり、Aさんの元へ無事に戻ることができました。

この事例からわかるように、別れさせ工作はハニートラップを仕掛けるだけではありません。

ときにはいろいろな役で何人も工作員を派遣することがあります。

・ストーカーになりそうな彼女とうまく別れたい

Cさんはたまたま知人の紹介で知り合ったDさんとお付き合いをすることになりましたが、あまりの束縛に辟易していました。

しかし、Dさんの性格を考えると、別れを切り出しても承諾してくれるとは思えません。

そんなとき、過去にDさんが別れた恋人をストーカーしていた事実を知ります。

怖くなったDさんは、別れさせ屋に穏便に別れられるように依頼をしました。

別れさせ屋はDさんに異性の工作員を派遣します。

難航が予想されたため、Dさんにはさらに同性の工作員も派遣し、親しくなった後に異性の工作員を気になるよう工作を行いました。

また、友人となった同性工作員からの情報を元に、Cさんには、Dさんが好まない生活態度をさりげなくするように指導しました。

工作のおかげもあり、Dさんは工作員に夢中になったため、Cさんはタイミングを見計らい、もめることなくうまく別れることができました。


  • 0

別れさせ屋と探偵はどこが違うの?

Category : tantei

・専門分野が異なる

最近では探偵事務所でも別れさせ業務を行っているところがあります。

そのせいか、探偵と別れさせ屋って何が違うのと思っている方もいらっしゃるでしょう。

探偵とは主に依頼されて相手を尾行などして情報を確保してくるのが主な仕事になります。

浮気調査もこの一環ですね。

浮気している証拠は押さえますが、ターゲットをどうこうしようとすることはせずに、情報だけ持ち帰ります。

一方、別れさせ屋はさらに一歩進んで、交際関係にある二人の関係を破綻させるまでが業務です。

直接ターゲットに工作をしているのですから、探偵業よりも別れさせ屋のほうがグレー部分も大きいといえるでしょう。

もちろん別れさせ屋も法律を故意に破ることはしませんが、婚姻関係にある場合などは、法律で守られている関係の二人を破綻させるため、法律家によっては違法行為をしていると判断している方もいます。

・探偵では別れさせることは不可能?

探偵が行う調査だけでは、関係を止めさせることは不可能です。

たとえば、夫の浮気の証拠を押さえることができたとしても、その証拠は離婚するときには優位に働きますが、婚姻関係を継続したいときには必ずしもうまく働きません。

浮気の証拠を突きつけられても、観念して妻の元へ戻る男性ばかりではないからです。

もしどうしても別れさせたいのであれば、やはり専門的な工作をしてくれる別れさせ屋に勝るものはありません。

相手に存在を悟らせないほど工作がうまい別れさせ屋なら、あなたが依頼したということを悟られる心配もありませんから、逆に訴えられたらどうしようなんて不安になる必要もありませんよ。

つまり、別れさせ屋はギリギリの工作をするため、選ぶときには慎重になる必要があるということでもあります。

有名な探偵事務所だとしても、別れさせ工作が得意であるかどうかはわかりません。

人を調査する術には優れていても、実際に会って人心を操る術にはまた違ったテクニックが必要だからです。

別れさせ屋と探偵は別物と考えて、依頼する事務所選びの参考にしてください。


  • 0

別れさせ屋にプロってあるの?

Category : pro

・資格制ではないのでプロと呼べるものはないけれど

別れさせ屋を開業する場合、必要な資格はありません。

つまり、あなたでも明日から別れさせ屋を名乗ることは可能なのです。

近年では需要の急増もあり、たいした知識も経験もない人間が別れさせ屋を名乗るケースも出てきました。

しかし、もちろんプロと言っていいほど優れた能力のある別れさせ屋も少なくありません。

大切なのは依頼主がきちんとそれを見分けることです。

どんな理由で誰に別れさせ屋を利用するかは人それぞれですが、できれば利用していることを誰にも知られたくないですよね。

ところが質の悪い別れさせ屋を雇ってしまうと、ターゲットや周囲に別れさせ屋に依頼したことが露見してしまうことがあります。

そうなってはあなたの面子が潰れるのは避けられません。

自分を守るためにも、ぜひ別れさせ屋選びには慎重になってください。

・プロ意識の高い別れさせ屋を見つけるには

優良な別れさせ屋を見つけるためには、あまり怪しげなところに依頼しないことです。

たしかに別れさせ工作はあまり人に胸を張って言えるものではありません。

しかし、だからといって人目を避けるような場所にあり、顧客にも情報がよく伝わらないような別れさせ屋は信用できません。

ホームページも、店の名前、住所、代表者はわかりやすく表示されているところのほうが安全です。

できれば契約するまでに最低でも一度は実際に対面で話をして、事務所やスタッフの雰囲気をチェックしてみてください。

あなたを安心させることもできないような人間が、うまく別れさせ工作をすることができると思いますか。

もちろん成功率や実績件数、口コミなども別れさせ屋を選ぶ基準には役立ちますが、それらは故意に内容をいじることが可能です。

最終的には、あなた自身の目で重要な案件を任せられる相手かどうか見極めてください。

質問に自信を持って正確な情報を返してくれるか、事務所やスタッフに清潔感があるか、強引に契約を勧めてこないかなどを見ていると見極めやすいですよ。


  • 0

別れさせ屋へ依頼するときの流れ

Category : irai

●いきなり契約するのではなく、依頼の流れを確認

別れさせ屋は数多く存在しますが、玉石混合できちんと自分と合うところへ依頼をしなくてはいけません。
まずは、別れさせ屋の対応を見るためにも、メール相談や電話相談をしてみましょう。
一般的な別れさせ屋なら、どちらも無料で何度でも利用することができます。
無料だから手を抜くようなところや、迷惑そうなところはふるい落としましょう。
次に、実際に事務所へ行って対面で相談やカウンセリングを受けます。
対面相談やカウンセリングも無料であるところがほとんどです。
対応してくれたスタッフの様子や人柄だけでなく、事務所の様子までチェックしましょう。
遠慮せずに疑問や相談をして、きちんと答えを返してくれるかどうかも観察します。
別れさせ屋としての知識が少なくて、曖昧な返事で言葉を濁すようなところは信用できません。
成功実績や違法なことはしないかなど、なかなか相手が答えにくい質問もしてみるべきです。
正直に隠さず本当のことを教えてくれる別れさせ屋なら安心できます。
比べるために複数の別れさせ屋に相談をするのもいいですよ。
安心できる別れさせ屋を見つけることができたら、契約して依頼は終了です。
契約書がないところや、文面がおかしいところは信用なりませんので、最後まで冷静にチェックしてくださいね。

●依頼する前にしておくべきことは

別れさせ工作は、あなたの状況やターゲットの趣向などにより大きく内容が変化します。
依頼前の相談でも、さまざまなことを聞かれるでしょう。
いきなり複雑なことを説明しようとしても、人間はなかなかうまくできません。
そこで、依頼する前に、まずは自分の希望や現在の状況など、別れさせるため必要になるであろう情報をまとめておいてください。
紙に書いて記録しておくのも有効です。
いくつもあると忘れてしまいがちなので、別れさせ屋側にしたい質問もまとめておくと便利ですよ。
ただしどこから情報が漏れるかわからないので、紙に書いたメモやノートの管理にはくれぐれも注意してくださいね。


  • 0

別れさせ屋に依頼したことで幸せになった事例

Category : case

●束縛が強すぎる彼氏からうまく別れられた

Aさんは一年前から束縛が強い彼氏と付き合っていました。
男性とは目も合わすな、スマホの電話帳から男性のものは消せなど、早くからおかしいと思う行動をされていましたが、別れたいといってもすんなりいくとは思えず、仮に別れられても相手がストーカー化するのではないかと悩んで別れさせ屋に依頼してこられました。
別れさせ屋は恋人の好みのタイプを聞き出し、普段はどんな行動をするようにAさんに言っていたかなども細かにデータをまとめました。
それを元にした理想女性を演じる工作員をAさんの恋人の元へ派遣し、誘惑しつつ、恋人関係まで後一歩というところまで持っていきました。
付き合いたいと言い出したAさんの恋人に、「いまの彼女と別れてくれたら付き合う」との条件を出しました。
恋人のほうからAさんに別れるように言ってきたので、無事依頼は成功となりました。
しばらく付き合ったような工作をして、Aさんが引越しをしてから、工作員は連絡を絶って工作は終了です。
この事例のように、付き合っている相手に問題があり、うまく別れられないという場合は別れさせ屋に依頼するのがおすすめです。
ストーカーになりそうな相手や、暴力を振るってきそうな相手には理屈は効きません。
自分だけで何とかしようとすると状況が悪化するのでプロの手に頼ってください。

●合わない相手と離婚したい

Bさんは結婚生活を後悔していました。
付き合っているときには楽しかったのですが、結婚してみたら妻と細かい価値観がまったく噛み合わなかったのです。
すでに夫婦の関係は冷え込んでいましたが、専業主婦の妻は絶対に別れないと言います。
そこで、穏便に別れてくれるように、Bさんは別れさせ屋に依頼をしました。
Bさんに妻の好みや普段の行動パターンを聞き出し、データをまとめた結果、今回はいつも通っているスポーツジムに男性工作員を派遣することにしました。
何度か通って顔見知りとなり、やがてジムの帰りにご飯デートをするまでに発展。
Bさんよりも給与が高い大手サラリーマンだと自己紹介をして、デートではすべてのお会計を工作員が支払います。
妻から旦那の愚痴を聞きながら工作員は「そんな旦那なら別れちゃえよ」とアドバイスをしました。
「自分ならそんな思いはさせない」など口説き落として、旦那と別れを決断させました。
この事例のように婚姻関係がある相手に別れさせ屋を使うことは違法ではありません。
すでに愛情はなくても打算で結婚を継続したいという人は多いので、離婚が難しそうなら別れさせ屋がおすすめです。