内容に合わせた工作計画……別れさせ屋の判断事例

  • 0

内容に合わせた工作計画……別れさせ屋の判断事例

Category : case

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 内容に合わせた工作計画……別れさせ屋の判断事例
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
内容に合わせた工作計画……別れさせ屋の判断事例別れさせ屋 椿

「出会い」の数だけ「別れ」があります。同じ出会いが無いように、同じ別れもありません。よく恋人や夫婦が別れた原因として挙げられるものの一つ、「価値観の違い」も言葉にすると同じですが、その問題が持つ個性は同じではありません。「別れさせ屋」に来る依頼内容も、一つとして同じものはありません。一見、同じような案件でも、依頼者や対象者などの性格や趣味、周辺状況などの違いにより、別れさせる工作も内容や方法は全く異なります。 夫が浮気している……。「夫が浮気している、別れさせてほしい」という案件は珍しくありません。別れさせる工作として、浮気相手に男性工作員を接触させ、夫への気持ちを無くさせるというのはイメージがつくと思います。しかし調査の結果、浮気相手の性格上、その工作が難しいと判断した場合は、別の工作方法をとらないとなりません。例えば、夫に女性工作員を接触させることもあります。

友人関係を築かせて、妻への不満などを聞き出します。その聞き出した内容を依頼者である妻にフィードバックし、夫の不満を解消することを目指していきます。その結果、浮気問題が解消する。そういうケースもあるのです。 同じ工作はない対象者に異性の工作員を接触させる工作も、その対象者の性格や立場、交友関係、性癖などによっても、その別れさせる工作のシナリオに同じものはありません。また、異性の工作員を使うだけが、別れさせ屋の工作でもありません。対象者の友人や両親に接触し、第三者の説得で別れさせたり、対象者の2人にカップル工作員を接触させて、別れさせるように導いたりと、例を挙げればきりがありません。これらの工作の手段は、あくまでも依頼者の依頼を成功させる「手段」の一つに過ぎません。 事例はあくまで事例別れさせ屋の対象は「人」です。この世界に同じ人はいません。「別れさせ屋」で話されている事例は、あくまでもケースの一つです。自分と似たような状況なので、この工作を行えば良いかといえば、そうではありません。別れさせ屋では、依頼者への丁寧なヒアリングを行い、対象者などの行動や交友関係、社会的立場、趣味、性癖などを丁寧に調査分析し、その依頼にあった最良のシナリオを元に、別れさせ工作を行っているのです。