別れさせ屋にとってイレギュラーな事例

  • 0

別れさせ屋にとってイレギュラーな事例

Category : case

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋にとってイレギュラーな事例
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋にとってイレギュラーな事例別れさせ屋 椿

別れさせ屋に依頼した場合、プロの別れさせ屋はミッション成功のためにありとあらゆる方策を練っていきます。プロによる入念な下調べ、調査、アクション、接近、交渉など、もてる技術のすべてを使用してターゲットを手中におさめていくのです。そこまでプロであるならば、100パーセントの確率でミッションを成功させているのではないか、と思われる人もいるかと思いますが、決してそういうわけではありません。状況は刻一刻と動いていき、シナリオも最初に決めた通りにはすすんでいかないものです。また、様々な理由で途中で計画を断念せざるを得ないこともあるのです。計画を途中で断念するとは、いったいどのような状況なのでしょうか。工作を途中で断念する場合別れさせ屋に依頼をする、というのはそれでなくても多額な費用がかかるものです。ミッションがはやめに完了すればそれに越したことはありませんが、前述のとおり、状況というのは刻一刻と変化するものであり、シナリオはそのたびに変更することになります。当初よりも計画が長くなることもありますし、かかわる工作員の数が増えることもまれではありません。当然金額も増えていきます。それこそ当初の予定よりも数百万単位で費用が増えてしまうことだってあるのです。結果支払いができなくなり、泣く泣くミッションの遂行をあきらめる人もいますし、逆に、「ここまでやったんだからもう満足」だと考える人もいます。

別れさせ屋への依頼がターゲットにばれてしまうような事例別れさせ屋は曲がりなりにもプロの集団であり、ターゲットに自分たちの素性がばれてしまうようなことはまずありません。もしばれるようなことがあるとしたら、依頼人が別れさせ屋との連絡の電話を聞かれてしまったり、メールを見られてしまったり、契約書や報告書を片付けるのを忘れていて同居のターゲットにばれてしまったりするパターンです。当然ばれてしまった時点で別れさせ屋としてはなすすべはなくなってしまいます。調査の結果ターゲットに幻滅別れさせ屋の調査はターゲットの周辺の聞き込みや普段の様子の調査などを綿密に行います。結果依頼人の知る由もなかったターゲットの別の一面を見たりして、好きという感情がなくなってしまう人もいます。結果別れさせ屋に依頼をする理由がなくなってしまうこともあるのです。これらの事例から見るに、どんな場合でもある程度の距離をもっていた方がいいことが多い、ということかもしれませんね。