過去の事例から見える、別れさせ屋の工作期間

  • 0

過去の事例から見える、別れさせ屋の工作期間

Category : case

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 過去の事例から見える、別れさせ屋の工作期間
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
過去の事例から見える、別れさせ屋の工作期間別れさせ屋 椿

別れさせ屋の工作にはどのくらいの期間がかかるのか 別れさせ屋では、依頼者から相談を受けた後に、別れさせのための工作を行うわけですが、その期間はどのくらいかかるものなのでしょうか。別に早ければ優れているとも限りませんし、遅ければ問題があるというわけでもありません。ですが、その辺りは依頼内容次第で変わる部分でもあります。 例えば、依頼者が別れさせたい相手があと一年以内に結婚を考えているとしましょう。依頼する側からすれば、別れさせ工作に残された時間は最長でもあと一年となるわけです。

そうなれば当然、業者側には「一年以内に依頼を成功させてほしい」という条件がつくわけです。 実際、別れさせ工作にはどのくらいの期間がかかるものなのでしょう。各種事例をもとに、そのあたりを解説したいと思います。 早いに越したことはない ある業者いわく、工作にかかる期間は「平均して2、3カ月程度」だそうです。依頼を受けた後に情報収集し、相手にコンタクトを取り、そこから「相手が別れたいと思う」だけの関係を構築したり、説得したりするのにこの期間ですから、一般的な人間関係から考えればかなり早いと言えます。

例えば、自分が不倫していて、相手に離婚してもらおうと説得を試みたとすれば、こんなに早くは終わらないでしょう。この辺りをこの短期間で終わらせて来る辺り、プロの技を感じさせます。 ただし、別れさせ屋依頼の各種条件の例にもれず、この期間の長短も依頼次第。内容によっては、これより長くなる場合もあれば短くなる場合もあるのは言うまでもありません。ただし、大半の利用者は、工作期間に関しては「早いに越したことはない」という印象を抱いてはいるようです。

ちなみに、費用面に関しては工作期間の長さには必ずしも比例しません。どちらかと言うと、工作対象との接触に使った各種交際費(交通費や飲食、宿泊代など)に比例していると考えた方が妥当なようです。工作期間が長いからと言って、必ずしも費用が高額になるというわけではありませんから、ご安心を。