「別れさせ屋の成功事例と失敗事例」

  • 0

「別れさせ屋の成功事例と失敗事例」

Category : case

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「別れさせ屋の成功事例と失敗事例」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
「別れさせ屋の成功事例と失敗事例」別れさせ屋 椿

別れさせ屋に持ち込まれる依頼は様々です。あらゆる年代の方、それも男女問わず相談に訪れる人がおります。成功することもあれば、当然失敗することもあります。個人情報やプライバシーが関わるため、あまり相談内容は公開されることはありませんが、成功した事例、そして失敗した事例にはどんなものがあるのか見ていきたいと思います。

<情報収集とタイミングが成功のカギ>
別れさせ屋で成功するためには、ターゲットのことをどれだけ調べ上げることができるか、その情報収集能力が鍵を握ります。そして最も大事なのはタイミングです。どの時期に工作を仕掛けるのかで、成功するかどうかはほぼ決まります。ゆえに、調査をしていく段階で、どの時期から工作を開始するのかも見定めなければなりません。成功した事例というのは、やはりタイミングがばっちりでした。ターゲットが、何となく今の交際相手と上手くいっていない、あるいは気持ちが浮ついている時を狙えば、限りなく成功する確率が高くなるのです。よって、別れさせ屋は、最初の情報収集に力を入れます。不十分な情報では、どれだけ精巧な工作を仕掛けても、失敗する可能性があるからです。

<失敗するのは工作がばれた時>
一方で、失敗してしまった事例はどんなものでしょうか。別れさせ屋にとって失敗とは、もちろんターゲットを別れさせられなかった時です。多いのは、工作がターゲットにばれてしまうケースです。とはいえ、相手が探偵社とまではなかなか気付きません。例えば、近付いてきた工作員に不信感を持ったり、怪しんだりした時点で、そこから進展することが限りなく難しくなります。失敗する時というのは、大抵相手に警戒されてしまい、何も進まないうちに終わってしまうことが多くなるのです。相手の勘が鋭い時もあれば、工作員が不用意な言動をして、警戒されてしまうなどがあります。別れさせ屋の工作が上手くいくかどうか、これはターゲット次第であることが良く分かります。例え万全な態勢で工作を仕掛けても、相手の勘が鋭かったり、警戒心が強いとなかなか上手くいきません。逆に相手が鈍い人であれば、簡単に成功することもあるのです。