『別れさせ屋の成否を左右する依頼者の言動事例』

  • 0

『別れさせ屋の成否を左右する依頼者の言動事例』

Category : case

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 『別れさせ屋の成否を左右する依頼者の言動事例』
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
『別れさせ屋の成否を左右する依頼者の言動事例』別れさせ屋 椿

依頼をするなら、信頼出来るプロの別れさせ屋に依頼したいと誰もが思いますよね。
けれども、どんなに優れた別れさせ屋に依頼しても、依頼者が足を引っ張ってしまって失敗に終わってしまうケースも多くあります。別れさせ屋の工作を成功に導くためには、依頼者側の言動を見直すことも大切な要素となります。そこで依頼者のNG言動にはどんなものがあるのか浮気の場合の事例を確認してみることにしましょう。

■ターゲットに警戒心を持たせてしまう

依頼者が行なうNG言動の最たるものは、ターゲットに警戒心を持たせてしまう言動になります。夫や妻、恋人が浮気をしているのではないかと疑って、必要以上に相手を問い詰めてしまったりしては、警戒心を強くさせてしまうことになります。
強い警戒心を持たれてしまっては、ターゲット好みの工作員との出会いを演出しても疑う気持ちが前面に出てしまって失敗に終わってしまうことがあります。
相手に浮気をされて、平常心でいることは難しいとは思いますが、工作を成功させるためには、ターゲットには「気づかれていない」と思い込ませる位が丁度良いのだと思って、ここが我慢のしどころと言い聞かせてみて下さい。

■自分に不利なことを伝えない

依頼者が別れさせ屋に相談に訪れた際に、行ないがちなNG言動として、自分にとって不利なことを伝えないことがあげられます。
100%完璧な人はなかなかいませんので、誰にでも欠点はあるものです。ターゲットが浮気を始めた発端は依頼者の言動にあるケースもあります。
その場合は、仮に別れさせることに成功しても、ターゲットの気持ちが依頼者に戻って来るかどうかは分かりません。それでは、その工作は成功したとは言えないのではないでしょうか?
せっかく時間とお金をかけて業者に依頼するのですから、成功させたいものです。業者サイドがベストを尽くすだけでは足りない点がないかどうか知る上でも、自分にとって不利なことも正直に伝えることは重要なポイントになって来ます。

別れさせ屋の工作の成否を左右する依頼者のNGな言動事例について見て来ましたが、成功率をアップさせるためにも、こうした言動を取らないように注意してみてはいかがでしょうか?