別れさせ屋に依頼したことで幸せになった事例

  • 0

別れさせ屋に依頼したことで幸せになった事例

Category : case

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋に依頼したことで幸せになった事例
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋に依頼したことで幸せになった事例別れさせ屋 椿

●束縛が強すぎる彼氏からうまく別れられた

Aさんは一年前から束縛が強い彼氏と付き合っていました。
男性とは目も合わすな、スマホの電話帳から男性のものは消せなど、早くからおかしいと思う行動をされていましたが、別れたいといってもすんなりいくとは思えず、仮に別れられても相手がストーカー化するのではないかと悩んで別れさせ屋に依頼してこられました。
別れさせ屋は恋人の好みのタイプを聞き出し、普段はどんな行動をするようにAさんに言っていたかなども細かにデータをまとめました。
それを元にした理想女性を演じる工作員をAさんの恋人の元へ派遣し、誘惑しつつ、恋人関係まで後一歩というところまで持っていきました。
付き合いたいと言い出したAさんの恋人に、「いまの彼女と別れてくれたら付き合う」との条件を出しました。
恋人のほうからAさんに別れるように言ってきたので、無事依頼は成功となりました。
しばらく付き合ったような工作をして、Aさんが引越しをしてから、工作員は連絡を絶って工作は終了です。
この事例のように、付き合っている相手に問題があり、うまく別れられないという場合は別れさせ屋に依頼するのがおすすめです。
ストーカーになりそうな相手や、暴力を振るってきそうな相手には理屈は効きません。
自分だけで何とかしようとすると状況が悪化するのでプロの手に頼ってください。

●合わない相手と離婚したい

Bさんは結婚生活を後悔していました。
付き合っているときには楽しかったのですが、結婚してみたら妻と細かい価値観がまったく噛み合わなかったのです。
すでに夫婦の関係は冷え込んでいましたが、専業主婦の妻は絶対に別れないと言います。
そこで、穏便に別れてくれるように、Bさんは別れさせ屋に依頼をしました。
Bさんに妻の好みや普段の行動パターンを聞き出し、データをまとめた結果、今回はいつも通っているスポーツジムに男性工作員を派遣することにしました。
何度か通って顔見知りとなり、やがてジムの帰りにご飯デートをするまでに発展。
Bさんよりも給与が高い大手サラリーマンだと自己紹介をして、デートではすべてのお会計を工作員が支払います。
妻から旦那の愚痴を聞きながら工作員は「そんな旦那なら別れちゃえよ」とアドバイスをしました。
「自分ならそんな思いはさせない」など口説き落として、旦那と別れを決断させました。
この事例のように婚姻関係がある相手に別れさせ屋を使うことは違法ではありません。
すでに愛情はなくても打算で結婚を継続したいという人は多いので、離婚が難しそうなら別れさせ屋がおすすめです。