離婚してでも不倫する人はいる?

  • 0

離婚してでも不倫する人はいる?

Category : case

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 離婚してでも不倫する人はいる?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
離婚してでも不倫する人はいる?別れさせ屋 椿

■夫は離婚したがらない

日本でよく見られる不倫は既婚男性と未婚女性との不倫です。未婚女性は既婚男性が妻と別れてくれることを期待しながら関係を維持しますが、既婚男性には妻と別れる気はないことが多いです。
なぜ離婚をしてでも不倫をする人が少ないのでしょうか。そもそも、男性は妻と離婚することを妻ほど望まない傾向にあります。ある調査によると妻からの離婚申立件数に比べ、男性の離婚申立件数はその半分だったそうです。
離婚を望んでいる妻よりも離婚を望んでいる男性の数が少ないということになります。
ですから、男性はもし妻に不倫がバレてしまっても妻との関係を維持したがる傾向にあります。 もっと言えば離婚せずに不倫を続けてしまう男性が多いのです。
既婚男性が離婚したとしても慰謝料や養育費を支払わなければなりませんので、経済的にも不利な立場に立たされます。そうした事情があって未婚女性と既婚男性との不倫は未婚女性が不利な状況に立たされがちです。
ただし、もし不倫関係が発覚せず、既婚男性が妻に別の理由で離婚申し立てすることがあれば幾分かは有利な立場に立てるかもしれません。

■男性が離婚を決意する理由は?

男性はあまり離婚を申し立てしない傾向にはありますが、それでも離婚を申し立てする理由があります 。理由を見てみましょう。
夫が離婚を決意した理由として多いのは性格の不一致です。性格の不一致を理由にした離婚申し立ては女性にも多いのですが、男性が離婚を決意する理由でも最も多いものとなっています。妻と性格が合わないと感じた男性が離婚申し立てすることが多いのです。
次に多いのは異性関係です。妻が浮気をしていたことで離婚を決意する男性もいます。妻があまりにも浪費をするような性格だと離婚を申し立てされますし、身体的暴力の DV、 暴言を吐くなど精神的 DV を理由に離婚する人もいます。
男性が離婚を決意する理由として女性にないものは、同居しないことです。結婚をしているのに妻が夫と同居せず、実家にいるようだと離婚を申し立てられることがあります。
夫は妻よりも家同士のつながりを重視する向きが見られますから、どちらかの実家との折り合いがつかないようでも離婚しようと決意する人がいます。
男性はこういった理由で離婚を決意しますので、本当に不倫相手が離婚するかどうか知りたくなったらどうしたことを調べてみるとよいのではないでしょうか。