中には受付できない事例もある

  • 0

中には受付できない事例もある

Category : case

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中には受付できない事例もある
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中には受付できない事例もある別れさせ屋 椿

別れさせ屋は、どんな方でもどんな依頼内容でも受けるように思われますが、中には受付できない事例もあります。いくら高額な依頼料をいただくといっても、最初から無理だと思われるような内容や法に触れてしまうような行為が伴うものは、最初の段階でNGとしているのです。一体どんなケースがあるのか見ていきましょう。

まずは、慰謝料がほしいから夫に浮気の事実を作ってほしいというものです。奥さまが、最初から離婚を目的としているが、ただ別れるだけの理由が無いことがあります。そういった場合、無理やり浮気をさせて離婚し、慰謝料を取りたいと考える人がいるのです。あくまでも目的は別れさせる目的なので、慰謝料を取ることを目的として依頼を受けることはできません。

お金が絡んでしまうと、もし工作がバレたときに、法廷で争うようなことにも繋がりますので、リスクが高すぎるのです。次に、浮気を知らせる行為です。特に浮気相手の方からの依頼で多いのですが、自分が結婚している人と不倫関係にあり、その人を別れさせたいので、不倫関係をその人の結婚相手に知らせてほしいというものです。

いきなり匿名でそういった写真や手紙を送ると不自然にもなりますし、少し間違えば脅迫行為になります。もし警察沙汰になったら、いくら民事不介入とはいえ、別れさせ屋も依頼人にもデメリットが大きすぎます。あくまでも、自然に別れるように工作することを目的としており、強引な手法で無理やり別れさせる手段の片棒を担ぐことはしておりません。

また、匿名の架空人物に成りすましたり、役者になってターゲットに近づくということも、場合によっては受付できない事があります。やはり相手に怪しいと思われたらそこで終わってしまうので、いかに自然に工作ができるかどうかを重要視するのです。

既婚者、未婚者、浮気相手、家族の方など、様々な方から依頼を受けており、一見厳しそうな依頼内容でも受付するのが別れさせ屋です。とはいえ、中には今回紹介したような、どうしても断ってしまう事例もあります。まずは、相談してみることが一番です。