Category Archives: case

  • 0

離婚してでも不倫する人はいる?

Category : case

■夫は離婚したがらない

日本でよく見られる不倫は既婚男性と未婚女性との不倫です。未婚女性は既婚男性が妻と別れてくれることを期待しながら関係を維持しますが、既婚男性には妻と別れる気はないことが多いです。
なぜ離婚をしてでも不倫をする人が少ないのでしょうか。そもそも、男性は妻と離婚することを妻ほど望まない傾向にあります。ある調査によると妻からの離婚申立件数に比べ、男性の離婚申立件数はその半分だったそうです。
離婚を望んでいる妻よりも離婚を望んでいる男性の数が少ないということになります。
ですから、男性はもし妻に不倫がバレてしまっても妻との関係を維持したがる傾向にあります。 もっと言えば離婚せずに不倫を続けてしまう男性が多いのです。
既婚男性が離婚したとしても慰謝料や養育費を支払わなければなりませんので、経済的にも不利な立場に立たされます。そうした事情があって未婚女性と既婚男性との不倫は未婚女性が不利な状況に立たされがちです。
ただし、もし不倫関係が発覚せず、既婚男性が妻に別の理由で離婚申し立てすることがあれば幾分かは有利な立場に立てるかもしれません。

■男性が離婚を決意する理由は?

男性はあまり離婚を申し立てしない傾向にはありますが、それでも離婚を申し立てする理由があります 。理由を見てみましょう。
夫が離婚を決意した理由として多いのは性格の不一致です。性格の不一致を理由にした離婚申し立ては女性にも多いのですが、男性が離婚を決意する理由でも最も多いものとなっています。妻と性格が合わないと感じた男性が離婚申し立てすることが多いのです。
次に多いのは異性関係です。妻が浮気をしていたことで離婚を決意する男性もいます。妻があまりにも浪費をするような性格だと離婚を申し立てされますし、身体的暴力の DV、 暴言を吐くなど精神的 DV を理由に離婚する人もいます。
男性が離婚を決意する理由として女性にないものは、同居しないことです。結婚をしているのに妻が夫と同居せず、実家にいるようだと離婚を申し立てられることがあります。
夫は妻よりも家同士のつながりを重視する向きが見られますから、どちらかの実家との折り合いがつかないようでも離婚しようと決意する人がいます。
男性はこういった理由で離婚を決意しますので、本当に不倫相手が離婚するかどうか知りたくなったらどうしたことを調べてみるとよいのではないでしょうか。


  • 0

不倫の悩み相談は電話でしましょう

Category : case

■不倫を放置するとデメリットがあります

もしあなたの配偶者が不倫をしていたらどうしますか? 明らかにほかの相手と関係があるような証拠を見つけても、まさか自分の配偶者が……と思って、信じられないような気持ちになる人も多いかと思います。
それに相手が不倫をしていることを問い詰めるとそれまでの関係ではいられなくなります。相手が認めてくれればよいのですが、巧妙に嘘をついて言い逃れをすることもあるのです。
不倫問題に向き合うと解決しなければならないトラブルが増えます。離婚することまで考えると大変な手間がかかるため、配偶者が不倫をしていても放置するという人が少なくありません。
自分さえ我慢すれば取りあえず今の生活を続けられると思ったり、不倫問題を明らかにして自分の子供を傷つけたくないと思う人もいるのです。
しかし不倫を放置すると相手が図に乗ってしまいます。不倫をしていることがバレていないと確信し、堂々と不倫をするようになります。
場合によっては配偶者の方から不倫していることを隠したまま離婚を切り出されたりもします。不倫の証拠などを集めていないと不倫された側が窮地に立たされますので、配偶者の不倫は放置しないことが大切です。

■場所を選ばないところが〇

配偶者が不倫をしていたとわかったら、専門家に電話相談をしてみるのがよいでしょう。不倫なら法律に詳しい弁護士に相談すれば法的なアドバイスがもらえます。
実際に法的な手続きを取ってもらうとそれなりの費用がかかりますが、電話相談だけならそれほどお金がかかりません。
さらに、電話相談なら直接オフィスに赴かなくても都合のよいときにできます。配偶者に隠しておきたいことがあるときに外出の理由を聞かれると答えにくいものですが、自宅や出先などで電話をすれば配偶者に悟られることがありません。
もし専門家にアドバイスを受けていることが相手にわかってしまったら、バレないように警戒して不倫をするようになるでしょう。そうなると不倫の証拠を集めるのが難しくなりますから場所を選ばずに専門家に相談できる電話相談が適しています。
もしあなたが不倫をしている場合、相手を妊娠させてしまうなど法的なトラブルに見舞われる可能性があります。そうした際も専門家に電話相談すると助けになりますよ。


  • 0

「別れさせ屋とトラブルにならないようにするには」

Category : case

別れさせ屋は、法律や倫理的にグレーなことも少なくなく、場合によってはトラブルに発展することもゼロではないようです。実際に依頼をした人、相談した人の中には、トラブルに巻き込まれてやっかいなことになった、という声もあります。どんなトラブルが多いのか、そうならないためにはどうすればよいのか、説明します。

<契約に関するトラブル>

一例として、契約に関するトラブルがあるようです。無料相談と謳っている企業に対し、相談に乗ってもらいます。何社か相談に乗ってもらい、その内の一社と契約したのですが、契約しなかった会社から相談料をよこせとしつこく迫られるケースがあったようです。相談した段階では、契約はもちろん交わしておらず、無料相談と謳っているため、支払う必要はありません。でも、しつこく電話をしてきたり、職場にも連絡するなど、嫌がらせがエスカレートし、支払って終わりにしようかと考えてしまう人がいます。契約したしないといったことや、契約内容以外の費用を請求される場合は、速やかに弁護士に相談するようにしましょう。警察は、基本的に民事不介入であり、事件性がないとなかなか動いてはくれません。弁護士に相談し、嫌がらせをやめるように通告してもらうのが最も効果的です。
他にも、同意していないのに勝手に契約を結ばれていた、契約書に記載のない費用を請求された、などのトラブルがあります。契約に関するトラブルが発生した場合、弁護士など法律の専門家に相談するのがベストです。

<工作員とのトラブル>

もう一つのケースとしては、工作員とのトラブルです。工作員が本当にターゲットのことを好きになってしまい勝手な行動を取られた。工作員が失敗して、別れさせ屋に依頼したことがバレてしまった、などです。工作員の仕事は非常に難しく、それなりに演技力や心理学に長けている人物でなければ成功できません。しかし、中には品質の悪い業者がいます。素人に工作員をやらせてしまい、上記のようなトラブルに発展することは珍しくないのです。
トラブルに巻き込まれないようにするためには、実績があり、別れさせ屋として長年活動している企業に相談するのが一番です。


  • 0

別れさせ屋を利用する率が高い東京

Category : case

人口密度が高い分だけ別れさせ屋を希望する人も多い

パートナーとの関係がうまくいっていない場合、友人や家族に相談する人も多いと思われます。しかし、近くに信頼できる人がいない場合、一人で悩みを抱え込まなくてはならないため、うまく問題を解消できないこともあるでしょう。
東京は日本で一番の人口数を誇りますが、それだけ地方から多くの人が状況して暮らしているため、心の底から信頼できる相手がいないのも現状です。
パートナーの浮気や不倫に悩んでいても、誰にも相談することができず、悩みを解決するために別れさせ屋へ相談にくる人は後を絶ちません。
パートナーの浮気や不倫はもちろん、付き合っている恋人と別れたくても別れられない場合や、別れた相手との復縁を望む人からの相談も多いようです。

東京で別れさせ屋を利用するケースとは

東京で別れさせ屋に依頼する人の多くは、やはりパートナーの浮気に悩んでいる人のようです。恋人が浮気をしている場合や、配偶者が不倫をして戻ってこなくなるなど、浮気や不倫による問題を解消するために利用する人が東京でも多いようです。
また、現在付き合いっている相手と円満に別れるために、別れさせ屋を利用する人もいるようです。DVを受けていたり、パートナーがストーカー気質の強い相手だった場合、別れたあとにどのような嫌がらせをされるか不安に感じ、別れさせ屋を利用して円満な別れ方を望む人も少なくありません。
実際に東京では別れ話のもつれから、家族や友人を巻き込んだ事件にまで発展していることもありますので、しつこい相手と別れる場合は別れさせ屋を活用したほうが賢明といえるでしょう。

東京だと別れさせ屋の費用も高くなる?

東京は地方より地価も高いため、別れさせ屋の費用も高額になるのでは?と不安に感じている人もいることでしょう。
別れさせ屋は大規模の会社から小規模の会社までさまざまですので、会社ごとで価格は異なります。しかし、全国展開している別れさせ屋の場合、料金が一律になっていることが多いため、東京だからといって費用が膨れ上がることは少ないようです。


  • 0

別れさせ屋で失敗する事例

Category : case

・調査の段階で失敗するケース

初回からターゲットに怪しまれてしまい、張り込みやターゲットとの接触に失敗してしまうケースは少なくないでしょう。

これは、尾行技術のレベルが低い業者があるという事実が残念ながらあるようです。

張り込みや尾行はターゲットだけに警戒されなければ大丈夫というわけではなく、近隣の住民や周囲の目を気にする必要があります。

こういった失敗は調査員が複数人必要な場面で無理に一人で調査をしている業者や、そもそも業者やスタッフの経験が乏しいことが原因で起こります。

実際にそういった失敗をしてしまう業者が多い事実もあります。

・特定調査で何も成果が得られず失敗に終わるケース

依頼を受けてから何ヶ月経ってもターゲットが特定できず、何の成果もなく契約期間終了という失敗事例も多いようです。

この場合、その業者ではほぼ間違いなく踏査自体をやっていないという可能性が高いため、裏付けとなる写真や画像が殆ど提出されない場合や毎回対象者に動きがない等の簡単な報告だけされる場合は疑ったほうが良いでしょう。

この時、依頼者を責めるような言葉や言い訳(聞いていた情報が全然違ったから難易度が高い、他のスケジュールがあるので特定の日に調査できないから仕方ない等)を言われた場合は、その業者を信頼しないほうがいいでしょう。

・聞いていた工作内容と全く違う工作を実施されて失敗したケース

依頼前に話された工作プランと、実際に行われている工作プランが全く違う安易な方法で進められていたという事例は多くあるようです。

こういった失敗は、工作プランを考える能力はあっても実行する能力がない業者によって引き起こされます。

本気で成功させる気のない安易な工作しか行っていないため、成功させる為の工作プランやノウハウがしっかりしておらず、その結果、事前説明とは違う工作プランを実行して失敗するというケースです。

経過報告でおかしいと思ったら、その場で、聞いていた工作内容と違う理由を問いただすのも良いでしょう。

良く聞く業者側の主張で、通常より警戒心が強かった、過去に依頼者が何かやったのではないか、他人や異性に対して極度に警戒心が強いターゲットだったので仕方ない、自分たちができることはやった、など、言い訳ともあたる主張をされた場合は失敗に終わる可能性が高まりますのでご注意ください。


  • 0

別れさせ屋の成功事例から見る、成功しやすい依頼内容とは

Category : case

別れさせ屋には、さまざまな人から依頼が舞い込んできます。依頼する人も違えば、依頼内容も異なり、何が成功して何が失敗するのかは、実際にやってみなければ分かりません。ただ、過去の成功事例などを見ると、どんな依頼内容だと成功しやすいのか、その傾向は見えてきます。どんな案件が成功しやすいのでしょうか。

・別れたがっている当人からの依頼

今現在付き合っている人、あるいは結婚している人と別れたいと願っているが、相手から許可が出なかったり、言い出せなかったりする人がいます。そのような、実際に別れたいと思っている当人からの依頼であれば、別れさせ工作が上手くいく可能性があります。なぜなら、片方はすでに別れたいと思っているので、あとはそのきっかけや別れるに十分な理由を作り上げるだけでよいからです。例えば、相手側に工作員を仕向け、親密な関係にさせて、デートしている現場の写真を撮る。それを材料に、依頼人はもうあなたとは続けていけない、と言えば別れられる可能性が非常に高いです。相手も、浮わついた気持ちを一時でも持ってしまったことに罪悪感があるため、さすがに拒むことはできないでしょう。

第三者からの依頼によって、あるカップルを別れさせるという案件は、難易度が高いです。なぜなら、両方の気持ちをコントロールしなければならないからです。場合によっては、どちらにも工作員を仕向けなければならないこともあるでしょう。

やはり、どちらかが別れたいと思っているのであれば、成功率は高くなるようです。

・ターゲットが精神的に不安定な状態

ターゲットが、精神的に不安定な状態だと、別れさせ工作は上手くいきやすくなります。まず正常な判断ができないため、自分の身におきていることが工作によるものだと、気づく可能性が低くなります。また、心が不安定なので、工作員によって巧みに心理誘導することができ、別れる方向へと話を持っていきやすいのです。浮気をさせたり、異性と親密な関係にならなくても、会話だけで成功することもあるようです。

精神的に不安定など、どこか隙のある人に対しては、別れさせ工作が成功しやすいようです。


  • 0

別れさせ屋の成功事例を知りたい

Category : case

・お付き合いしている男性を浮気相手から取り戻したい

Aさんは結婚を視野に入れてBさんとお付き合いをしていました。

ところがそろそろ結婚という話が出てきた頃、急に彼の態度がおかしくなったのです。

女性の感でピンと来ましたが、うまく隠しているため浮気をしている決定的な証拠は見つかりませんでした。

でも、このまま放置していたら絶対に結婚まで怪しくなると感じたAさんは、別れさせ屋に依頼。

調査の結果、やはりBさんは他の女性と浮気をしていました。

浮気相手に男性工作員を送り込み、誘惑を開始。

Bさんにも同性の工作員を送り込み、親しくなってからなぜ浮気をしているのか聞くことに成功しました。

浮気の原因は、結婚により家庭に縛られる不安からと判明しました。

工作員により、誰でも不安になるけれど、お付き合いしている女性は素晴らしい人のようなので浮気を止めるよう説得。

その頃、浮気相手に送った工作員は付き合うことに成功したため、Bさんはふられることとなり、Aさんの元へ無事に戻ることができました。

この事例からわかるように、別れさせ工作はハニートラップを仕掛けるだけではありません。

ときにはいろいろな役で何人も工作員を派遣することがあります。

・ストーカーになりそうな彼女とうまく別れたい

Cさんはたまたま知人の紹介で知り合ったDさんとお付き合いをすることになりましたが、あまりの束縛に辟易していました。

しかし、Dさんの性格を考えると、別れを切り出しても承諾してくれるとは思えません。

そんなとき、過去にDさんが別れた恋人をストーカーしていた事実を知ります。

怖くなったDさんは、別れさせ屋に穏便に別れられるように依頼をしました。

別れさせ屋はDさんに異性の工作員を派遣します。

難航が予想されたため、Dさんにはさらに同性の工作員も派遣し、親しくなった後に異性の工作員を気になるよう工作を行いました。

また、友人となった同性工作員からの情報を元に、Cさんには、Dさんが好まない生活態度をさりげなくするように指導しました。

工作のおかげもあり、Dさんは工作員に夢中になったため、Cさんはタイミングを見計らい、もめることなくうまく別れることができました。


  • 0

別れさせ屋の成功事例を知りたい

Category : case

・お付き合いしている男性を浮気相手から取り戻したい

Aさんは結婚を視野に入れてBさんとお付き合いをしていました。

ところがそろそろ結婚という話が出てきた頃、急に彼の態度がおかしくなったのです。

女性の感でピンと来ましたが、うまく隠しているため浮気をしている決定的な証拠は見つかりませんでした。

でも、このまま放置していたら絶対に結婚まで怪しくなると感じたAさんは、別れさせ屋に依頼。

調査の結果、やはりBさんは他の女性と浮気をしていました。

浮気相手に男性工作員を送り込み、誘惑を開始。

Bさんにも同性の工作員を送り込み、親しくなってからなぜ浮気をしているのか聞くことに成功しました。

浮気の原因は、結婚により家庭に縛られる不安からと判明しました。

工作員により、誰でも不安になるけれど、お付き合いしている女性は素晴らしい人のようなので浮気を止めるよう説得。

その頃、浮気相手に送った工作員は付き合うことに成功したため、Bさんはふられることとなり、Aさんの元へ無事に戻ることができました。

この事例からわかるように、別れさせ工作はハニートラップを仕掛けるだけではありません。

ときにはいろいろな役で何人も工作員を派遣することがあります。

・ストーカーになりそうな彼女とうまく別れたい

Cさんはたまたま知人の紹介で知り合ったDさんとお付き合いをすることになりましたが、あまりの束縛に辟易していました。

しかし、Dさんの性格を考えると、別れを切り出しても承諾してくれるとは思えません。

そんなとき、過去にDさんが別れた恋人をストーカーしていた事実を知ります。

怖くなったDさんは、別れさせ屋に穏便に別れられるように依頼をしました。

別れさせ屋はDさんに異性の工作員を派遣します。

難航が予想されたため、Dさんにはさらに同性の工作員も派遣し、親しくなった後に異性の工作員を気になるよう工作を行いました。

また、友人となった同性工作員からの情報を元に、Cさんには、Dさんが好まない生活態度をさりげなくするように指導しました。

工作のおかげもあり、Dさんは工作員に夢中になったため、Cさんはタイミングを見計らい、もめることなくうまく別れることができました。


  • 0

別れさせ屋に依頼したことで幸せになった事例

Category : case

●束縛が強すぎる彼氏からうまく別れられた

Aさんは一年前から束縛が強い彼氏と付き合っていました。
男性とは目も合わすな、スマホの電話帳から男性のものは消せなど、早くからおかしいと思う行動をされていましたが、別れたいといってもすんなりいくとは思えず、仮に別れられても相手がストーカー化するのではないかと悩んで別れさせ屋に依頼してこられました。
別れさせ屋は恋人の好みのタイプを聞き出し、普段はどんな行動をするようにAさんに言っていたかなども細かにデータをまとめました。
それを元にした理想女性を演じる工作員をAさんの恋人の元へ派遣し、誘惑しつつ、恋人関係まで後一歩というところまで持っていきました。
付き合いたいと言い出したAさんの恋人に、「いまの彼女と別れてくれたら付き合う」との条件を出しました。
恋人のほうからAさんに別れるように言ってきたので、無事依頼は成功となりました。
しばらく付き合ったような工作をして、Aさんが引越しをしてから、工作員は連絡を絶って工作は終了です。
この事例のように、付き合っている相手に問題があり、うまく別れられないという場合は別れさせ屋に依頼するのがおすすめです。
ストーカーになりそうな相手や、暴力を振るってきそうな相手には理屈は効きません。
自分だけで何とかしようとすると状況が悪化するのでプロの手に頼ってください。

●合わない相手と離婚したい

Bさんは結婚生活を後悔していました。
付き合っているときには楽しかったのですが、結婚してみたら妻と細かい価値観がまったく噛み合わなかったのです。
すでに夫婦の関係は冷え込んでいましたが、専業主婦の妻は絶対に別れないと言います。
そこで、穏便に別れてくれるように、Bさんは別れさせ屋に依頼をしました。
Bさんに妻の好みや普段の行動パターンを聞き出し、データをまとめた結果、今回はいつも通っているスポーツジムに男性工作員を派遣することにしました。
何度か通って顔見知りとなり、やがてジムの帰りにご飯デートをするまでに発展。
Bさんよりも給与が高い大手サラリーマンだと自己紹介をして、デートではすべてのお会計を工作員が支払います。
妻から旦那の愚痴を聞きながら工作員は「そんな旦那なら別れちゃえよ」とアドバイスをしました。
「自分ならそんな思いはさせない」など口説き落として、旦那と別れを決断させました。
この事例のように婚姻関係がある相手に別れさせ屋を使うことは違法ではありません。
すでに愛情はなくても打算で結婚を継続したいという人は多いので、離婚が難しそうなら別れさせ屋がおすすめです。


  • 0

別れさせ屋の工作の事例

Category : case

別れさせ屋への相談内容は十人十色で、その内容に合わせてシナリオを考えているため、毎回全く同じという工作は存在しないと言われております。
本コラムでは、少し変わった事例をご紹介したいと思います。

●ケース1:悪い女から友達を守りたい
A男さん主催の飲み会で、B子さんと恋人関係に発展したC男さん。しかし、C男さんは妻子持ちの身でした。それを隠して交際を続けていたようです。
A男さんが風の噂に聞いたところ、このB子さんというのは、大企業の妻子持ちのエリートに近づき、「妊娠した」と嘘をついては慰謝料を請求するという手口を何度も行ってきている女性でした。
C男さんのことを心配したA男さんは、事情を話した上で別れることを勧めましたが、B子さんのことを信用しきっているC男さんは聞く耳持たず。
そこでA男さんは別れさせ屋に依頼をしました。
別れさせ屋はB子さんに男性工作員を近づけ、B子さんの悪事の共謀者として親しくなることに成功しました。
そこで、男性工作員とB子さんがC男さんからいかにお金を巻き上げるかを相談しているところに、C男さんと遭遇させ、別れさせることに成功しました。

●ケース2:リベンジポルノとモラハラに耐えられない
A子さんは自分の上司であるB男さんと交際していましたが、徐々にB男さんと別れたいと思うようになり、別れを切り出しました。
すると、B男さんは、これまでに撮影したA子さんの恥ずかしい写真を会社にばらまくと言ったり、遠くの営業所へ飛ばすと言ったり、とんでもない態度に出るようになりました。
そこでA子さんは別れさせ屋に相談しました。
別れさせ屋はB男さんの理想のタイプの女性工作員を近づけ、何度もデートを重ね、B男さんから交際を申し込まれるまでになりました。
女性工作員の付き合う条件として、今の彼女ときれいに別れてくれたら付き合うと伝えたところ、B男さんはA子さんからあっさり手を引き、無事に別れることに成功しました。

●まとめ
これらは別れさせ屋が対応した一部の事例です。
プロの別れさせ屋は、依頼者の相談内容に沿って、最も安全で確実な工作を用います。
恋愛絡みでお困りの方は、一度相談してみて下さい。