Category Archives: case

  • 0

ある別れさせ屋の成功事例をご紹介

Category : case

別れさせ屋工作の成功事例

とある別れさせ屋が請け負った案件での成功事例を一つご紹介します。依頼した方は、三十代後半の女性で、その対象となる方が二十代半ばのアルバイト男性でした。依頼した女性は仕事で成功を収めておりましたので、年下の相手男性よりも収入がかなり多く、またその開きも大きいものでした。付き合い始めたばかりの頃は、男性は給料が少ないながらも真面目に働いていましたが、女性が面倒を見ていくうちに正社員を辞めて、アルバイトの身に、そして女性の家に転がり込んできました。その生活の中で、頻繁に言葉や態度などによるモラハラを受け、その結果、別れたい思いが募り、固まっていったそうです。その後、別れを切り出すと、脅しに近い言い方で手切れ金として高額なお金を要求してきたので、もはやこの男性とは普通に別れることは困難であると察し、その別れさせ屋へと依頼することを決めたのです。

実際の結末

その別れさせ屋と女性との間で協議し、完璧に別れることよりも、一刻も早くその男性との関係を切ることを重視した工作を取ることに決めました。別れさせ屋工作をする上で、しっかりと別れさせることが重要な一方、依頼する方の状況や切迫度、要望によってはそれよりも時間を重視する工作をすることもあるわけで、今回の案件がまさしくそれだったのです。そして、女性工作員を男性に近づけ、関係の構築を図りました。この工作は簡単だったのですが、ここからが問題で、穏便に別れさせるにはどうするかと考えることになりました。ただ、そこで運良く、男性の両親が田舎から出てくる機会が訪れたのです。ここだと別れさせ屋は判断し、女性と男性、そして女性工作員に男性の両親全員で鉢合わせることを画策し、実行に移したのです。そして両親の前で浮気を発覚させ、また両親にこれまでのことを全て話し、この依頼は成功という形で完了したそうです。

おわりに

もちろん、別れさせ屋に依頼しても、このように成功で終わることばかりではありません。ですが、例としてご紹介したような誠意ある別れさせ屋であれば、依頼した方のために、また依頼した方の立場に立ち、成功という目標に向かった工作に邁進してくれるのです。ですから、もし別れさせ屋に依頼をするのであれば、こういう誠心誠意対応してくれる業者の力を借りたいものですね。そうした業者に当たるかは運による部分がありますが、見極めた上で選ぶことは依頼する側にできる部分です。別れさせ屋で話をする時などに、相手の人柄も見ることが何より重要だということですね。


  • 0

別れさせ屋に依頼して成功だった事例を見てみよう

Category : case

不倫相手と別れさせた

30代の女性A子さんは、ある日旦那のスマホを見てしまい、不倫されていることに気がつきました。
悩みましたが子供が二人もいたことから、離婚ではなく再構築を決意。旦那の性格上、証拠をそろえて不倫を責め立てれば、意固地になって夫婦関係がますます冷え込むことが予想できました。
そこでA子さんは別れさせ屋に依頼。調査の結果、職場にバイトで来た20代の女性B子と不倫関係にあることが発覚しました。
B子の好みまで調べ上げ、タイプの容姿をしている20代男性工作員を送り込みました。B子のことについては様々なことが調べられていたため、偶然好みが合うなどの演出をしつつ、徐々に親しい仲に発展させました。
男性工作員はA子さんの旦那よりも高スペックであると経歴を作っていましたし、好みのタイプであるため、B子はやがて工作員にメロメロとなり、旦那をあっさりふります。バイトも止めてしまったようです。
そのタイミングでA子さんにはいつもより身なりに気を使い、旦那に優しく接するよう指示をしました。すると、無事旦那の心はA子さんの元に戻ってきて、いまでも仲睦まじい夫婦関係を継続しています。
B子へ送り込んだ男性工作員は、ころあいを見て消息不明となるようにしました。すくに関係を切ったわけではないので、B子が再びA子さんの旦那の前に現れることはなかったです。

恋人の浮気を止めさせたい

20代男性のCさんは、そろそろ結婚をと意識した女性がいました。
ところが最近仕事が忙しくなかなか会えないと思っていたら、仕事ではなくほかの男性と会っていたことがわかったのです。
彼女のお相手は元彼。学生時代から付き合っていたので、同窓会で会って焼けぼっくいに火がついたようでした。
悩みましたが、浮気されたまま捨てられるように別れるのではなく、心を取り戻してから今後のことを考えたいと別れさせ屋に依頼。
浮気相手の元へは、調査の結果Cさんの彼女よりもさらに好みにマッチングする女性を送り込みました。
すると、浮気相手はすぐさま工作員と親しい仲へ。もともと彼はとても女好きで、前にCさんの彼女と別れたのも複数の女性と浮気をしたせいでした。
しかし、彼はそのまま二股を継続する気のようだったため、頃合を見て工作員と彼が一緒にいるところに彼女がバッティングするよう工作し、他にも女がいるというところを見せ付けました。
彼女はその場で浮気相手と別れます。再び自分が浮気をされてみて、いかにCさんに酷いことをしていたか身に染みたのでしょう。彼女はCさんの元へ戻り、前よりも尽くしてくれるようになりました。


  • 0

『別れさせ工作成功事例』

Category : case

夫や妻と不倫相手を別れさせたい、逆に浮気相手と結婚するために夫や妻と別れたい、交際中の相手と別れたいのに受け入れてもらえない、子どもを交際相手と別れさせたい、などスムーズな別れができない場合には、別れさせ屋に依頼して「別れ」を工作してもらうのも、良い手段かもしれません。
別れさせ屋は、カップルを別れさせるプロです。
どんな事例があるのか、みてみましょう。

■事例①

依頼者 30代男性 対象者 30代女性(社内恋愛の相手)
依頼者の男性と対象者の女性は社内恋愛の関係でしたが、女性の方が強く結婚を迫るようになりました。依頼者はそこまで深く考えてはいなくて、別れが切り出しにくいので、別れさせ屋に依頼しました。
この2人は正式に婚約をしていたわけではなかったので、比較的難易度は低いケースです。対象の女性は、平日は定時退社で週末に習い事をしていたので、その習い事に男性工作員を近づけて、同じ趣味を通じて親しい関係に。そして遊園地デートの写真をSNSにアップして依頼者に発見させる、という手法をとりました。
デート写真は女性にとって不利なものになり、依頼者は別れることに成功しました。

■事例②

依頼者 30代女性 対象者 20代女性(夫の愛人)
依頼者は結婚14年目の夫と中学2年生の男の子がいますが、4年前に夫に20代の愛人ができて離婚を迫られました。夫婦で協議して一人息子が中学を卒業するまではこのままでいようと決め、依頼者は、それまでには夫は愛人と別れているだろうと我慢して生活していました。しかし4年経っても夫と愛人の仲は続いているし、息子の中学卒業も間近になってきたので、夫と愛人を別れさせて欲しいと、別れさせ屋に依頼しました。
まず夫の愛人を特定するために調査・張り込みを開始。8日後に夫が愛人と会っている現場をキャッチして、愛人と勤務先、住所の特定に成功。その後は男性工作員が、愛人の勤務するショップに頻繁に通い親しくなり、彼女の退勤後の立ち寄り先にも偶然を装い会うことができ、連絡先交換にも成功し、周に2度は食事を共にする関係に。ここからは工作員の真骨頂が発揮されます。心理学や人心掌握術を巧みに駆使して、愛人の気持ちを依頼者の夫から離して工作員に傾かせることに成功。愛人は不倫関係を清算する決心をしました。

■事例③

依頼者 40代男性 対象者 30代女性(依頼者の妻)
依頼者は、子どもがいないながらも妻と幸せで平凡な生活を送っていましたが、依頼者に好きな人ができて、妻との離婚を望むようになりました。しかし、妻は良い奥さんで落ち度は全くなく別れる原因もないので、別れさせ屋に依頼しました。
妻に男性工作員を近づけて不貞関係の証拠を作り、それが離婚の原因となるプランを作成しました。妻は自営業ですが、従業員もなく一人でオフィスを構えて仕事をしています。そのオフィスに、男性工作員をアルバイトの形で潜入させることに成功。毎日狭いオフィスで二人だけで仕事をしているうちに、手練手管の男性工作員の術にはまって、さほど時間もかからずに恋愛関係に。
その証拠写真を基に、依頼者は妻と離婚することができました。


  • 0

『別れさせ屋に相談されることが多い事例とは?』

Category : case

自分が抱えている事情、依頼したいと考えている内容が、別れさせ屋へ依頼するのが適当なものかどうかという不安を抱えている方も多いかと思います。別れさせ屋自体広く知られている職業とはまだ言えませんし、存在は知っていてもどのような事案が持ち込まれているのかについて詳しく把握しているという方も少ないでしょう。そこで、別れさせ屋が対応することの多い事例をいくつかご紹介します。

■夫婦を離婚させる事例

様々な理由により、夫婦関係にあるふたりを別れさせたい、つまり離婚させたいという依頼もよくあります。離婚に関する事例では、依頼する方ご本人が現在のパートナーと離婚したいというケースや、既婚者と交際しているため、交際相手と配偶者を別れさせたいというケースなどが多いようです。中には、配偶者との仲が悪化し身動きが取れずにいる娘や息子を助けたいという思いから、ご両親が依頼人となるケースもあります。中には、「好きな人ができたから離婚したいけれど、相手に明確な非がなく離婚しにくいために別れさせ屋に依頼した」という事例もよくあります。結婚関係にあるふたりを人為的に離婚させることに罪悪感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは自分の気持ちに素直になって別れさせ屋に相談してみましょう。

■パートナーの不倫相手・浮気相手と別れさせる事例

現在交際・結婚しているパートナーが不倫や浮気をしている場合でも、家族のことなどを考え元の円満な関係を取り戻したいと考える方は多いです。その場合、交際相手とその不倫相手や浮気相手との関係を終わらせる別れさせ工作を行うことになります。
浮気や不倫の事実を知った時には大きなショックを受けることと思います。ときには事前調査の途中で浮気などを知ることになるケースもあり、お金を払って別れさせ屋に依頼しているのに余計に傷ついてしまったと感じることもあるでしょう。ですが、そういったことをふまえた上で待っていてくれるパートナーの愛情に気付き、交際相手や配偶者の気持ちを上手く取り戻せる事例も多いです。現在パートナーとの関係に悩んでいる方は、ぜひ一度相談してみることをおすすめします。


  • 0

『別れさせ屋の成否を左右する依頼者の言動事例』

Category : case

依頼をするなら、信頼出来るプロの別れさせ屋に依頼したいと誰もが思いますよね。
けれども、どんなに優れた別れさせ屋に依頼しても、依頼者が足を引っ張ってしまって失敗に終わってしまうケースも多くあります。別れさせ屋の工作を成功に導くためには、依頼者側の言動を見直すことも大切な要素となります。そこで依頼者のNG言動にはどんなものがあるのか浮気の場合の事例を確認してみることにしましょう。

■ターゲットに警戒心を持たせてしまう

依頼者が行なうNG言動の最たるものは、ターゲットに警戒心を持たせてしまう言動になります。夫や妻、恋人が浮気をしているのではないかと疑って、必要以上に相手を問い詰めてしまったりしては、警戒心を強くさせてしまうことになります。
強い警戒心を持たれてしまっては、ターゲット好みの工作員との出会いを演出しても疑う気持ちが前面に出てしまって失敗に終わってしまうことがあります。
相手に浮気をされて、平常心でいることは難しいとは思いますが、工作を成功させるためには、ターゲットには「気づかれていない」と思い込ませる位が丁度良いのだと思って、ここが我慢のしどころと言い聞かせてみて下さい。

■自分に不利なことを伝えない

依頼者が別れさせ屋に相談に訪れた際に、行ないがちなNG言動として、自分にとって不利なことを伝えないことがあげられます。
100%完璧な人はなかなかいませんので、誰にでも欠点はあるものです。ターゲットが浮気を始めた発端は依頼者の言動にあるケースもあります。
その場合は、仮に別れさせることに成功しても、ターゲットの気持ちが依頼者に戻って来るかどうかは分かりません。それでは、その工作は成功したとは言えないのではないでしょうか?
せっかく時間とお金をかけて業者に依頼するのですから、成功させたいものです。業者サイドがベストを尽くすだけでは足りない点がないかどうか知る上でも、自分にとって不利なことも正直に伝えることは重要なポイントになって来ます。

別れさせ屋の工作の成否を左右する依頼者のNGな言動事例について見て来ましたが、成功率をアップさせるためにも、こうした言動を取らないように注意してみてはいかがでしょうか?


  • 0

別れさせ屋に依頼をするときは失敗事例も参考に

Category : case

別れさせ屋のHPには多くのところが過去に合った工作の事例を記載しています。やはりお客を呼び込みたいわけですから成功事例ばかりが目につきますが、中にはきちんと失敗事例をあげている別れさせ屋も存在します。

■失敗事例も知っておきましょう

工作員は別れさせのプロ。しかし相手が人間であり、人間の心理を扱う以上は、どんなに準備万端にしていても不測の事態というものはおきてきます。たとえ統計的に見て成功率が高い工作であっても、毎回毎回成功するわけではなく、人によってはまったく効果が得られず失敗に終わるということもあります。つまり別れさせ屋の工作には失敗もつきものなのです。
やはり依頼するとなると安心し合いために成功事例ばかりを参考にしたくなるのが人間という物でしょう。しかしきちんと失敗事例もきちんと知っておくことは大切です。失敗事例を見ておくことで、自分の工作のリスクも想像しやすくなり、万が一を想定する心積もりもしやすくなります。
また未知の分野なだけに、別れさせ屋に質問をしようにも、わからないことがわからない、という状況になりやすいのが別れさせ工作ですが、事例を多く知っておけば疑問も見つけやすいでしょう。

■互いにさらけ出すことが成功へのカギ

自分に不利益な情報は相手に明かしたくないもの。自分の欠点や弱みは隠したいですし、過去の失敗には目をふさぎたくなってしまうのは誰しも同じです。しかし別れさせ屋の工作の成功のカギはこの目をふさぎたくなってしまうことを別れさせ屋と依頼主がさらけ出すことにあります。
工作の成功率をあげるためには、双方がきちんと信頼しあえる関係になる必要があります。何事も包み隠さずさらけだし、お互い裸の状態になれば信頼関係も気づきやすく、その後の行動もしやすくなります。
別れさせ屋が失敗談や、工作にはリスクもあるということを示しているということは、自分に不利益な情報も教えてくれているということです。つまりそれだけ信頼できる業者の可能性が高いということです。

別れさせ屋に依頼をするというのは、人間関係や心理に影響を及ぼそうとするという大変な事柄です。それだけにきちんとリスクにも目を向けることがとても重要になってくるのです。


  • 0

別れさせ屋の事例紹介

Category : case

恋愛関係で苦渋を飲まされた経験のある方は少なくないでしょう。別れさせ屋は文字通り、対象の二人を別れさせるサービスです。注目したいのは、依頼者とは恋愛関係のない第三者を別れさせることもできる点です。別れさせ屋に依頼される事例を見てみましょう。

■「別れさせたい」事例

恋人と別の相手を別れさせたいという相談は多いです。依頼者の人生に大きく関わる深刻なケースもあり、別れさせ屋の手腕が問われることも少なくありません。
いわゆる未婚の母の事例がいくつか報告されています。別れた夫や彼氏の子供を妊娠しているが、相手には別の恋人がいるので別れさせたいというものです。
もし相手に恋人がいなければ、妊娠さえ告げれば責任感に訴えかけるのが容易だったでしょう。こうした相談に一般人であれば「そのような男性と交際するのがおかしい」などと突き放しがちです。まわりの人に相談してかえって傷つけられてしまう例もあります。
しかし別れさせ屋では依頼者に寄り添い、状況を冷静に分析。どうすれば依頼者の希望に沿えるかを真摯に考えて行動し、解決に導くのです。

■「別れたい」事例

ストーカーのようになってしまった不倫相手と別れたいという相談もあります。不倫は成就しにくい関係と言われていますが、依頼者が別れをつげた時の態度によって不倫相手の女性に逆恨みされてしまったようです。
しかもW不倫だったため女性のストーカー行為を訴えると妻や相手の夫から慰謝料を請求される事態に発展すると別れさせ屋は推察。相手を落ち着かせるようにアドバイスをしました。
一般的には警察に相談するしかないようなこじれた問題でも、別れさせ屋を仲介すると円満な解決のサポートができます。言いづらい相談ほど勇気をもってしてみたほうがいいでしょう。
別れさせ屋では恋愛相手のほか、弱みを握られた、暴力をふるわれた、脅迫されたといった「別れたい」相手の相談にも応じています。事例を参考にした上でご相談ください。

別れさせ屋の業務は個人のプライベートに大きくかかわるものです。相談内容を匿名で紹介することはできても、経過や結果を具体的に紹介できません。もしより詳しい話を聞いてみたい場合は、個別に連絡をとるとよいでしょう。


  • 0

別れさせ屋の依頼事例

Category : case

■実際の事例を紹介

「別れさせたい人がいるけど、自分のケースでも引き受けてくれるのかな?」という疑問をもっている人もいると思います。
ここでは、実際にあった別れさせ屋の依頼事例を紹介します。
あなたの状況に近いものもあるかもしれないので、参考にしてみてください。
ただ、案件が近いものでも、依頼者や対象者の生活、職業、性格、周りの環境など、状況がそれぞれ全く異なるので、事例と同じように工作が進むわけではありません。
「自分のケースもあきらめなくても良い」ということをわかっていただけたら良いと思います。

■好きな女性とその婚約者を別れさせてほしい

依頼者は50代の男性で、依頼内容は、想いを寄せる40代の女性に婚約している40代男性がいるので、その2人を別れさせてほしい、というものです。

工作としては、女性と交際している男性に女性工作員を接触させましたが、女性工作員とは良い関係を築くことができませんでした。
そこで計画を変更して検討している中で、その男性がある宗教に入信している事実が判明したので、工作の対象を女性に切り替えることになりました。
対象者の女性に女性工作員を接触させ仲良くなり、男性が宗教団体の施設に出入りしているところを故意に通りかかって目撃させることにしました。
女性は、交際相手が宗教に入信していることを知らなかったので、ショックを受けて婚約を破棄することになり、男性と別れることになりました。

■同僚とその交際相手を別れさせてほしい

依頼者の30代の男性は、会社の同僚の女性がずっと好きで、2人きりで飲みに出かけることもありますが、その女性には交際相手がいました。
2人でいる時は、依頼者に好意があるように感じているけど、交際相手とは全然別れようとしないから、別れさせてほしい、という依頼です。

この案件の工作では、交際相手の男性が通っているフィットネスクラブに女性工作員を潜入させ、男性に近づいて関係を深めていきました。
そして、男性が工作員に対して恋愛感情をもつようになったら、女性工作員から「二股でも良いから付き合ってほしい」と告白し、付き合う形になりました。
その後、女性工作員と男性が仲良くしている写真を撮り、その写真を女性が見やすいSNSにアップすることで、女性に二股の事実をバラして、別れさせるように導いたのです。

■どんな状況でもまずは相談を

その他にも、「子供の交際相手が納得のいかない人物だから別れさせてほしい」「不妊、姑などの問題が重なり、旦那と別れたい」「妻の不倫をやめさせたい」「不倫関係の男性と一緒になりたいから、不倫相手を離婚させてほしい」など、依頼者1人1人で案件内容は異なります。
別れさせ屋では、そのそれぞれで依頼者の話を十分に聞き、徹底的に調査をして、効果的なプランを考えて工作を行っていきます。
あなたがどんな状況に置かれていても、1人で悩まないで、まずは相談することをオススメします。


  • 0

「別れさせ屋とトラブルになってしまった事例」

Category : case

別れさせ屋を行っているのは、ほとんどが探偵社です。そして探偵社は8割近くが個人で開業した会社です。個人でやられているということは、それだけ経営者の色が強く出ており、中には悪質な会社も存在します。実際に、別れさせ屋に相談したら、トラブルになってしまったという事例も多く報告されております。一体どんなものがあるのでしょうか。

<契約後に音信不通になる>
最も怖いのが、契約した直後に音信不通になることです。もちろん、依頼人はすでにお金を払った後です。教えられた連絡先は繋がらず、住所も架空だった、ということはよくあることです。悪質業者としては、複数人から一定の金額を巻き上げたら、最初から雲隠れするつもりだった、ということはよくある話です。特に探偵社は、業務上目立ったことはできません。だから、住所や連絡先などは公開していないことが多いのです。だから、逃げられてしまえば何もできません。そうならないように、会社の所在地は目視で確認するようにしましょう。その会社がどれだけの年月の営業活動をしているのか、実際に利用した人はいるのか、できる限り調べましょう。また、公安委員会に開業の手続きをしているのか、そこまで確認できれば安心です。

<やたらと追加料金を取られる>
別れさせ屋とは、ある一定の期間で契約をします。その間に限られた範囲で活動してもらうのですが、悪徳業者は費用だけ貰って何もしません。そして期限が迫ると、「あと少しで成功する」などと言い、契約期間を延ばそうとします。依頼人は、延びた分だけ費用を払わなければなりませんので、負担が大きくなります。最初から、お金を巻き上げられるだけ巻き上げるのが目的なので、限界まで出させようとします。契約する時に、追加費用が発生しないかどうか、しっかりと確認しておくのが、トラブル回避に繋がります。別れさせ屋は、費用がかかりますし、成功するかどうか約束されません。ゆえに、業者ともトラブルになってしまうケースが発生してしまうのです。もちろん悪徳業者は話になりませんが、優良企業であってもトラブルになることもあるようです。


  • 0

「別れさせ屋の成功事例と失敗事例」

Category : case

別れさせ屋に持ち込まれる依頼は様々です。あらゆる年代の方、それも男女問わず相談に訪れる人がおります。成功することもあれば、当然失敗することもあります。個人情報やプライバシーが関わるため、あまり相談内容は公開されることはありませんが、成功した事例、そして失敗した事例にはどんなものがあるのか見ていきたいと思います。

<情報収集とタイミングが成功のカギ>
別れさせ屋で成功するためには、ターゲットのことをどれだけ調べ上げることができるか、その情報収集能力が鍵を握ります。そして最も大事なのはタイミングです。どの時期に工作を仕掛けるのかで、成功するかどうかはほぼ決まります。ゆえに、調査をしていく段階で、どの時期から工作を開始するのかも見定めなければなりません。成功した事例というのは、やはりタイミングがばっちりでした。ターゲットが、何となく今の交際相手と上手くいっていない、あるいは気持ちが浮ついている時を狙えば、限りなく成功する確率が高くなるのです。よって、別れさせ屋は、最初の情報収集に力を入れます。不十分な情報では、どれだけ精巧な工作を仕掛けても、失敗する可能性があるからです。

<失敗するのは工作がばれた時>
一方で、失敗してしまった事例はどんなものでしょうか。別れさせ屋にとって失敗とは、もちろんターゲットを別れさせられなかった時です。多いのは、工作がターゲットにばれてしまうケースです。とはいえ、相手が探偵社とまではなかなか気付きません。例えば、近付いてきた工作員に不信感を持ったり、怪しんだりした時点で、そこから進展することが限りなく難しくなります。失敗する時というのは、大抵相手に警戒されてしまい、何も進まないうちに終わってしまうことが多くなるのです。相手の勘が鋭い時もあれば、工作員が不用意な言動をして、警戒されてしまうなどがあります。別れさせ屋の工作が上手くいくかどうか、これはターゲット次第であることが良く分かります。例え万全な態勢で工作を仕掛けても、相手の勘が鋭かったり、警戒心が強いとなかなか上手くいきません。逆に相手が鈍い人であれば、簡単に成功することもあるのです。