Category Archives: case

  • 0

別れさせ屋で失敗する事例

Category : case

・調査の段階で失敗するケース

初回からターゲットに怪しまれてしまい、張り込みやターゲットとの接触に失敗してしまうケースは少なくないでしょう。

これは、尾行技術のレベルが低い業者があるという事実が残念ながらあるようです。

張り込みや尾行はターゲットだけに警戒されなければ大丈夫というわけではなく、近隣の住民や周囲の目を気にする必要があります。

こういった失敗は調査員が複数人必要な場面で無理に一人で調査をしている業者や、そもそも業者やスタッフの経験が乏しいことが原因で起こります。

実際にそういった失敗をしてしまう業者が多い事実もあります。

・特定調査で何も成果が得られず失敗に終わるケース

依頼を受けてから何ヶ月経ってもターゲットが特定できず、何の成果もなく契約期間終了という失敗事例も多いようです。

この場合、その業者ではほぼ間違いなく踏査自体をやっていないという可能性が高いため、裏付けとなる写真や画像が殆ど提出されない場合や毎回対象者に動きがない等の簡単な報告だけされる場合は疑ったほうが良いでしょう。

この時、依頼者を責めるような言葉や言い訳(聞いていた情報が全然違ったから難易度が高い、他のスケジュールがあるので特定の日に調査できないから仕方ない等)を言われた場合は、その業者を信頼しないほうがいいでしょう。

・聞いていた工作内容と全く違う工作を実施されて失敗したケース

依頼前に話された工作プランと、実際に行われている工作プランが全く違う安易な方法で進められていたという事例は多くあるようです。

こういった失敗は、工作プランを考える能力はあっても実行する能力がない業者によって引き起こされます。

本気で成功させる気のない安易な工作しか行っていないため、成功させる為の工作プランやノウハウがしっかりしておらず、その結果、事前説明とは違う工作プランを実行して失敗するというケースです。

経過報告でおかしいと思ったら、その場で、聞いていた工作内容と違う理由を問いただすのも良いでしょう。

良く聞く業者側の主張で、通常より警戒心が強かった、過去に依頼者が何かやったのではないか、他人や異性に対して極度に警戒心が強いターゲットだったので仕方ない、自分たちができることはやった、など、言い訳ともあたる主張をされた場合は失敗に終わる可能性が高まりますのでご注意ください。


  • 0

別れさせ屋の成功事例から見る、成功しやすい依頼内容とは

Category : case

別れさせ屋には、さまざまな人から依頼が舞い込んできます。依頼する人も違えば、依頼内容も異なり、何が成功して何が失敗するのかは、実際にやってみなければ分かりません。ただ、過去の成功事例などを見ると、どんな依頼内容だと成功しやすいのか、その傾向は見えてきます。どんな案件が成功しやすいのでしょうか。

・別れたがっている当人からの依頼

今現在付き合っている人、あるいは結婚している人と別れたいと願っているが、相手から許可が出なかったり、言い出せなかったりする人がいます。そのような、実際に別れたいと思っている当人からの依頼であれば、別れさせ工作が上手くいく可能性があります。なぜなら、片方はすでに別れたいと思っているので、あとはそのきっかけや別れるに十分な理由を作り上げるだけでよいからです。例えば、相手側に工作員を仕向け、親密な関係にさせて、デートしている現場の写真を撮る。それを材料に、依頼人はもうあなたとは続けていけない、と言えば別れられる可能性が非常に高いです。相手も、浮わついた気持ちを一時でも持ってしまったことに罪悪感があるため、さすがに拒むことはできないでしょう。

第三者からの依頼によって、あるカップルを別れさせるという案件は、難易度が高いです。なぜなら、両方の気持ちをコントロールしなければならないからです。場合によっては、どちらにも工作員を仕向けなければならないこともあるでしょう。

やはり、どちらかが別れたいと思っているのであれば、成功率は高くなるようです。

・ターゲットが精神的に不安定な状態

ターゲットが、精神的に不安定な状態だと、別れさせ工作は上手くいきやすくなります。まず正常な判断ができないため、自分の身におきていることが工作によるものだと、気づく可能性が低くなります。また、心が不安定なので、工作員によって巧みに心理誘導することができ、別れる方向へと話を持っていきやすいのです。浮気をさせたり、異性と親密な関係にならなくても、会話だけで成功することもあるようです。

精神的に不安定など、どこか隙のある人に対しては、別れさせ工作が成功しやすいようです。


  • 0

別れさせ屋の成功事例を知りたい

Category : case

・お付き合いしている男性を浮気相手から取り戻したい

Aさんは結婚を視野に入れてBさんとお付き合いをしていました。

ところがそろそろ結婚という話が出てきた頃、急に彼の態度がおかしくなったのです。

女性の感でピンと来ましたが、うまく隠しているため浮気をしている決定的な証拠は見つかりませんでした。

でも、このまま放置していたら絶対に結婚まで怪しくなると感じたAさんは、別れさせ屋に依頼。

調査の結果、やはりBさんは他の女性と浮気をしていました。

浮気相手に男性工作員を送り込み、誘惑を開始。

Bさんにも同性の工作員を送り込み、親しくなってからなぜ浮気をしているのか聞くことに成功しました。

浮気の原因は、結婚により家庭に縛られる不安からと判明しました。

工作員により、誰でも不安になるけれど、お付き合いしている女性は素晴らしい人のようなので浮気を止めるよう説得。

その頃、浮気相手に送った工作員は付き合うことに成功したため、Bさんはふられることとなり、Aさんの元へ無事に戻ることができました。

この事例からわかるように、別れさせ工作はハニートラップを仕掛けるだけではありません。

ときにはいろいろな役で何人も工作員を派遣することがあります。

・ストーカーになりそうな彼女とうまく別れたい

Cさんはたまたま知人の紹介で知り合ったDさんとお付き合いをすることになりましたが、あまりの束縛に辟易していました。

しかし、Dさんの性格を考えると、別れを切り出しても承諾してくれるとは思えません。

そんなとき、過去にDさんが別れた恋人をストーカーしていた事実を知ります。

怖くなったDさんは、別れさせ屋に穏便に別れられるように依頼をしました。

別れさせ屋はDさんに異性の工作員を派遣します。

難航が予想されたため、Dさんにはさらに同性の工作員も派遣し、親しくなった後に異性の工作員を気になるよう工作を行いました。

また、友人となった同性工作員からの情報を元に、Cさんには、Dさんが好まない生活態度をさりげなくするように指導しました。

工作のおかげもあり、Dさんは工作員に夢中になったため、Cさんはタイミングを見計らい、もめることなくうまく別れることができました。


  • 0

別れさせ屋の成功事例を知りたい

Category : case

・お付き合いしている男性を浮気相手から取り戻したい

Aさんは結婚を視野に入れてBさんとお付き合いをしていました。

ところがそろそろ結婚という話が出てきた頃、急に彼の態度がおかしくなったのです。

女性の感でピンと来ましたが、うまく隠しているため浮気をしている決定的な証拠は見つかりませんでした。

でも、このまま放置していたら絶対に結婚まで怪しくなると感じたAさんは、別れさせ屋に依頼。

調査の結果、やはりBさんは他の女性と浮気をしていました。

浮気相手に男性工作員を送り込み、誘惑を開始。

Bさんにも同性の工作員を送り込み、親しくなってからなぜ浮気をしているのか聞くことに成功しました。

浮気の原因は、結婚により家庭に縛られる不安からと判明しました。

工作員により、誰でも不安になるけれど、お付き合いしている女性は素晴らしい人のようなので浮気を止めるよう説得。

その頃、浮気相手に送った工作員は付き合うことに成功したため、Bさんはふられることとなり、Aさんの元へ無事に戻ることができました。

この事例からわかるように、別れさせ工作はハニートラップを仕掛けるだけではありません。

ときにはいろいろな役で何人も工作員を派遣することがあります。

・ストーカーになりそうな彼女とうまく別れたい

Cさんはたまたま知人の紹介で知り合ったDさんとお付き合いをすることになりましたが、あまりの束縛に辟易していました。

しかし、Dさんの性格を考えると、別れを切り出しても承諾してくれるとは思えません。

そんなとき、過去にDさんが別れた恋人をストーカーしていた事実を知ります。

怖くなったDさんは、別れさせ屋に穏便に別れられるように依頼をしました。

別れさせ屋はDさんに異性の工作員を派遣します。

難航が予想されたため、Dさんにはさらに同性の工作員も派遣し、親しくなった後に異性の工作員を気になるよう工作を行いました。

また、友人となった同性工作員からの情報を元に、Cさんには、Dさんが好まない生活態度をさりげなくするように指導しました。

工作のおかげもあり、Dさんは工作員に夢中になったため、Cさんはタイミングを見計らい、もめることなくうまく別れることができました。


  • 0

別れさせ屋に依頼したことで幸せになった事例

Category : case

●束縛が強すぎる彼氏からうまく別れられた

Aさんは一年前から束縛が強い彼氏と付き合っていました。
男性とは目も合わすな、スマホの電話帳から男性のものは消せなど、早くからおかしいと思う行動をされていましたが、別れたいといってもすんなりいくとは思えず、仮に別れられても相手がストーカー化するのではないかと悩んで別れさせ屋に依頼してこられました。
別れさせ屋は恋人の好みのタイプを聞き出し、普段はどんな行動をするようにAさんに言っていたかなども細かにデータをまとめました。
それを元にした理想女性を演じる工作員をAさんの恋人の元へ派遣し、誘惑しつつ、恋人関係まで後一歩というところまで持っていきました。
付き合いたいと言い出したAさんの恋人に、「いまの彼女と別れてくれたら付き合う」との条件を出しました。
恋人のほうからAさんに別れるように言ってきたので、無事依頼は成功となりました。
しばらく付き合ったような工作をして、Aさんが引越しをしてから、工作員は連絡を絶って工作は終了です。
この事例のように、付き合っている相手に問題があり、うまく別れられないという場合は別れさせ屋に依頼するのがおすすめです。
ストーカーになりそうな相手や、暴力を振るってきそうな相手には理屈は効きません。
自分だけで何とかしようとすると状況が悪化するのでプロの手に頼ってください。

●合わない相手と離婚したい

Bさんは結婚生活を後悔していました。
付き合っているときには楽しかったのですが、結婚してみたら妻と細かい価値観がまったく噛み合わなかったのです。
すでに夫婦の関係は冷え込んでいましたが、専業主婦の妻は絶対に別れないと言います。
そこで、穏便に別れてくれるように、Bさんは別れさせ屋に依頼をしました。
Bさんに妻の好みや普段の行動パターンを聞き出し、データをまとめた結果、今回はいつも通っているスポーツジムに男性工作員を派遣することにしました。
何度か通って顔見知りとなり、やがてジムの帰りにご飯デートをするまでに発展。
Bさんよりも給与が高い大手サラリーマンだと自己紹介をして、デートではすべてのお会計を工作員が支払います。
妻から旦那の愚痴を聞きながら工作員は「そんな旦那なら別れちゃえよ」とアドバイスをしました。
「自分ならそんな思いはさせない」など口説き落として、旦那と別れを決断させました。
この事例のように婚姻関係がある相手に別れさせ屋を使うことは違法ではありません。
すでに愛情はなくても打算で結婚を継続したいという人は多いので、離婚が難しそうなら別れさせ屋がおすすめです。


  • 0

別れさせ屋の工作の事例

Category : case

別れさせ屋への相談内容は十人十色で、その内容に合わせてシナリオを考えているため、毎回全く同じという工作は存在しないと言われております。
本コラムでは、少し変わった事例をご紹介したいと思います。

●ケース1:悪い女から友達を守りたい
A男さん主催の飲み会で、B子さんと恋人関係に発展したC男さん。しかし、C男さんは妻子持ちの身でした。それを隠して交際を続けていたようです。
A男さんが風の噂に聞いたところ、このB子さんというのは、大企業の妻子持ちのエリートに近づき、「妊娠した」と嘘をついては慰謝料を請求するという手口を何度も行ってきている女性でした。
C男さんのことを心配したA男さんは、事情を話した上で別れることを勧めましたが、B子さんのことを信用しきっているC男さんは聞く耳持たず。
そこでA男さんは別れさせ屋に依頼をしました。
別れさせ屋はB子さんに男性工作員を近づけ、B子さんの悪事の共謀者として親しくなることに成功しました。
そこで、男性工作員とB子さんがC男さんからいかにお金を巻き上げるかを相談しているところに、C男さんと遭遇させ、別れさせることに成功しました。

●ケース2:リベンジポルノとモラハラに耐えられない
A子さんは自分の上司であるB男さんと交際していましたが、徐々にB男さんと別れたいと思うようになり、別れを切り出しました。
すると、B男さんは、これまでに撮影したA子さんの恥ずかしい写真を会社にばらまくと言ったり、遠くの営業所へ飛ばすと言ったり、とんでもない態度に出るようになりました。
そこでA子さんは別れさせ屋に相談しました。
別れさせ屋はB男さんの理想のタイプの女性工作員を近づけ、何度もデートを重ね、B男さんから交際を申し込まれるまでになりました。
女性工作員の付き合う条件として、今の彼女ときれいに別れてくれたら付き合うと伝えたところ、B男さんはA子さんからあっさり手を引き、無事に別れることに成功しました。

●まとめ
これらは別れさせ屋が対応した一部の事例です。
プロの別れさせ屋は、依頼者の相談内容に沿って、最も安全で確実な工作を用います。
恋愛絡みでお困りの方は、一度相談してみて下さい。


  • 0

別れさせ屋の成功事例と失敗事例

Category : case

別れさせ屋の成功事例

パートナーが浮気した場合、別れさせ屋に依頼する人も少なくありません。別れさせ屋は高い確率で浮気相手とパートナーを別れさせてくれますが、もちろん失敗することもあります。
しかし、ほとんどは成功して工作を成功させていますので、依頼するだけの価値は高いといえるでしょう。どういった方法で成功へと導いているのか、いくつか事例をあげていきます。
想いを寄せていた男性から告白されて付き合いだしたけれど、真面目に付き合ったのは最初だけで、実は男性のほうが遊び人でした。
女性は本命として付き合っていましたが、浮気を何度もされます。しばらくすると他に付き合いたい女性ができたので、別れたいと彼から伝えられます。
女性は男性のことをあきらめられず、別れさせ屋に依頼しました。この場合、彼氏の新しい恋人に女性の工作員を接触させ、まず友だちになります。相手の情報は既に調査済なので、気の合う友だちとしてしばらくの間、交流を持ちます。
お互いに本音をいえるようになった頃、女性工作員が友だちと称し、男性工作員を何名か紹介します。相手の好みは入手済なので、簡単に男性工作員のほうへ心変わりしました。ここまでくると、あとは本人が依頼者の恋人に別れを告げることになります。
こうした事例は多く、別れさせるまでそれほど期間はかかりません。工作が成功した後も怪しまれないよう、工作員はターゲットから徐々に距離をとっていきます。

別れさせ屋の失敗事例

工作を仕掛けていても、途中で失敗してしまうこともあります。中でも一番多く見られる事例が、依頼者の経済的な理由です。
提案したプランどおりいけば見積もり通りの金額で済みますが、予想外のアクシデントが起きたり、ターゲットが用心深すぎる場合は、プランどおりの期間で工作が終了しない場合もあります。
こうした場合は追加料金が発生するため、依頼者が支払いできない場合はここで工作を終了するので失敗で終わります。
他にも依頼者が別れさせ屋に依頼したことを、ターゲットやその友人などに見つかってしまい、工作が失敗するケースもあります。


  • 0

別れさせ屋の成功事例からわかること

Category : case

具体的な口コミは少ない

皆さんは何かサービスを試そうと思った時に何を参考にしますか? この運動を続けていたら何日で何 kg 痩せたとか、具体的な成功事例が気になるのではないでしょうか。別れさせ屋を利用しようと思った時、事例を参照したくなったらどうすればよいのでしょうか?
別れさせ屋のサービスはその性質上、実名で体験談が明かされることはまずないと言っていいでしょう。もしそうすればターゲットとなった人物から不評を買うのは間違いないからです。法律的な問題はない方法だとしても、誰しも自分の人生に不可解な人物からの介入があったと知れば怒るのは当然です。ですから、具体的な口コミを周りの人から聞くことができません。
ではどうすれば良いのかというと、別れさせ屋のホームページを検索すれば名前をぼかして事例が掲載されていることがあります。しかし、それも依頼者の状況やターゲットについての抽象的な情報に止まることが多いでしょう。工作方法や期間などの情報が公の目に触れると、ターゲットが自分も別れさせ工作をされているのではないかと警戒する恐れがあるためです。
ですから、別れさせ屋の成功事例を聞きたければ別れさせ屋に直接相談してみるのが最もよいでしょう。

自分では動かないのが成功の道

別れさせ工作の失敗例が掲載されていることもあります。その場合、プロの別れさせ屋のミスではなく、依頼者自身のミスが指摘されていることも少なくありません。というのも、依頼者は別れさせ工作を成功させたいがあまり、余計な協力をしすぎて空回りしがちだからです。
ターゲットとの連絡は依頼者があまり取らない方がよいのですがそれでも連絡してしまったり、調査と称してターゲットを自分で尾行してしまうなどすると不審がられてしまいます。そうすると別れさせ工作の難易度が跳ね上がり、依頼者が何もしなかった時よりも成功率が下がってしまうのです。
別れさせ屋の成功事例から学べることは少ないかもしれませんが、依頼者が別れさせ屋を信用し、自分から動きすぎないというのが成功のコツといえるようです。信用できる業者を見つけるまでに心血を注ぎましょう。


  • 0

ある別れさせ屋の成功事例をご紹介

Category : case

別れさせ屋工作の成功事例

とある別れさせ屋が請け負った案件での成功事例を一つご紹介します。依頼した方は、三十代後半の女性で、その対象となる方が二十代半ばのアルバイト男性でした。依頼した女性は仕事で成功を収めておりましたので、年下の相手男性よりも収入がかなり多く、またその開きも大きいものでした。付き合い始めたばかりの頃は、男性は給料が少ないながらも真面目に働いていましたが、女性が面倒を見ていくうちに正社員を辞めて、アルバイトの身に、そして女性の家に転がり込んできました。その生活の中で、頻繁に言葉や態度などによるモラハラを受け、その結果、別れたい思いが募り、固まっていったそうです。その後、別れを切り出すと、脅しに近い言い方で手切れ金として高額なお金を要求してきたので、もはやこの男性とは普通に別れることは困難であると察し、その別れさせ屋へと依頼することを決めたのです。

実際の結末

その別れさせ屋と女性との間で協議し、完璧に別れることよりも、一刻も早くその男性との関係を切ることを重視した工作を取ることに決めました。別れさせ屋工作をする上で、しっかりと別れさせることが重要な一方、依頼する方の状況や切迫度、要望によってはそれよりも時間を重視する工作をすることもあるわけで、今回の案件がまさしくそれだったのです。そして、女性工作員を男性に近づけ、関係の構築を図りました。この工作は簡単だったのですが、ここからが問題で、穏便に別れさせるにはどうするかと考えることになりました。ただ、そこで運良く、男性の両親が田舎から出てくる機会が訪れたのです。ここだと別れさせ屋は判断し、女性と男性、そして女性工作員に男性の両親全員で鉢合わせることを画策し、実行に移したのです。そして両親の前で浮気を発覚させ、また両親にこれまでのことを全て話し、この依頼は成功という形で完了したそうです。

おわりに

もちろん、別れさせ屋に依頼しても、このように成功で終わることばかりではありません。ですが、例としてご紹介したような誠意ある別れさせ屋であれば、依頼した方のために、また依頼した方の立場に立ち、成功という目標に向かった工作に邁進してくれるのです。ですから、もし別れさせ屋に依頼をするのであれば、こういう誠心誠意対応してくれる業者の力を借りたいものですね。そうした業者に当たるかは運による部分がありますが、見極めた上で選ぶことは依頼する側にできる部分です。別れさせ屋で話をする時などに、相手の人柄も見ることが何より重要だということですね。


  • 0

別れさせ屋に依頼して成功だった事例を見てみよう

Category : case

不倫相手と別れさせた

30代の女性A子さんは、ある日旦那のスマホを見てしまい、不倫されていることに気がつきました。
悩みましたが子供が二人もいたことから、離婚ではなく再構築を決意。旦那の性格上、証拠をそろえて不倫を責め立てれば、意固地になって夫婦関係がますます冷え込むことが予想できました。
そこでA子さんは別れさせ屋に依頼。調査の結果、職場にバイトで来た20代の女性B子と不倫関係にあることが発覚しました。
B子の好みまで調べ上げ、タイプの容姿をしている20代男性工作員を送り込みました。B子のことについては様々なことが調べられていたため、偶然好みが合うなどの演出をしつつ、徐々に親しい仲に発展させました。
男性工作員はA子さんの旦那よりも高スペックであると経歴を作っていましたし、好みのタイプであるため、B子はやがて工作員にメロメロとなり、旦那をあっさりふります。バイトも止めてしまったようです。
そのタイミングでA子さんにはいつもより身なりに気を使い、旦那に優しく接するよう指示をしました。すると、無事旦那の心はA子さんの元に戻ってきて、いまでも仲睦まじい夫婦関係を継続しています。
B子へ送り込んだ男性工作員は、ころあいを見て消息不明となるようにしました。すくに関係を切ったわけではないので、B子が再びA子さんの旦那の前に現れることはなかったです。

恋人の浮気を止めさせたい

20代男性のCさんは、そろそろ結婚をと意識した女性がいました。
ところが最近仕事が忙しくなかなか会えないと思っていたら、仕事ではなくほかの男性と会っていたことがわかったのです。
彼女のお相手は元彼。学生時代から付き合っていたので、同窓会で会って焼けぼっくいに火がついたようでした。
悩みましたが、浮気されたまま捨てられるように別れるのではなく、心を取り戻してから今後のことを考えたいと別れさせ屋に依頼。
浮気相手の元へは、調査の結果Cさんの彼女よりもさらに好みにマッチングする女性を送り込みました。
すると、浮気相手はすぐさま工作員と親しい仲へ。もともと彼はとても女好きで、前にCさんの彼女と別れたのも複数の女性と浮気をしたせいでした。
しかし、彼はそのまま二股を継続する気のようだったため、頃合を見て工作員と彼が一緒にいるところに彼女がバッティングするよう工作し、他にも女がいるというところを見せ付けました。
彼女はその場で浮気相手と別れます。再び自分が浮気をされてみて、いかにCさんに酷いことをしていたか身に染みたのでしょう。彼女はCさんの元へ戻り、前よりも尽くしてくれるようになりました。