Monthly Archives: 2月 2017

  • 0

別れさせ屋の工作のいくつかの事例

Category : case

自分自身が別れたい……依頼者が男性の場合結婚をしていないカップルを別れさせるのはそんなに難しいことではありません。大体異性の工作員を近づけることで浮気のような状況を作り出し、別れへと誘導していきます。「自分がなかなか別れを切り出せない」という依頼も多いものです。その後の未来のことなどを考えるとなるべく早く別れることが双方のためであることがわかっているものの、長年付き合っている情もあり、自分からはどうしても切り出せない人が多いのです。そのような方が別れさせ屋に駆け込んできます。まだ付き合っている最中ではあるので、ターゲットの情報は豊富に入ってきます。住んでいる場所はもちろん趣味嗜好も事前調査の必要もなく入っているので、ターゲットの私生活の中に入っていくのは難しいことではありません。男性から別れを切り出せない場合は、ターゲットに魅力的な男性工作員を近づけ、関係性を構築しデートに持っていきます。デートさえできてしまえば後は簡単です。工作員がその時にとった写真をSNSなどにアップしてその写真を依頼者が発見します。

それを理由に別れを切り出すのです。通常納得のいく理由がない限り急な別れ話にはなかなかうなずかない恋人も、その写真を見せれば別れ話にうなずくしかありません。離婚に納得しない夫……女性工作員の演技力世の中には女性は男性の付属物、なんてことを思っている人がいまだに存在します。そのような男性を夫にもった妻はなかなか自分の意見も言えないまま毎日を過ごさなくてはなりません。自分から離婚話を持ち出すなんてことももっての外です。そのような場合は工作員の演技力が全てを解決してくれます。女性工作員が夫に近づき、「一目ぼれしました」「奥さんと別れたら一緒になってくれますか」「ずっと一緒にいたい」なんてことを言えばぐらりと傾いてしまいます。夫がちょっとでも気のあるような返事をしたらしめたものです。「ご主人は私との将来を前向きに考えてくれている」と奥さんへけんかをふっかけ、依頼者と工作員で架空のけんかを演じ、ご主人にそれを目撃させます。この際も工作員の演技が光ります。その場でご主人に離婚に対して頷かせ、数日後には離婚届を役所に提出することになるのです。別れさせ屋は基本的な攻略方法を中心に様々な方法を生み出していきます。どんな困難な事例でも可能に限りなく近づけていくのです。


  • 0

探偵業法をしっかりとまもっている別れさせ屋と契約を

Category : tantei

最近ではだいぶ世の中にも認知されてきた別れさせ屋、という仕事ですが、その仕事の性質上以前は様々なトラブルを抱えていました。依頼者とのトラブルたとえば、「離婚させる」という工作の場合はゴールがはっきりとしています。離婚届に印かんを押したときが工作完了です。しかしこれが「恋人を別れさせる」という工作になるとボーダーラインが難しいものです。口で別れた、といってもその日の夜には元に戻っている、なんてことはよくあることですし、その日の夜とは言わないまでも、一週間、一カ月で元のさやに戻ってしまうことなんて珍しいことではありません。依頼者からすれば数十万円するような金額を支払っているにも関わらず、一瞬別れたからといって「工作は成功した」なんてことを言われるとたまったものではないのです。今ではだいぶ変わってきましたが、昔は契約書のようなものもしっかりと決まってなかったので、ここの部分があやふやでした。工作方法によるトラブル工作員がターゲットに接触して人間関係に影響を出していく、というような方法ははたから見てみれば違法のように思えます。

接近した時点で自分の身分などは偽って関係を構築しようとしているので、人をだましている、という観点から考えると公序良俗には違反している、という見方もあるかもしれません。また工作の一環としてターゲットと肉体関係を持つ工作員も昔は多かったようです。探偵業法の施工前述のようなことが問題となり、探偵業法が施工されることになりました。「契約内容の書面の交付に関して」は契約書をしっかりと作ってもらい、なにが成功なのかをしっかり最初の時点で確認することを明確にしています。また別れさせ屋は依頼人のことに関しても、ターゲットのことに関しても、多くのことを知ることになりますが、それに関しては一切を外部に漏らさない、とする「秘密保持」に関しても明らかにされました。逆にこの法律が施行されるまでの間このようなことを明確にされていなかったことがなんとも恐ろしいものです。他にも届け出を証する書面の掲示、や名義貸しの禁止、など様々な法律が定められています。法律が施行されたからといってすべての業者がそれをしっかりと守っているわけではありません。間違いのない事業所をしっかりと探すようにしましょう。


  • 0

プロの別れさせ屋が万全の体制でサポート

Category : pro

別れさせ屋の仕事は、世の中の別れたい人、別れさせたい人達の希望を叶えることが仕事です。その方法とは、工作員がターゲットに接近していわゆるハニートラップのようなものをしかけることもありますし、依頼人の相談に乗りながらアドバイスを通じて目的を成功に導くこともあります。別れさせ工作とは、心理術、コミュニケーション術にたけたスタッフが経験と技術を駆使しながら行う大きな作戦なのです。この作戦を成功させるためには、実績に裏付けされた技術が必要です。大きな武器は人間としての魅力人の心理を動かし、誘導していくにはターゲットがつい自然と誘導されてしまうような人間的な魅力が必要です。人間的魅力とは、表情の一つ、言葉の一つからにじみ出てくるようなものであります。ベテラン工作員は長い年月と訓練の末にそれらを自然と体から発散させるようになっています。

そのような工作員がおおく常駐している事業所はすぐれた事業所である、と評価することができます。様々なジャンルのプロがいる別れさせ屋の工作員としての募集要項を見ていると様々なジャンルの経験を持っている人を募集しています。元劇団員だったり、水商売経験者、風俗経験者、不倫経験者など、人の人生にかかわる身として、より広く深い経験値を持っている人材を求めているのです。そして別れさせ工作の上ではそれらのスタッフがそれぞれの特技を生かして依頼人をサポートすることになります。物語を組み立てるそれぞれ役割別れさせ工作は工作員がターゲットに接近して関係性を構築し、破局へ誘導していく方法が多いです。そのためには完全なシナリオやサポート役が必要なのです。・監督……別れさせ工作を統括する監督役。すべてのシナリオが問題なく進行するように管理を行う。・俳優女優……現場にて演技を行う工作員がこれにあたります。全ての状況がシナリオどおりに進むように臨機応変に対応しなくてはなりません。・脚本家……リサーチの結果や依頼者との面談を経て成功への道筋をたてます。どのタイミングでどのようなメールを送るのか。電話をするのか、すべてのアクションに計算が必要です。以上のように工作活動はまるでひとつの映画を作るような作業です。そのためには様々なジャンルのプロが協力していく必要があるのです。