Monthly Archives: 1月 2019

  • 0

別れさせ屋の成功事例を知りたい

Category : case

・お付き合いしている男性を浮気相手から取り戻したい

Aさんは結婚を視野に入れてBさんとお付き合いをしていました。

ところがそろそろ結婚という話が出てきた頃、急に彼の態度がおかしくなったのです。

女性の感でピンと来ましたが、うまく隠しているため浮気をしている決定的な証拠は見つかりませんでした。

でも、このまま放置していたら絶対に結婚まで怪しくなると感じたAさんは、別れさせ屋に依頼。

調査の結果、やはりBさんは他の女性と浮気をしていました。

浮気相手に男性工作員を送り込み、誘惑を開始。

Bさんにも同性の工作員を送り込み、親しくなってからなぜ浮気をしているのか聞くことに成功しました。

浮気の原因は、結婚により家庭に縛られる不安からと判明しました。

工作員により、誰でも不安になるけれど、お付き合いしている女性は素晴らしい人のようなので浮気を止めるよう説得。

その頃、浮気相手に送った工作員は付き合うことに成功したため、Bさんはふられることとなり、Aさんの元へ無事に戻ることができました。

この事例からわかるように、別れさせ工作はハニートラップを仕掛けるだけではありません。

ときにはいろいろな役で何人も工作員を派遣することがあります。

・ストーカーになりそうな彼女とうまく別れたい

Cさんはたまたま知人の紹介で知り合ったDさんとお付き合いをすることになりましたが、あまりの束縛に辟易していました。

しかし、Dさんの性格を考えると、別れを切り出しても承諾してくれるとは思えません。

そんなとき、過去にDさんが別れた恋人をストーカーしていた事実を知ります。

怖くなったDさんは、別れさせ屋に穏便に別れられるように依頼をしました。

別れさせ屋はDさんに異性の工作員を派遣します。

難航が予想されたため、Dさんにはさらに同性の工作員も派遣し、親しくなった後に異性の工作員を気になるよう工作を行いました。

また、友人となった同性工作員からの情報を元に、Cさんには、Dさんが好まない生活態度をさりげなくするように指導しました。

工作のおかげもあり、Dさんは工作員に夢中になったため、Cさんはタイミングを見計らい、もめることなくうまく別れることができました。


  • 0

別れさせ屋と探偵はどこが違うの?

Category : tantei

・専門分野が異なる

最近では探偵事務所でも別れさせ業務を行っているところがあります。

そのせいか、探偵と別れさせ屋って何が違うのと思っている方もいらっしゃるでしょう。

探偵とは主に依頼されて相手を尾行などして情報を確保してくるのが主な仕事になります。

浮気調査もこの一環ですね。

浮気している証拠は押さえますが、ターゲットをどうこうしようとすることはせずに、情報だけ持ち帰ります。

一方、別れさせ屋はさらに一歩進んで、交際関係にある二人の関係を破綻させるまでが業務です。

直接ターゲットに工作をしているのですから、探偵業よりも別れさせ屋のほうがグレー部分も大きいといえるでしょう。

もちろん別れさせ屋も法律を故意に破ることはしませんが、婚姻関係にある場合などは、法律で守られている関係の二人を破綻させるため、法律家によっては違法行為をしていると判断している方もいます。

・探偵では別れさせることは不可能?

探偵が行う調査だけでは、関係を止めさせることは不可能です。

たとえば、夫の浮気の証拠を押さえることができたとしても、その証拠は離婚するときには優位に働きますが、婚姻関係を継続したいときには必ずしもうまく働きません。

浮気の証拠を突きつけられても、観念して妻の元へ戻る男性ばかりではないからです。

もしどうしても別れさせたいのであれば、やはり専門的な工作をしてくれる別れさせ屋に勝るものはありません。

相手に存在を悟らせないほど工作がうまい別れさせ屋なら、あなたが依頼したということを悟られる心配もありませんから、逆に訴えられたらどうしようなんて不安になる必要もありませんよ。

つまり、別れさせ屋はギリギリの工作をするため、選ぶときには慎重になる必要があるということでもあります。

有名な探偵事務所だとしても、別れさせ工作が得意であるかどうかはわかりません。

人を調査する術には優れていても、実際に会って人心を操る術にはまた違ったテクニックが必要だからです。

別れさせ屋と探偵は別物と考えて、依頼する事務所選びの参考にしてください。


  • 0

別れさせ屋にプロってあるの?

Category : pro

・資格制ではないのでプロと呼べるものはないけれど

別れさせ屋を開業する場合、必要な資格はありません。

つまり、あなたでも明日から別れさせ屋を名乗ることは可能なのです。

近年では需要の急増もあり、たいした知識も経験もない人間が別れさせ屋を名乗るケースも出てきました。

しかし、もちろんプロと言っていいほど優れた能力のある別れさせ屋も少なくありません。

大切なのは依頼主がきちんとそれを見分けることです。

どんな理由で誰に別れさせ屋を利用するかは人それぞれですが、できれば利用していることを誰にも知られたくないですよね。

ところが質の悪い別れさせ屋を雇ってしまうと、ターゲットや周囲に別れさせ屋に依頼したことが露見してしまうことがあります。

そうなってはあなたの面子が潰れるのは避けられません。

自分を守るためにも、ぜひ別れさせ屋選びには慎重になってください。

・プロ意識の高い別れさせ屋を見つけるには

優良な別れさせ屋を見つけるためには、あまり怪しげなところに依頼しないことです。

たしかに別れさせ工作はあまり人に胸を張って言えるものではありません。

しかし、だからといって人目を避けるような場所にあり、顧客にも情報がよく伝わらないような別れさせ屋は信用できません。

ホームページも、店の名前、住所、代表者はわかりやすく表示されているところのほうが安全です。

できれば契約するまでに最低でも一度は実際に対面で話をして、事務所やスタッフの雰囲気をチェックしてみてください。

あなたを安心させることもできないような人間が、うまく別れさせ工作をすることができると思いますか。

もちろん成功率や実績件数、口コミなども別れさせ屋を選ぶ基準には役立ちますが、それらは故意に内容をいじることが可能です。

最終的には、あなた自身の目で重要な案件を任せられる相手かどうか見極めてください。

質問に自信を持って正確な情報を返してくれるか、事務所やスタッフに清潔感があるか、強引に契約を勧めてこないかなどを見ていると見極めやすいですよ。