別れさせ屋への依頼を決意する瞬間

  • 0

別れさせ屋への依頼を決意する瞬間

Category : irai

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋への依頼を決意する瞬間
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋への依頼を決意する瞬間別れさせ屋 椿

どれだけ仲のいい夫婦でもカップルでもある日突然別れを決意する瞬間があります。人はどのような時に別れさせ屋への依頼を決意するのでしょうか。夫が性犯罪者だった……たとえどれだけ長年連れ添った夫婦でも、相手の本当の本質の部分までは死ぬまでわからない、と言います。人は誰にも言えないような趣味嗜好を得てして持っているものですが、性癖の部分で特殊な癖を持っていると、結婚生活に大きなひびを入れてしまうことがあります。とある夫婦の場合、長年連れ添い、一人娘を二人で一生懸命育てているさなか、突然夫が逮捕されました。罪状は痴漢行為。夫の無実を信じる妻は、弁護士に依頼するために家のパソコンで腕のいい弁護士を検索。その際にたまたま見た閲覧履歴に記されていたのは「痴漢の方法」などのサイト。確信犯として痴漢行為を行っていたことが明らかになり、妻は離婚を決意します。間違いなく悪いのは旦那であり、問題なく離婚を申請できますし、娘の親権も妻のものとなります。

このケースのように夫の性癖が逮捕という状況で暴露されてしまえば、離婚は簡単ですが、例えば夜の営みの際の行為を理由に離婚はできるのでしょうか。離婚は一方が拒否をすれば明確な理由がない限りはなかなかできません。しかもそのような理由を公に叫びながら離婚を迫るのもはばかれることです。そのような場合は別れさせ屋へ依頼をすることが賢明です。どのような事情であれ聞き入れ、対応する別れさせ屋はその理由がたとえどのようなものであったとしても受け入れ、対策を講じます。もちろんそれが極端な主観に基づき、第三者を不幸にするようなものであれば話は変わってきますが、依頼者の話を寄り添いながら聞き、その思いを前向きな形で消化できるように工作を運んでいくのです。必要なのは、とにかく正直に面談の際に別れさせ屋に話をすることです。最初の面談は工作のまず第一歩です。ここがスムーズにいくと、その先の工作作業もスムーズに進んでいきます。逆にここで変に隠し事があったりすると、無駄な時間やお金がかかることになり、成功率も下げてしまいます。明るい未来は必ずもたらすことができます。とにかく勇気を出して一歩を踏み出してみましょう。