難易度の低い依頼の特徴

  • 0

難易度の低い依頼の特徴

Category : irai

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 難易度の低い依頼の特徴
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
難易度の低い依頼の特徴別れさせ屋 椿

○別れさせ工作には依頼ごとに難易度の違いがある別れさせ工作に限らず、復縁工作など人間関係にかかわる工作活動には、依頼ごとに難易度に差があります。人間関係にひとつとして同じものがないことからもよくわかることではありますが、別れさせ屋に寄せられる相談・依頼の中にすっかり同じものはひとつとしてありません。すべてがオリジナルの依頼であり、有効と思われるターゲットへのアプローチの仕方も依頼ごとにことなります。そのために、別れさせ工作は依頼ごとに必要になる料金も違いますし、かかる工作期間も大きく変動します。当然のことですが難易度が高い依頼であればその分必要な料金や時間は増えますし、逆に難易度が低ければ比較的安価な料金で目的を達成できることもあります。ただ、自分が相談したい依頼の難易度が高いか低いか、その判断は素人目にはなかなか難しいものです。そこで、難易度の低い依頼の特徴をいくつかまとめてみました。

○難易度の低い依頼の特徴難易度の低い依頼の特徴としては、まず「ターゲットへ接触することが容易である」ということがあげられます。たとえばターゲットが接客業に就いていたり、もともと社交的な性格で偶然バーで知り合った人とも気さくに話すような人であれば工作員が接触し親しくなるという一番重要かつ工作の第一段階がすんなりクリアできます。人と会話するような趣味を持っていればそれを利用して近づくこともできます。逆にターゲットが人見知りであったり非社交的な性格であったりすると、第一段階により長い時間をかけなければいけなくなります。もうひとつの特徴としては、ターゲットが現在どういった状況に置かれているかがすぐにわかるかどうか、ということがあげられます。ライフスタイルを把握していれば、ターゲットがさほど疲れているわけでも急いでいるわけでもない、偶然知り合った人に突然話しかけられても問題がないタイミングを見計らって声をかけることができます。一見大したことではないように思えますが、直接の連絡先を知るまでこういった些細な要素がかなり難易度を左右するのです。もし自分が相談したい別れさせ工作のターゲットが今取り上げた難易度の低いパターンに合致していれば、想像よりも簡単に依頼が成功する可能性もありますからまずは別れさせ屋に相談してみることからはじめましょう。