つい悩んでしまいがちな、別れさせ屋への依頼のタイミング

  • 0

つい悩んでしまいがちな、別れさせ屋への依頼のタイミング

Category : irai

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - つい悩んでしまいがちな、別れさせ屋への依頼のタイミング
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
つい悩んでしまいがちな、別れさせ屋への依頼のタイミング別れさせ屋 椿

別れさせ屋への依頼で悩みがちなこと

別れさせ屋に対して、別れさせるための工作を依頼しようと考えている方で、つい悩んでしまいがちなことは「依頼するタイミング」です。というのも、例えば、別れさせたい相手カップルなどは付き合い始めの頃だと熱が高まっている状態だから、その工作の成功は難しいんじゃないだろうか、などと思い、時間をある程度置いてから依頼をした方がいいのかもしれない……のような悩みのことです。そうした依頼を行うタイミングによる成功率や失敗率の上下に関して、別れさせ屋の説明によると、実際のところは、そうした依頼する時期などの条件よりも対象者の性格や人間性、二人を取り巻いている状況などの方がより関連していると言っています。ですが、一方で機を(タイミングを)逃せば難易度が上がり、失敗のリスクが上がることに繋がるのもまた事実なのです。

別れさせ屋への依頼で機を逃すと失敗する側面

依頼するタイミングを図ったり、意図的に時間や期間を置くことで、状況が変わってしまうことはとても多いです。先ほどもお伝えしましたが、依頼するタイミングよりは状況といった要素の方が別れさせ屋の工作の成功率には関連性が高いわけですから、その状況が難しい方に変わってしまえば、難易度もまた上がってしまうことになります。一例としては、婚約や妊娠といったものだけでなく、転勤や異動、転職といったものがその間にあれば、状況は大きく変わってしまう可能性があります。その他にも、付き合いが長くなれば人は情が増えたり深くなったりしますし、適齢期となることでも難易度が上がる要因となってしまうことも多いです。もちろん、数日や数週間で状況が大きく変わることはあまりないとは思いますが、何ヶ月も悩んでいたり、依頼のタイミングを図っていたらその間に対象者を取り巻いている状況であったり、依頼者と対象者の関係が大きく変わってしまった……そしてそれによって別れさせ工作が失敗してしまった、となりかねないわけです。

焦りは禁物、けれど悩んでいるだけでもダメ

ですが、別れさせ屋への依頼にはこうした側面があるからと言って、焦って依頼してしまうのは良くありません。とは言え、ただ悩んでいるだけで時間を過ぎさせていっては、これまでご説明した通り、状況が変わってしまう一因になってしまいます。ですから、依頼を考え方ら実際に依頼をするのか、しないのかを決めるのは、大体一ヶ月間以内を目安に考える方が良いと言えるかもしれません。