別れさせ屋は究極の解決方法なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 別れさせ屋は究極の解決方法なのか
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
別れさせ屋は究極の解決方法なのか別れさせ屋 椿

「好きな相手のことを考えると、いてもたってもいられない」とか「別れた彼女を取り戻したくて食事も喉を通らない」という方にとって、別れさせ屋という方法はある意味で究極の選択肢なのかもしれません。もし、別れさせ屋という選択がなければ、男女関係というのは成り行きに任せるしかないというわけです。この方法が道義的にどうかという問題は別にして、自分の願望を叶えるという点では確かに究極の方法でしょう。しかし、業者が一定の成果を出したとしても、相手がまたよりを戻すということもあります。もちろん、そこまで別れさせ屋が保証してくれる訳ではありません。

では、どこに問題の原因があるのでしょうか。それは依頼主自身です。いくら相手が別れても最終的に好きな人を自分の側に振り向かせるのは自分しかいないのです。もし、自分に魅力がなければ、よりを戻すかもしれませんし、そうしなくても遅かれ早かれ自分との関係は終わってしまうのです。こうやって考えてみると、究極の解決策はやはり自分のうちにあるのではないかということになります。例えば、大好きな彼女が別の男性と付き合っていても、自分があきらめずに耐えず魅力的な人間になるように努力して機会が巡ってくるのを待つことができるのです。時間はかかるかもしれませんが、魅力的な人間がそのまま放置されつづけるということはないのです。

確かに工作するなら、うまく行けば問題の解決を早めることになるかもしれませんが、相手にばれてしまうリスクや、たとえいったん成功したとしても自体はますます複雑になるということだって考えられます。そのために支払う費用も決して安くありません。最低100万円は見積もっておく必要があります。そうしたメリットとデメリットをよく考えて、冷静にこの選択をするかどうかを決めなければなりません。いったん、業者が仕事をはじめてしまえば、それを途中で諦めるのは難しくなります。何が自分と、自分が愛する人にとって最善なのかは結局のところあなた自身しか分からないのです。後悔のない選択をするように慎重に検討しましょう。